旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2018年03月

2018年2月クアラルンプール旅行(その2)・TIAT LOUNGE ANNEXにて





こんにちは、ヴァンダーです。

出国審査を済ませ、免税店を横目に向かった先はいつもの「TIAT LOINGE ANNEX」。中央のラウンジより広いため、自分は北側にあるANNEXがお気に入りです。

201702KUL (5)

201702KUL (6)



ここは航空会社共用ラウンジとなっているため、基本的はクレジットカード会員は利用できませんが、一部のクレジットカードでは利用可能となってます。自分は「ボルシア・ドルトムントカードゴールド」の会員なので利用可能、というか、このラウンジを使いたいためにこのカードを申し込んだといった方がいいかもしれません。

201702KUL (7)



通常のクレジットカードのゴールドカード以上で利用できるラウンジ(SKY LOUNGE)ももちろんありますが、そこで提供されるのはドリンクぐらい。一方、TIAT LOUNGEでは軽食が提供されているため、搭乗前に軽く食事を済ますことができます。

いつものように受付で搭乗券と「ボルシア・ドルトムントカードゴールド」を提示して入室。広いラウンジの中の先客は5組ぐらいでした。

201702KUL (8)



ANAの深夜便の場合、食事が提供されるのは現地到着前。なので、ここで夕食をいただくことにしました。

201702KUL (10)
201702KUL (11)
201702KUL (12)



焼きソバにから揚げ、キッシュ、茹で野菜のバジルソースかけ、そしてお気に入りのパンと一緒にいただきました。ジャーの中には「特製牛丼」も用意されていたので、ご飯にかけて食べることも可能です。

201702KUL (13)



普段の生活のなかで野菜不足なのか、茹で野菜がおいしく、おかわりをしてしまいました。

201702KUL (15)



食事のあとは財布の中のカードを海外で使用するものに入れ替えたり 、ユニクロのダウンジャケットを丸めてリュックに入れて荷物整理。このジャケットがノースフェイスのプロヒューズボックスだと入らなかったんですよね。

このラウンジからの眺めが好きです。「日本を離れられる」という気分になれます。

201702KUL (9)



搭乗時刻が近づいてきたのでラウンジを後にして、ゲートへと向かうことにしました。


■■■関連記事■■■

BURTONのリュックサック購入

羽田空港国際線ターミナルのラウンジあれこれ



↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年2月クアラルンプール旅行(その1)・羽田空港にて





こんにちは、ヴァンダーです。

仕事を終え、自宅に戻ってシャ ワーを浴びて一休み。先日購入した「BURTON TRAVERSE PACK」を背負って羽田空港へと向かいました。背負ってみると、背当ての部分が柔らかく、重さの割りに快適に歩けました。ただし、奥行きがあるので電車の中では手荷物などしないと邪魔になりそうです。

羽田空港国際線ターミナルは、連休前&旧正月前ということもあり、賑わっていました。

いつものように、セブンイレブンのある建物にあるJCBのサービスカウンターによってクアラルンプールの優待パンフレットをもらいました。そしてそこには3月31日で閉店の案内POPがありました。スタッフさんによると今後は冊子に替わってスマホアプリ「たびらば」で情報提供していくとのことでした。

201702KUL (3)



JCBのパンフレットは優待情報もさることながら、付属の地図が便利でいつも活用していたのですが、世の中はどんどんアプリにシフトしていくんですね。制作する立場からすると、紙モノは校正やアップデート、在庫管理が大変だから、電子媒体の方がラクなんでしょう。

今回はエーゲ航空で発券した特典航空券利用です。クアラルンプールまで往復2.5万マイル+86.69ユーロでした。エーゲ航空とANAのGDSは同じAmadeusを採用しているので、エーゲ航空の予約番号をANAのサイトで入力すると、予約記録が確認でき、事前に座席指定も可能でした。

ANA_international_reservation



そして、メールアドレスやパスポート番号を登録しておくと、自動的にQRコード付きのチェックイン完了メールが前日に届きました。座席も事前に指定しておいた座席がちゃんと表示されていました。

預け入れ荷物もないので 、カウンターでの手続きは不要なのですが、「紙」のボーディングパスがほしかったのでカウンターに立ち寄り、発券してもらいました。

201702KUL (4)



セキュリティチェックと出国審査へ。問題なく通過し、いつものラウンジへと向かうことにしました。




■■■関連記事■■■

エーゲ航空(A3)の特典航空券が意外にオトクかも?

エーゲ航空(A3)の「Miles+Bonus」で特典航空券を発券

エーゲ航空のスターアライアンス特典航空券のオンライン予約が可能に!


↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

「AIRSIM」でマレーシアの5日間パッケージ購入





こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア・クアラルンプールに行くにあたり、今回はeSIMの「AIRSIM」の5日間パッケージを購入することにしました。

airsim



昨年クアラルンプールに行った際は、空港で現地SIMを購入したのですが、その際の価格が確か1,500円ぐらいだったような記憶があり、AIRSIMのパッケージだと5日間で50香港ドル(約750円)。4G通信が1日あたり500MBまで可能で、500MBを超えると速度が落ちます。

日本での普段の利用でも1日の利用が500MBを超えることはなく、またホテルではWiFiも使えるため、500MB/日もあれば充分です。

以前購入した「AIRSIM」に20USドルをチャージ済みだったので、その中からパッケージ購入をしました。

「AIRSIM」を挿入したスマホをWiFiでネットワークに接続し、パッケージを選択して進んでいくと、無事購入完了。自分の場合、初めにチャージしたのがアメリカドルだったので、パッケージの価格がアメリカドルになっています。

利用開始日を指定してパッケージを購入するので、あらかじめ日本で手続きしておくと安心です。

なお、同日に複数の国を訪れる場合などは、最初に利用したパッケージ(=国)から使用済みになっていくようです。そのあたりは要注意でしょうか。


【1】国一覧の中からマレーシアを選択

AIRSIM_KUL (2)



【2】マレーシアでのネットワークなどの条件を確認

AIRSIM_KUL (3)



【3】5日間6.99USドルのプランを選択

AIRSIM_KUL (4)



【4】「AIRTALK」という音声サービスは不要なので「Do not need」を選択し「Set Effective Date」を押下して、利用開始日を入力

AIRSIM_KUL (5)



【5】利用開始日などの条件を確認して「Checkout」を選択

AIRSIM_KUL (6)



【6】チャージ済みの20USドルから6.99USドルが引かれるのを確認して「Confirm」を押下

AIRSIM_KUL (7)



【7】購入したパッケージを最終確認

AIRSIM_KUL (8)




■■■関連記事■■■

香港で「AIRSIM」を入手する方法

現バージョンのAIRSIMが無効に? 【更新あり 11/6】

新バージョンのAIRSIMをアプリに登録してみた

世界78か国で使えるプリペイドデータSIMが欲しい


↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

備忘録・各航空会社の機内持ち込みサイズ





こんにちは、ヴァンダーです。

最近、スーツケースではなくリュックサックで旅することが多くなりました。機内持ち込みができるバッグのサイズが気になり、自分が利用しそうな航空会社の規定を調べてみました。


■自分のバッグ

○BURTON  トラバースバッグ
  52cm×31cm×26cm 35L 3辺の合計109cm

○THE NORTH FACE プロヒューズボックス
  48.5cm×33cm×15cm 30L 3辺の合計96.5㎝

○hands+ ライトスーツケース ジップタイプ 39L
  51cm×40cm×24cm 39L 3辺の合計115cm


■機内持ち込みサイズ(国際線) ※2018年2月現在

○ANA 115cm以内 かつ W55cm×H40cm×D25cm 10kg以内

○JAL 115cm以内 かつ W55cm×H40cm×D25cm 10kg以内

○チャイナエアライン 56cm×36cm×23cm 7kg以内

○キャセイパシフィック航空 56cm×36cm×23cm 7kg以内

○タイ国際航空 115cm以内 かつ 56cm×45cm×25cm 7kg以内

○エバー航空 115cm以内 かつ 56cm×36cm×23cm以内 7kg以内

○中国東方航空 115cm以内 かつ 55cm×40cm×20cm 10kg以内

○中国南方航空 115cm以内  5kg以内

○中国国際航空 55cm×40cm×20cm 5kg以内

○デルタ航空 114cm以内 かつ 56cm×35cm×23cm ※一部の空港で重量制限あり

○ユナイテッド航空 56cm×35cm×22cm 

○バンコクエアウェイズ ATR72の場合 50㎝×36㎝×23㎝ 5kg以内



BURTONのトラベラーズバッグの場合、サイズでは縦と横は大丈夫そうですが、奥行きで規定でひっかかる航空会社がありそうです。また、自分はいつも荷物が多いので重量制限が5㎏の航空会社では、厳密に重さを量られると持ち込みできない可能性がありそうです。気を付けなければ。




■■■関連記事■■■

「hands+ ライトスーツケース ジップタイプ 39L」を購入

バッグパックひとつで海外旅行を目指す(本体編)

BURTONのリュックサック購入





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

BURTONのリュックサック購入





こんにちは、ヴァンダーです。

2018年2月にマレーシア・クアラルンプールへ行くことにしました。今回もリュックサック(ノースフェイスのプロヒューズボックス)一つで行こうとして荷物をつめていると、日本で着るダウンジャケットを丸めても入りきらない状態になってしまいました。

201702KUL (1)



紙袋にでも入れるかと思っていたのですが、マルイの店内ををぶらぶら見ていたら「BURTON」でいい感じのリュックサックを見つけました。その名前は「BURTON リュック TRAVERSE PACK [35L]」

THE NORTH FACE プロヒューズボックス  48.5 × 33 × 15cm 30L 1.25㎏
BUTRON トラベラーズパック           52 x 31 x 26cm   35L 1.2㎏

奥行き(マチ)が大きい分、収容量が5L増え、バッグ自体の重さはほぼ同じ。素材はプロヒューズボックスの方が丈夫で防水っぽいですが、伸縮性がないため、詰め込みは無理。BURTONのバックは防水性は弱そうですが、外側のポケットも多く使いやすそうです。しかも機内持ち込みサイズ。




店頭では定価だったので諦めたのですが、Amazonを見てみると値下げ価格で販売されていたので思わず買ってしまいました。

実際使ってみると、ファスナーを開けると、スーツケースのように180度開いて、隙間なく荷物を詰めることができ効率的。しかも[イーグルクリーク] トラベルポーチ パックイット コンプレッションキューブ」がピッタリ入ってラッキーでした。

201702KUL (63)


【ファスナーを全開にしたところ】
201702KUL (64)



旅行の度にバッグを買っているような気もしますが、今回のBURTONのリュックサックは使い勝手もよく、これから活躍してもらえそうです。



■■■関連記事■■■

バッグパックひとつで海外旅行を目指す(本体編)

バッグパックひとつで海外旅行を目指す(中身編)





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly