旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2018年06月

2018年5月台湾旅行(その18)・CI108(TPE-NRT)で帰国の途に







こんにちは、ヴァンダーです。

搭乗ゲートへ行ってみると、20分搭乗開始が遅れるとアナウンスが流れていました。ラウンジでもう少しゆっくりしていればよかったかなと後悔。椅子に座ってボーっとしていると、近く日本人一家がどうやらスマホをなくしたらしく、auに緊急停止の連絡をしている声が耳に入ってきました。

201805KHH_TPE (256)



そういえば、自分もかつて香港国際空港で乗り継ぐ際に、スマホをなくしたことに気付き、ANAのスタッフと空港内を逆送したり、ドコモに電話をしてSIMカードの無効手続きをしたのを思い出しました。帰国した後にSIMカードの再発行をしてもらうのも一苦労でした。結局あのときは、Googleのデバイス検索でも見つからず、諦めるしかありませんでした。

搭乗待合室から外を見ていると、大陸の「中国国際航空」と台湾の「チャイナエアライン」が行きかっている瞬間がありました。

201805KHH_TPE (257)


そうこうするうちに搭乗開始。ビジネスクラスの乗客→上級ステータスの会員の順で搭乗開始となり、自分も2番目のグループで機内へ。荷物を置くスペースをゆっくり確保できるのはありがたいです。

ゴールデンウィークの最終日ということもあり、機内は満席。心なしか日本人キャビンクルーの人数が多かったように思います。

機内食は豚肉ご飯をチョイス。美味しくいただきました。

201805KHH_TPE (259)


食後はFire端末で読書をしていたのですが、途中から眠くなり、その後は寝入ってしまいました。降下開始のアナウンスで目が覚め、ボーっとした状態で成田空港に到着しました。

第2ターミナルに着くのは久しぶりです。このターミナルの入国審査の片側は夜遅い場合、閉鎖されていて、チャイナエアラインが着いたゲートからは、手前の入国審査場を通り越して、向こう側の入国審査場へ行く必要があります。外国人からすると「不便な空港。おもてなしの精神がない」と思われるのではないかと気になります。

入国審査手前には、免税店がオープンしていました。タバコやお酒を買いたい人には便利ですよね。他の商品も取り扱ってくれればいいのに。

201805KHH_TPE (260)


スカイライナーで帰宅しようと思ったのですが、あいにく次の列車まで待ち時間が長く、20分以上待つ羽目に。乗ってしまえば羽田空港を利用するのと所要時間はさほど変わらないのですが、このスカイライナーの運転間隔によって、成田空港の遠さを感じささせられます。

とはいえ、今回も4日間という短い期間でしたが、充実した旅を経験できました。



↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年5月台湾旅行(その17)・桃園国際空港にて







こんにちは、ヴァンダーです。

台湾最終日。今回は桃園国際空港からのフライトです。

MTRで「北門駅」へ移動し、地下通路を歩いて空港行きのMRTの乗り場へ。MRT桃園線の台北駅へは「北門駅」からの移動の方が混雑していなくて分かりやすいように自分は思います。そんなこともあり、ホテルはMRTの松山新店線沿いを選ぶことが多いです。

空港第2ターミナルまで直達車で約40分。交通渋滞を気にしなくていいのでラクです。バスしかなかったときは交通渋滞に巻き込まれることもあり「不便な空港だな」と思っていましたが、今となっては台北松山国際空港と桃園国際空港の比較すると、ラウンジや免税店が充実している桃園国際空港の方が空港としての面白さがあるように思います。

チェックインはスカイプライオリティレーンですぐに完了。座席も前方に変更してもらえました。やはり「エリートプラス」会員のパワーでしょうか。

201805KHH_TPE (240)


ラウンジクーポンももらい、セキュリティチェック、出国審査と通過。出国審査はなぜか「Speedy Lane」の方が時間がかかってしまいました。並んでいる途中で、車椅子の人が優先されたりしたためです。こればかりは仕方ないです。

ラウンジに行く前に、免税店で実家への土産としてお茶を購入。銀聯カードで支払うと10%offになるPOPがあったので、店員に聞いてみると、支払い時ではなく請求時に10%offになるとのこと。自分の持っているMUFGカード発行の銀聯カードで優待が適用になるのか試したくなり、銀聯カードで支払いました。さて、どうなるのか。

201805KHH_TPE (242)


※後日、この銀聯カードが紐づいているリクルートカードの明細をチェックしたところ、割引にはなっていませんでした。MUFGカード社に確認すると、銀聯カードの優待は店頭で割引されるものなら優待が適用されることもあるが、請求時に割引になるというのは中国国内発行の銀聯カードが対象になると思われる、とのこと。あまり銀聯カードに関する情報を持ち合わせていないような雰囲気でした。


買い物のあとはチャイナエアラインのラウンジへ。

201805KHH_TPE (244)


下のフロアを案内されましたが9割方埋まっていました。チャイナエアラインの本拠地、かつスカイチーム加盟の航空会社のフライトが多い桃園国際空港で、このラウンジの大きさだと利用客をさばくのは大変かも。成田空港のチャイナエアラインのラウンジの方が落ち着きます。

201805KHH_TPE (250)



しかし、このラウンジにはヌードルバーがあるので、旅の最後に台湾料理をいただけます。今回はビーフンのヌードルをチョイス。点心と一緒にいただきました。

201805KHH_TPE (247)
201805KHH_TPE (249)



搭乗時刻が近づいてきたので、ゲートへ移動。その前にトイレ、と思って行ってみると混んでいて、近くにいたシャワールームを管理しているスタッフが「シャワールームの中のトイレを使っていいよ」のようなことを言ってくれました。お言葉に甘えて、使わせていただきました。ついでに、シャワールームの中を撮影。やはり香港国際空港のキャセイのラウンジのシャワールームの方が豪華でした。

201805KHH_TPE (252)
201805KHH_TPE (251)



シャワールームを出て、スタッフにお礼を行ってゲートへと向かいました。



↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年5月台湾旅行(その16)・素食レストランで知り合いと夕食







こんにちは、ヴァンダーです。

買ったパイナップルケーキを置きに、一旦ホテルに戻りました。3時を過ぎていたので問題なく部屋に入れました。いつもは上のフロアなのですが、今回はフロントのあるフロア。なんとフロントの真裏でした。

部屋に窓はありませんが、シンプルなインテリアで広さも充分なので、圧迫感はありません。しかもバスタブもあります。

201805KHH_TPE (206)



荷物を整理して出かけた先は、台北に来るといつも立ち寄る和菓子屋さん。ホテル近くのバス停からバスに乗って、約45分ぐらいで着きました。

この日は日本の「こどもの日」ということもあり、鯉のぼりや折り紙で作った兜などが飾れていました。おいしい高山紅茶と和菓子をいただき、スタッフとしばし雑談。いつもここに来るとホッとします。

201805KHH_TPE (221)
201805KHH_TPE (220)
201805KHH_TPE (218)



閉店時間に近かったこともあり、店員さんとその後、夕食へ一緒に行くことになりました。行った先は近くの「素食(ベジタリアンミール)」のレストラン。

チョイスしてもらった食事は、全て植物性たんぱく質でつくられているのですが、見た目も歯ごたえも普通の料理のよう。日本ではベジタリアンミールのレストランに行く機会はなかなかありませんが、台湾では一般的なようです。

201805KHH_TPE (223)
201805KHH_TPE (224)
201805KHH_TPE (225)
201805KHH_TPE (226)




どの料理も油を使って料理をしているので、脂っこい感はしましたが、おいしくいただけました。台湾に来たら「素食」にチャレンジするのもいいと思います。



■■■今回のレストラン■■■

北平金厨
住所:台北市士林區天母西路38巷3號




↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年5月台湾旅行(その15)・一口サイズで小分けされているパイナップルケーキを購入







こんにちは、ヴァンダーです。

ランチの後、職場への土産用のパイナップルケーキを買いに行くことに。店の名前は「振頤軒(ヂェンイーシュエン)」で最寄り駅はMRTの「忠孝新生駅」です。

201805KHH_TPE (202)


※この店の日本語サイトはこちら


ネットで「一口サイズのパイナップルケーキ」で検索し見つけたのがこの店で、店内にはきれいな箱に入って個別包装されたパイナップルケーキがありました。24個入りで350台湾ドル(約1,330円)とお手ごろ価格。

201805KHH_TPE (203)
201805KHH_TPE (204)



大きいサイズのパイナップルケーキだと重いので、この「一口サイズ」というのがありがたいです。

味が甘めと酸っぱめの2種類あって、商品の前に立っていたら店の人が試食させてくれました。酸っぱめのパイナップルケーキの方がさっぱりしていたので、そちらを2箱お買い上げ。

個別包装のパッケージもしゃれているので、職場への土産にピッタリ。台湾はこのような土産品があるので助かります。タイだとなかなかないんですよね。

2箱買ったら、かわいいバッグに入れてくれました。

pinapple_cake1
pinapple_cake


次回、台北に行くことがあれば、この店の甘めのパイナップルケーキを買おうかと思いました。



↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年7月1日まで! バニラVisaギフトカードが500円割引!





こんにちは、ヴァンダーです。

セブン-イレブンに立ち寄ってみたところ、「バニラVisaギフトカード」のキャンペーンPOPを発見。

Vanilla_Visa (1)



通常10,300円で販売されている1万円分の「バニラVisaギフトカード」が500円引きの9,800円で購入できるとのこと。
※バニラギフトカードのサイトにもキャンペーンの内容がありました。詳しくはこちら。キャンペーン期間を過ぎるとリンク切れを起こすかもしれません。


お目当ての「バニラVisaギフトカード」は陳列台の一角にありました。

Vanilla_Visa (2)

Vanilla_Visa (3)



「kiigo技」でチャージ済みのnanacoがあったので、レジでnanacoカードでお支払い。外国人の店員さんでしたが、nanacoカードでの支払いは問題なくできました。

Vanilla_Visa (4)



1万円分のVisaプリペイドが9,800円で購入できたため、2%引き。このときに使用したnanacoカードは「マイレージプラスセゾンカード」で「nanacoギフト」を購入してチャージしたものなので、UAマイルも獲得済み。

旅行のために節約生活をしなければいけないので、2%offで買い物ができるのはありがたいです。

リクルートカードでnanacoにチャージして、このギフトカードを購入するのもアリかもしれません。その場合は1.2%+2%=3.2%還元となります。

このキャンペーンは2018年7月1日までのようなので、購入する方は早めにセブン-イレブンへ。

実はこの「バニラVisaギフトカード」を買うのは初めて。チャージができない使いきりタイプなので、初めは実店舗で使って、端数はAmazonギフト券でも購入して使い切ろうかと思っています。

ところで、kiigoサイトを運営しているのも、この「バニラVisaギフトカード」を発行しているのも、同じ「インコム・ジャパン」という会社です。自分のような使われ方をすると完全に損をしているのでは、と心配になります。カードの有効期限は2019年12月までとなっていますが、なるべく早めに使い切ろうと思います。


■■■関連記事■■■

nanacoギフト販売サイト「kiigo」まとめ





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly