こんにちは、ヴァンダーです。

先日、かつてアエロプラン(エアカナダ)の特典航空券でスターアライアンス系アジア往復がエコノミークラス2万マイル、ビジネスクラス3万マイルだった、という記事を書きました。
(その記事はこちら

もうこんなに低い必要マイル数でアジア往復ができるプログラムはないかと思っていましたが、JALとアラスカ航空が提携したことにより、アラスカ航空の特典航空券でJALのフライトが取れることが分かりました。

Alaska_JAL_chart

アラスカ航空のサイトで必要マイル数を調べると、JAL便の特典航空券アジア往復が
 エコノミークラス   :30,000マイル
 プレミアムエコノミー:35,000マイル
 ビジネスクラス   :50,000マイル
 ファーストクラス   :60,000マイル
となっています。

JALの特典航空券をJALで予約すると以下のようになります(アジア2 エリア)。
 エコノミークラス   :35,000マイル
 プレミアムエコノミー:50,000マイル
 ビジネスクラス   :80,000マイル
 ファーストクラス   :100,000マイル

アラスカ航空の特典航空券でプレミアムエコノミーの低さが際立っています。+5,000マイルで済むならプレミアムエコノミーに乗りたいかも、と思いませんか?


また、アラスカ航空の「アジア」というくくりが大雑多で(アジア在住者にはありがたいですが)、インドやインドネシア、果ては中東も含まれているようです。

Alaska_JAL_chart_area

アラスカ航空は、三大航空アライアンスに属せず、個別に航空会社と提携しています。今回のJALとの提携もその一環です。

アラスカ航空のFFPは「マイレージ・プラン」という名前ですが、このプログラムの難点は、
 ・航空会社の組み合わせができないこと(JL+CXはダメ)
 ・提携航空会社の予約には片道12.50USドルの手数料が必要
 ・日本に就航していないので、問い合わせはアメリカに電話する必要あり
  (JALの特典航空券の予約はオンラインで可能。CXは要電話)
ところでしょうか。

ただし、燃油サーチャージはブリティッシュ・エアウェイズ(BA)以外はかからないようなので、今後燃油サーチャージがかつてのように高騰した場合、JALで特典航空券を発券するよりいいかもしれません。

各種手数料は以下の通りでした。
 ・予約センターで予約した場合の手数料:15USドル
 ・変更/キャンセル手数料:125USドル(出発の60日以内の場合)
 ・提携航空会社の予約には片道12.50USドルの手数料が必要

61日以前のキャンセルにはキャンセル手数料がかからないのは良心的です。まぁ、JALの特典航空券キャンセル手数料3,100円に比べると高いですが。

JALの他の提携航空会社は
 ・アエロ メヒコ
 ・エール フランス
 ・アメリカン航空
 ・ブリティッシュ エアウェイズ
 ・キャセイ パシフィック
 ・デルタ航空(2017年4月30日で提携終了)
 ・エミレーツ航空
 ・アイスランド航空
 ・フィジー エアウェイズ
 ・海南航空
 ・KLMオランダ航空
 ・コリアンエア
 ・ラタム航空
 ・ペンエアー
 ・カンタス
 ・レイバン アラスカ
と、スカイチーム系・ワンワールド系と提携が多いですね。日本在住だとアジア路線でキャセイ パシフィックも使えるのがよさそうです。

このアラスカ航空「マイレージ・プラン」にマイルを移行できるのは、日本在住者だとAMEX社が発行している「SPG-AMEX」ぐらいしかありません。

SPG-AMEX

やはり、このカードは手放せません。マリオットに買収されてしまったので今後もこのカードが存続するのか不安ですが、今のうちにポイントを貯めて、いざとなれば航空会社のマイレージプログラムにポイントを移行したいと思います。




↓LINEモバイルならLINEの年齢認証も可能!
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村