旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2016年08月

2016年8月・タイ旅行(準備2・DTAC SIMカード)

こんにちは、ヴァンダーです。

タイには何度も行っているのでDTACという現地の携帯電話会社のプリペイドSIMカードを持っています。このSIMカードは有効期限が最長1年間なので、電話番号を維持しやすいです。

現地の友人と連絡を取るとき、やはり現地の電話番号があるほうが便利です。

さて、今回は日本出発前にリフィル(チャージ)しておくことにしました。空港にDTACのカウンターはあるのですが、混んでるときは30分以上並ぶこともあります。みんなスマホなので、「SIMカードの説明を受けて選んで→支払い→スタッフに設定してもらって」と一連の手続きで一人あたりの時間がかかるからだと思います。

プリペイド残高があれば、現地について、指定のコードを送信すればインターネットパッケージの申し込みが簡単にできます。

そこで今回は自分がやったネット会員登録からリフィルまでの流れをご紹介したいと思います。

まずDTACのe-Service(https://my.dtac.co.th/esv/en/login)にアクセスします。
その前に、スマホにSIMカードを指して、SMSを受信できる状態にしておいてください。Wi-Fiモードにしておけば、余計なデータ通信は発生せずにSMSを受信できます。

(1)ログイン画面

dtac_1

自分の電話番号を入力すると、SMSで確認コードが送られてきます。
その確認コードを入力し、同意項目にチェックを入れてログインします。



(2)現在の状況

dtac_2

残高は164バーツで、あと249日間使える状態です。


(3)リフィル画面へ

dtac_3

上部のメニューバーの「Pay Bill/Refill」を選択し、自分の電話番号、クレジットカード支払いを選択し、入金したい金額とメールアドレスを入力します。


(4)クレジットカードの内容の入力

dtac_4

VisaカードかMasterCardかを選択して、必要項目を入力します。


(5)クレジットカードの内容の入力のつづき

dtac_5

カードの発行国と発行会社を選ぶ項目がありますので、そこも選択。
今回はオリコカードを使ったので「ORIENT CORPORATION」を選び、「Continue」ボタンをクリック。


(6)確認画面

dtac_6

入力した内容に問題がなければ、「Confirm」ボタンをクリック。


(7)リフィル完了

dtac_7

前の画面で「Continue」をクリックした後、カード会社の3Dセキュア画面(認証画面)が出るので、そこでカード会社に設定しているパスワードを入力し、決済が完了すると、上記のような「Refill Sucsess」となります。


(8)結果確認

dtac_8

最初の「mydtac」メニューを選択すると、残高が100バーツ増えていて、残り日数も366日になっています。

これでこのSIMカードは366日間有効です。あとは、現地に着いたら、インターネットパッケージのコードを送信して、スマホでネットが使えるようになります。

登録したメールアドレスに、支払明細書もしっかり届いていました。

次回は、インターネットパッケージの話をしたいと思います。

↓「ベネッセクラブオフ」のサービス付きのお得なカード


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2016年8月・タイ旅行(準備1・チケット)

こんにちは、ヴァンダーです。

8月の山の日の祝日を使って、タイ・バンコクに行ってきました。

バンコクは自分がアジア旅行にはまる「きっかけ」になった場所です。本当に偶然というめぐりあわせでバンコクでタイ人の友人ができ、彼がいろんな人に紹介してくれたおかげで、タイのみならず、アジア各国の友人・知人を作ることができました。

それ以来、タイには年に3回ぐらいは行っていて、第二の故郷のようなところです。行くとホッとするんですよね。

今年、タイには年末年始・2月・4月のソンクラン(タイ歴の正月)とすでに3回行ってます。「また行くの?」と言われそうですが、現地滞在費が安く済むので、案外国内旅行するより安く済むんですよね(って国内旅行はほぼしませんが)。

実は8月に祝日があるのを知りませんでした。2月頃だったか、たまたまお盆時期に毎年タイに行っている友人と話していた時に、「今年は山の日という祝日が8月にある」ということを聞き、さっそく特典航空券を探しました。

さすがにお盆の時期です(お盆の時期に祝日っていりますか?)。直行便の特典航空券は出てきません。デルタ航空のスカイマイルで中国経由なら、比較的いい時間帯で羽田発着となる特典航空券の空席があったので、とりあえず予約しました。

行きは、中国東方航空で上海経由。帰りは中国南方航空で広州経由です。

中国南方航空は、以前、カンボジアのシェムリアップに行ったときに利用しましたが、中国東方航空、そして上海乗継も初めてです。行きも帰りも乗り継ぎ時間はほぼ2時間。危ないですよねぇ。

まぁ、何とかなるかと思いつつ、45,000マイルと燃油代+空港諸税=22,000円でチケットを確保しました。

スカイマイルの特典航空券で中国東方・中国南方はしっかり燃油代がかかったので、今から思えば高いですが、ピーク期なので仕方ないです。

「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 」を持っているので、スカイチームの上級会員資格「エリート・プラス」を持っています。中国東方航空・中国南方航空はいずれもスカイチーム加盟なので、それぞれのラウンジも使えるし、チェックインなども「スカイプライオリティ」でスムーズに行くはずです。

DL-AMEX2


ラウンジ訪問も自分にとっては楽しみの一つなので、乗り継ぎも楽しみたいと思います。



↓「ベネッセクラブオフ」のサービス付きのお得なカード


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


印象に残る本・「華胥の幽夢 十二国記」

こんにちは、ヴァンダーです。

7月は参議院選挙に都知事選挙と選挙の月でした。


政治家・マスメディアの話を聞いていると思い出すが、「華胥の幽夢 十二国記」(小野 不由美著)の中の「責難は成事にあらず」という言葉です。


「十二国記」というのは、十二の国がある世界の物語、ファンタジーです。


 

NHKでアニメーションが放送されているのをきっかけに原作を読みました。その中の7冊目が「華胥の幽夢」という短編集です。


物語の中である国が傾いていきます。志ある若者が、政権を倒して新しい王を立て、国造りに励みますが、理想のようには進みません。


そこで出てくるのが「責難は成事にあらず」という言葉です。


この言葉にはいろんな解釈がネット上にありますが、「非難することは何かを成すことではない」というのが根底にあるようです。


旧・民主党は自民党政権を批判し、国民の支持を得て政権を奪取しました。でも、実際に政権運営してみると何もかも進みません。旧・民主党は自民党の政治を否定したわけですが、その反対のことをすれば、うまくいくなんてことはありません。

誰だって税金は低い方がいいです。でも税収がなければ、橋やトンネルの補修もできません。待機児童のための保育園も作れなければ、スタッフも雇えません。


マスメディアは時の政権を批判します。確かに一個人では届かない声をマスメディアが代表して伝えることは大事です。でも、批判するだけならだれでもできるんですよね。

仕事をする上でも生活する上でも、相手を批判するだけでなく、自分ならどうするか、どうすれば相手や顧客のためになるのか、など「責難は成事にあらず」という言葉を思い出していきたいと思います。




↓クリックしてもらえるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

印象に残る本・「深夜特急」

先月、香港に行きました。その際、「重慶大厦(チョンキンマンション)」の前を何度も通りました。

DSC_0905

噂通り、怪しい雰囲気でした。ビルの前にはいろんな人種の人がいました。

その際、思い出したのが「深夜特急」(沢木耕太郎著)です。この本は、自分が会社に勤めて2年ぐらいしたとき、
同じ職場の女性の先輩に薦められて読んだのが最初です。今から20年以上前のことです。




その頃はそんなに旅にはまっている頃ではありませんでしたが、一気にのめり込んで読んだような記憶があります。特に表紙のデザインがオシャレで印象的でした。


内容は著者が1980年代にインドのデリーからロンドンまで乗り合いバスで旅する紀行文です。デリーに行く前に香港に立ち寄り、そこで一気に旅に目ざめるというような内容です。


当時は今のようなインターネットのない時代、バックパッカーのバイブルのような本でした。

自分もこの本は何度も読み返しています。今はAmazon Kindleに入れていて、旅に出ると読みたくなったりします。


残念ながら、著者が辿った道は、今はテロや内戦で通れないところもあります。当時は東西冷戦時代でした。でもその冷戦の中で、ある種の秩序があったような気がします。

旅が好きな方は、ぜひ読んでみることをお薦めします。





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


ANAの荷物積み残しに思うこと

こんにちは、ヴァンダーです。

先日、ANAで乗客の荷物を積み込まないまま、運行していたというニュースが流れていました。ANAの発表では「不具合」ですが、知っていながら到着まで知らせないというのは、「運行を優先するために意図的に隠した」気がします。


ANAの発表はこちら

旅先に着いて、着替えや洗面道具すらないのは困りますよね。それからの予定をどうしていいのか途方に暮れます。


海外旅行保険の「航空便遅延保険」では手荷物到着遅延や紛失の場合の補償が付いているものがありますが、自分の手持ちのカードで「国内線」の航空便遅延保険が付いているものがあるのか調べていました。


そうしたところ、ドコモの「dカード GOLD」に付帯しているのを発見しました。

「dカード GOLD」の国内旅行傷害保険についてはこちら

手荷物遅延の項目を読むと以下のような条件の場合に「1万円」を限度に支払われるようです。
条件は「被保険者が搭乗する航空便が予定していた目的地に到着してから6時間以内に、被保険者が携行する身の回り品で、かつ、航空便の搭乗時に当該航空会社が運搬を受託した手荷物が予定していた目的地に運搬されなかった場合」となっています。


チケット代を「dカード GOLD」で支払う必要がありますが、ANAの今回のような出来事があると、国内線のチケットはこのカードで支払ったほうが安心かなと思います。


遅延補償もあるので、いざというときのケアがなさそうなLCCを利用する際も「安心代」としてこのカードで払うと、フライトの遅延・欠航や手荷物遅延などがあった場合に、いくらか気持ちがラクになりそうです。



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly