旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2018年04月

2018年版クレジットカードの見直し(解約)・majica donpen card








こんにちは、ヴァンダーです。

クレジットカードの保有継続新規取得について、記事を書いてきましたが、クレジットカードの保有枚数がどんどん増え、信用情報をきれいにするために、利用しなくなったクレジットカードの整理を行うことにしました。第1弾として、ドン・キホーテのカードを解約することにしました。


1)majica donpen card (年会費:年1回以上の利用で次年度無料)

majica donpen



●メリット
 ・「クラブオフ」のサービスが付帯する
 ・海外旅行傷害保険(自動)、国内旅行傷害保険(利用)が付帯


●残念なところ
 ・ドン・キホーテを利用しないとメリットがない


●総評
 ・「クラブオフ」サービスのアカウントを増やしたいために取得したものの、お目当てのクラブオフのサービスメニューがなくなり、またドン・キホーテを利用することがあまりないため、死蔵カードとなり、解約。



■■■関連記事■■■
2017年版保有クレジットカードの見直し・解約2枚

2017年版保有クレジットカードの見直し(解約と新規取得)・NTTグループカード

2017年版保有クレジットカードの見直し(解約と新規取得)

2017年版保有クレジットカードの見直し(保有継続)



↓世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年版クレジットカードの見直し(新規取得)








こんにちは、ヴァンダーです。

前回に引き続きクレジットカードの話題です。クレジットカードやポイントを取り巻く環境が変わってきたので、新規に取得するカードの「言い訳」を「メリット」「残念なところ」「総評」の観点で整理しました。すでに取得済みのものもありますが、以下の布陣を新たに追加するつもりです。


1) JMB JQ SUGOCA(年会費:年1回以上の利用で次年度無料)

JQ JMB SUGOCA



●メリット
 ・JALのマイルをJRキューポに移行でき、さらにGポイント/永久不滅ポイントへ移行可能(有効期限切れ直前のJALマイル活用対策)
 ・スマホも対象のショッピングセーフティ保険付帯
 ・年一回の利用で、次年度年会費無料

●残念なところ
 ・イオン銀行発行カードでありながら、イオンマークがないためにイオンカードのサービスを受けられない
 ・カードのポイント還元率は0.5%と低い
 ・分かっていたことであるが、九州に住んでいないと受けられる特典がほぼない


●総評
 ・有効期限切れのJALマイルをGポイント/永久不滅ポイントに移行させる可能性があるので新規取得



2) JQ CARD セゾン(年会費:年1回以上の利用で次年度無料)

JQ SAISON



●メリット
 ・JRキューポと永久不滅ポイントの相互移行が可能
 ・永久不滅ポイントからANAのマイルへ移行可能


●残念なところ
 ・カードのポイント還元率は0.5%と低い


●総評
 ・JRキューポを介してJALマイル/Gポイントと永久不滅ポイントの移行が可能なため新規取得



3) Booking.comカード(年会費:無料)

booking_com



●メリット
 ・先着5万名のキャンペーンでBooking.genius会員(ホテル宿泊料金10%OFFなど)に登録可能
 ・ショッピング利用(月間利用合計)で1%キャッシュバック
 ・専用ページを経由してBooking.comのホテル予約をし、現地で本カードでホテル代を支払うと後日5%キャッシュバック
 ・海外旅行傷害保険自動付帯


●残念なところ
 ・Booking.comのホテル予約であれば、他の高還元率カードとベネフィットステーションやクラブオフの特典を組み合わせた方がメリットあり?


●総評
 ・月間利用金額による1%キャッシュバックは無駄がなく、旅行を趣味の中心とした生活をやめた場合はメインになりうる
 ・SPG-AMEXが廃止されたり、解約した場合のホテルカードの後継として、Booking.genius会員の特典を受けるために新規取得



4)マイレージプラスセゾンカード(年会費:1,620円)

mileage_plus_saison



●メリット
 ・オプションの「マイルアップメンバーズ(年会費:5400円)」に加入すると1,000円=15マイルの高還元率


●残念なところ
 ・券面のセゾンマークが「JQカードセゾン」のようなマークならスッキリした券面になる
 ・Edy/nanacoなどの電子マネーチャージはポイント付与対象外
 ・年会費がかかる


●総評
 ・「ANA Visaプリペイドカード」へのチャージでANAとUAのマイルダブル取りが可能なため、新規取得




■■■関連記事■■■
2017年版保有クレジットカードの見直し・解約2枚

2017年版保有クレジットカードの見直し(解約と新規取得)・NTTグループカード

2017年版保有クレジットカードの見直し(解約と新規取得)

2017年版保有クレジットカードの見直し(保有継続)



↓世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年版クレジットカードの見直し(保有継続)









こんにちは、ヴァンダーです。

もう2018年に入って数カ月が経っていますが、現在持っているクレジットカードを継続もしくは解約すべきか、を自分なりの「言い訳」を「メリット」「残念なところ」「総評」の観点で整理しました(この記事を書いたのは3月です)。昨年、解約カードが多かったので、今年は保有継続としました。


1)エポスプラチナカード(年会費:20,000円)

epos_platinum



●メリット
 ・VPCC(Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター)が世界中24時間利用可能
 ・プライオリティパス付帯
 ・航空便遅延保険あり
 ・100万円利用で2万円分のボーナスポイントが付与され実質年会費無料
 ・ヴァーチャルカードやプリペイドカードを紐付けできて、いずれも海外事務手数料がクレジットカードと同様
 ・EdyやSuica、WebMoneyへのチャージでもポイント付与あり


●残念なところ
 ・空港宅配サービスが有料
 ・ショッピング保険自動付帯なし(有料オプション)


●総評
・100万円利用すれば実質無料で保有できるプラチナカード。VPCCが秀逸なので保有継続



2) スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(年会費:33,480円)

SPG-AMEX



●メリット
 ・保有するだけでSPGのゴールド会員になれ、マリオット・りワードのゴールド会員資格ももらえる
 ・ポイントを35の航空会社に移行可能。2万ポイントを移行するとボーナスポイントが加算されて25,000マイルになる(一部例外あり)
 ・特に、100円=1P獲得でき、ポイントをBA/A3/ASにマイル移行できるのはこのカードの大きな強み
 ・カードを更新すると、カテゴリー6までのSPG加盟ホテルでの1泊無料特典がもらえる
 ・リターンプロテクションで購入した商品の返品ができる


●残念なところ
 ・年会費が高い
 ・SPGがマリオットに買収され、2019年以降、このカードや会員組織がどうなるのか不透明
 ・空港手荷物宅配サービスは復路のみ、かつ羽田空港国際線ターミナルは対象外


●総評
 ・保有しているポイントで宿泊やマイル移行するなら、クレジットカード会員でなくても可能なので年会費の負担に疑問を感じ始めた
 ・ポイントの移行先の航空会社が豊富なため、今回はマイル獲得目的で保有継続
  ※次年度以降は、マリオットとの合併状況を見て判断



3) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費:28,080円)

DL-AMEX



●メリット
 ・保有しているだけでデルタ航空のゴールドメダリオン会員になれ、スカイチームのエリートプラス会員としてサービスを受けられる


●残念なところ
 ・年会費が高い
 ・航空会社提携カードにもかかわらず、航空便遅延保険が付いていない(デルタ航空は遅延するから?)
 ・空港手荷物宅配サービスは復路のみ、かつ羽田空港国際線ターミナルは対象外


●総評
 ・デルタ航空の特典航空券の必要マイルが日系航空会社に比べて多めで、最近、提携航空会社の特典航空券が取りにくくなている
 ・スカイチームエリートプラスのサービスを利用したいため、保有継続



4)リクルートカードプラス(JCB)(年会費2,160円)

recruit plus



●メリット
 ・還元率2%でPontaポイントを獲得可能。JALマイルへの移行を考慮すると本家JALカード並みの還元率
 ・新規募集停止となったレアカード
 ・nanacoのQUICPay紐づけて利用できるため、セブン-イレブンでの利用はおトク


●残念なところ
 ・電子マネー・プリペイドカードへのチャージではポイント付与されない


●総評
 ・今となっては還元率2%は貴重なカード
 ・JCBブランドのサブカードとして保有継続



5) ANA To Me CARD PASMO JCB(年会費:2,160円)

ANA to me card



●メリット
 ・カード更新で1,000マイル付与
 ・定期券一体型なので、財布がスッキリ
 ・ANAカード会員なので、フリーダイヤルでANAへ問い合わせ可能


●残念なところ
 ・2018年3月31日でGポイントからメトロポイントへの移行ができなくなり、このカードのメリットが薄れた
 ・1,000円=ANA10マイルの還元率にするには別途5,400円のマイル移行手数料が必要


●総評
 ・To Meポイントに移行済みのポイント消化のため当面はマイル移行手数料は支払わず基本年会費だけでカードを保有継続



6) ボルシア・ドルトムントカードゴールド(年会費:10,800円)

borussia dortmund card gold



●メリット
 ・羽田空港国際線ターミナルではカード会員用ラウンジではなく航空会社共用ラウンジが利用可能
 ・関西国際空港ではラウンジが利用できない代わりに、ホテル日航関西空港のレストランを1500円まで無料で利用可能
 ・誕生日月にはポイント還元率が0.5%アップ


●残念なところ
 ・ポイント還元率は高くなく、基本0.5%(年間利用額25万円未満の場合)
 ・空港宅配サービスが往復無料から、往路のみ500円で利用可能と2018年6月1日から改悪
  ※この記事はこちら

●総評
 ・誕生月に50万円以上利用すれば還元率1.5%にアップと隠れた高還元率カード
 ・年会費がかかるものの、羽田空港国際線を利用する場合の付帯サービスが秀逸なため保有継続



7)ダイナースクラブカード(年会費:実質無料)※通常年会費23,760円

dinersclub_img_016



●メリット
 ・旧シティバンク提携ダイナースクラブ会員のため、一定金額以上利用すると年会費が無料となる
 ・ダイナースグローバルマイレージでポイントをNH/UA/DLへマイル移行可能
 ・世界800ヵ所の空港ラウンジ利用可能
 ・世界6,000ヵ所以上のWi-Fiスポットを無料利用可能


●残念なところ
 ・ICチップ取引が店頭でスムーズにできないことがある
 ・海外での利用は、換算レートも悪く、かつ加盟店も少ないため期待できない(台湾の加盟店での利用は2017年7月から「一時的に」利用できない状態が継続中)
 ・公共料金などの決済ではポイント付与率半減
 ・2018年3月からポイントの計算が月間利用金額ではなく、明細単位に改悪
 ・ポイントモールでのポイント加算が5,000円単位の利用となり、高額商品購入時でないとメリットなし


●総評
 ・2017年12月に突如としてダイナースクラブインターナショナル提供のアプリに世界6,000万ヵ所のWi-Fiスポットが利用できる機能が付加されたのには驚き。海外旅行好きとしては助かる
 ・条件を満たせば年会費無料となるため、プライオリティパス付帯のカードを解約した場合のバックアップとして保有継続





■■■関連記事■■■
2017年版保有クレジットカードの見直し・解約2枚

2017年版保有クレジットカードの見直し(解約と新規取得)・NTTグループカード

2017年版保有クレジットカードの見直し(解約と新規取得)

2017年版保有クレジットカードの見直し(保有継続)



↓世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

アプラス発行ゴールドカードの「国際線手荷物無料宅配サービス」が改悪








こんにちは、ヴァンダーです。

アプラス社発行のゴールドカード特典である「国際線手荷物無料宅配サービス」がとうとう改悪に。

aplus_baggage_service_change2


今までは「往復宅配無料」だったのですが、2018年6月1日からサービス内容が変更になります。

aplus_baggage_service_change1



【変更前】 
 ①国際線の出発・帰国時に手荷物を片道各1個まで無料宅配
 ②無料で「手ぶらチェックインサービス」のご利用が可能

【変更後】
 ①国際線の出発時のみ手荷物1個を500円(税込)で宅配
 ②「手ぶらチェックインサービス」の終了


宅配料金の値上げなどが影響しているのでしょうか。「完全終了」ではなく「往路(出発時)のみ500円で利用可能」というのがせめてもの救いです。というのは、ダイナースクラブカードで復路(帰国時)の宅配サービスが使えるので、自宅から空港に荷物を送っておく際に500円で済むのはありがたいです。

「ボルシア・ドルトムントカードゴールド」は、羽田空港国際線ターミナルの航空会社共用ラウンジが使えるサービスがあるため、そのサービスが継続されているうちは、保有継続したいと思います。

そもそもこのカードを取得したのは、空港宅配サービス往復無料だった「セゾンプラチナAMEX」を解約し、その代替えとするためでした。しかし、自分がクレジットカードを取得してサービスを利用すると、どんどん改悪されていきます。リクルートカードプラスの電子マネーチャージのポイント廃止、Extremeカードのポイント還元率改悪、旧シティバンク提携ダイナースクラブカードの年会費優遇金額の引き上げ、ダイナースクラブカードのグローバルマイレージ参加航空会社の縮小、などなど。

自分がおトクと思うものは、カード会社にはコスト負担になるということでしょうか。


■■■関連情報■■■

「ボルシア・ドルトムントカードゴールド」を申込み

「ボルシア・ドルトムントカードゴールド」が届きました

羽田空港国際線ターミナルのラウンジあれこれ



↓世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

「AIRSIM」の対象エリアが102ヵ国・地域に





こんにちは、ヴァンダーです。

世界各地で使えるeSIMの「AIRSIM」の話題です。

airsim



対象エリアが2018年3月時点で102ヵ国・地域になっていました。アメリカ大陸を中心に対象国が増えていました。

20180321airsim



対象国をエリア別に50音順に並べてみました。太字の国が新たに追加された国です。

■アジア -23
日本、中国、台湾、韓国、
タイ、シンガポール、マカオ、香港、
マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、
インド、ミャンマー、カンボジア、
ラオス、ネパール、パキスタン、スリランカ、
アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン


■アメリカ  -20
アメリカ、アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、
エル・サルバドル、カナダ、グアム&サイパン、グァテマラ
コスタリカ、コロンビア、チリ、ドミニカ共和国
ニカラグアパナマパラグアイ、プエルト・リコ、
ブラジル、ペルー、ホンジュラス、メキシコ、

※今回ベネズエラが削除されていました。政情不安とインフレで継続が難しかったのでしょうか。


■中東  -6
クウェート、オマーン、カタール、サウジ・アラビア、
アラブ首長国連邦、イスラエル、


■オセアニア  -2
オーストラリア、ニュージーランド


■ヨーロッパ  -43
アルバニア、オーストリア、ベラルーシ、
ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、
チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、
フランス、ジョージア、ドイツ、
ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、
イタリア、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、
ルクセンブルグ、マケドニア、マルタ、モンテネグロ、
オランダ、ノルウェー、ポーランド、
ポルトガル、ルーマニア、ロシア、セルビア、
スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、
スイス、トルコ、ウクライナ、イギリス、
ボスニア、ジブラルタル、


■アフリカ  -3
エジプト、ガーナ、南アフリカ


■フランス海外領土  -5
フランス領ギアナ、グアドループ、マルティニーク、マヨット、
レユニオン

※2018年3月21日調べ

「AIRSIM」サイトの各エリアの横の数字には、エリアパッケージも含まれているため、対象国数とは一致しません。

今回、「アメリカ&カナダ」「ヨーロッパ40カ国」「オーストラリア&ニュージーランド」のようなエリアパッケージも誕生していました。ますます便利になりますね。東南アジアのエリアパッケージもぜひ作ってもらいたいです。



■■■関連記事■■■
香港で「AIRSIM」を入手する方法

「AIRSIM」発注してみた

「AIRSIM」をクアラルンプールで利用した感想



↓年会費無料で購入日から180日間のショッピングセーフティ保険付き、ビックカメラでも現金同率還元
コジマ×ビックカメラカード



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly