こんにちは、ヴァンダーです。

 

「GotCha」カフェで美味しいパールミルクティーを飲みながら、Amazon Kindleで読書をしていました。その間、結構ひっきりなしにお客さんが来ては、ドリンクをテイクアウトしているので、繁盛しているようです。

DSC_0818

 

ちょうど読んでいた本を読み終えたので、この後どうするか、ネットで調べてみると、少し離れた場所に「旧英国領事館」があることが分かりました。歩いていけないことはなさそうですが、日差しが強いので、楽してタクシーで行くことにしました。

 

ここで登場するのがUberです。昨日、味をしめたので再度使ってみることにしました。旧英国領事館はここでは「打狗英国領事館文化園区」という名前のようなので、その名称をブラウザからコピーしてUberに貼り付ければ見積もりができます。早速、車を呼ぶことにしました。

 

アプリでは「3分で車が来る」と表示され、待っていると、近くに車がアプリに表示されているナンバープレートの車が停まりました。

 

車に駆け寄って乗ると、特段、行き先を告げることなく、目的地に向かってくれます。

 

途中、ドライバーさんが「目的地は丘の上にあって、その下の駐車場で停めるから、そこから5分ぐらい歩いて登ってください」と教えてくれました。

 
DSC_0819


階段を登った先にはチケット売り場が、入場料99台湾ドル、売店での30台湾ドルの割引券付きです。

 

旧英国領事館はレンガ造りの建物で、重厚なつくりです。

DSC_0824


その建物より感動したのが、庭からの眺めです。高雄の街が一望できます。丘の上にあるので、風もあって涼しく感じます。

 
DSC_0830


売店に入ると、冷たいローズティーを勧められ、飲んでみるとさっぱりしていてなかなかのお味です。「入場券に付いている30台湾ドル割引クーポンも使えますよ」というセールストークにも惹かれ、ホットでも飲めるということなので、実家への土産として購入。

 

館内を一回りして、係員にトイレの場所を聞くと「日本人ですか?」と聞かれ、日本語で説明してました。親切でありがたいです。

 

登山口の階段を下りていくと、下にある領事館の付属の建物に繋がっていました。

DSC_0832


そこにはマネキンが置かれていて、当時の様子を再現されていました。

 
DSC_0834


イギリス人は丘の上と下に建物を作って、あの階段を日常的に行き来していたのでしょうか。毎日、いい運動になりそうです。


DSC_0836





↓LINEモバイルならLINEの年齢認証も可能!
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村