旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2018年12月

アメリカン航空と中国南方航空が提携関係を強化




↑マニフレックスのアウトレットもあり↑



こんにちは、ヴァンダーです。

スカイチーム2019年1月1日をもって脱退すると宣言した中国南方航空(CZ)とワンワールドのアメリカン航空(AA)は今後提携関係を強化し、中国国内・アメリカ国内でのコードシェアを2019年1月から増やすそうです。
※アメリカン航空のプレスリリースはこちら

20181128_AA_CZ



そして2019年の早い時期にフリークエントフライヤープログラム(FFP)を相互提携し、マイルの獲得&利用、ラウンジの相互利用なども開始させるようです。

アメリカン航空のマイルで中国南方航空の特典航空券が利用できるようになるようですが、DinersClubのグローバルマイレージからアメリカン航空が抜けてしまい、また、SPG-AMEXも解約してしまったのでアメリカン航空のマイルを貯める手段をなくしてしまっています(貯めたマリオットのポイントを移行させればいいわけですが)。

アメリカン航空のAAdvantageの特典航空券は燃油代が基本的に不要、複数の航空会社の組み合わせも可能とかなり柔軟性が高いプログラムなので、中国南方航空とJALやキャセイパシフィック航空のフライトを組み合わせての旅程が組めそうな予感。

ところで、2018年中にデルタ航空のマイルで予約した特典航空券で2019年に中国南方航空を利用する場合、スカイチームのエリートプラスの効力は全くなくなるのでしょうか? 優先チェックインやラウンジ利用はどうなるのでしょうか?

アライアンスの移籍といえば、過去、
 ・コンチネンタル航空がスカイチームからスターアライアンスへ(その後、ユナイテッド航空と合併)
 ・USエアウェイズがスターアライアンスからワンワールドへ(その後、アメリカン航空と合併)
ということがありました。

ワンワールドは自分の中では「アングロサクソン系のプライドの高いアライアンス」というイメージなので、中国南方航空がワンワールドに加盟できるのかどうかも含めて、動向を今後追っていきたいです。



■■■関連記事■■■

中国南方航空(CZ)が2019年1月1日にスカイチームから離脱

中国の航空会社を中心としたジョイントベンチャーの話が次々と

中国南方航空(CZ)がワンワールドへ移籍の噂が?





↓マニフレックスがアウトレット価格で買える!
マニフレックスのアウトレット



「ANA JCBプリペイドカード」で外貨が買える!




↑マニフレックスのアウトレットもあり↑



■■■更新情報(2019/4/20)■■■
kiigoサイトでの「nanacoギフトコード」が2019年4月19日16:00をもって販売終了になりました。
したがいまして、以下の記事の「kiigoサイトでnanacoギフトコードを購入」ということができなくなりました。
■■■■■■■■■■■■■■■■■






こんにちは、ヴァンダーです。

JCBブランドのクレジットカードから手数料無料でチャージができて、海外事務手数料も1.6%とクレジットカードと同率で良心的な「ANA JCBプリペイドカード」。しかし、プリペイドカードなのでキャッシングで現金を調達することはできません。

ところが国内の外貨両替店「トラベレックス」では、このカードで外貨を購入することができるのです。「トラベレックス」の店舗ではJCB/Mastercardブランドのカード、Lifeカードで外貨を購入することができます。
※「トラベレックス」での外貨のクレジットカード購入についての案内はこちら


travlex (4)



先日、「トラベレックス」の窓口でユーロの現金を購入し、支払いの際に「ANA JCBプリペイドカード」を利用しました。このブログを読んでもらっている方はご存知かもしれませんが、自分は「ANA JCBプリペイドカード」のチャージに「kiigo技」を使ってマイレージプラスセゾンカードを使っています。

つまり、外貨の購入でUAマイルとANAマイルをダブルで獲得できたことになります。「トラベレックス」での外貨購入は、メジャーな通貨(ドル・ユーロ)の手数料はあまり高くありません(スプレッドが小さい)が、マイナーな通貨だと手数料が高い(スプレッドが大きい)のであまりトクではありません。マイナーな通貨の場合は現地でのキャッシングのほうがトクです。

今回、ユーロ圏に行くにあって手持ちのユーロが全くなかったので、最低限のユーロを事前に入手しておこうと考えました。

travlex (1)



自分の場合、
 ・トラベレックスでのユーロ購入レート   :1ユーロ=133.78円
 ・現地でクレジットカードを使った際のレート:1ユーロ=131.08~131.25円
でした。差額は1ユーロあたり2.7円、率にすると約2%。UAマイルとANAマイルをダブルでゲットしているので、2%だとトントンというところでしょうか。

travlex (3)



ただ、すべての「トラベレックス」店舗がクレジットカード対応しているわけではなく、「ビューカード外貨両替センター」と頭に付いている店舗ではクレジットカードが使えませんでした。外貨をカードで購入するなら、路面店を利用するのか、あらかじめ電話で確認するなどした方が確実です。

travlex (2)



「トラベレックス」での外貨購入でクレジットカードだけではなく、プリペイドカードも使えたという話題でした。


■■■関連記事■■■

セディナカードjiyudaを中心にしたカード利用(2018年11月版)

ブランドプリペイドカード比較(2018年6月版)

「Kiigo」サイトを活用して、UAとANAのマイルをダブル取り

「ANA JCBプリペイドカード」にnanacoを使ってチャージしてみた

nanacoギフト販売サイト「kiigo」まとめ (更新あり)




↓マニフレックスがアウトレット価格で買える!
マニフレックスのアウトレット





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年世界渡航先ランキング。1位はバンコク!








こんにちは、ヴァンダーです。

2018年も終わろうとしていています。年末年始を海外で過ごされる方も多いのではないでしょうか。2018年9月25日にMastercard社からリリースされた「2018 年度世界渡航先ランキング」では、1位はバンコク、東京が8位にランクインしました。
※そのリリースはこちら

2018global_destination_index1



この調査ではバンコクには年間2,000万人もの人が訪れるとのこと。自分もバンコクには何度も行っているので、この中にカウントされているんでしょう。

これは自分の感じることなのですが、バンコクがとりわけ「おもてなし」に長けているわけではなく、普通に外国人を受け入れてくれ、ホテルも安ホテルから高級ホテルまで選択肢が多いこと、また独特な文化が人を惹きつけるのではないかと思っています。

バンコクでの一人当たりの消費額も発表されているのですが、一日あたり173ドルも消費されるとか。この調査では8位の東京の消費額が154ドルとなっているので、バンコクの方が消費額が多いのが意外です。為替の影響もあるのでしょうか。

2018global_destination_index2



2020年の東京オリンピックに向けて「外国人をおもてなししなきゃ」のような雰囲気が東京にはありますが、無理せずありのままの東京が外国人観光客に喜ばれるのではないかと思っています。




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


【備忘録】中国国際航空(CA)、日本語コールセンターを24時間化








こんにちは、ヴァンダーです。

中国の中国国際航空(エア・チャイナ、CA)の日本語コールセンターが2018年10月9日から24時間受け付けになりました。「航空券の予約・変更・取消・お問合せ」について対応してもらえるようです。

自分は過去、バンコク→北京のCAのフライトが遅延し、北京→成田のANAのフライトに乗り継げなかった経験があります。その時、エア・カナダで発券した特典航空券だったため、バンコクのCAのスタッフも北京の乗り継ぎカウンターのスタッフもケアをしてくれなくて困りました。

最終的には、乗り継ぐ予定だったANAのスタッフに助けてもらい、無事帰国できました。

いざというときのために日本語コールセンターを備忘録に書いておきます。日本の電話番号はナビダイヤルなので、IP電話や海外からは中国に電話したほうがよさそうです。


■中国国際航空コールセンター

 日本:0570-0-95583(ナビダイヤル)
 中国:+86-10-95583(日本語5番)




↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2018年9月ラオス&タイ旅行・まとめ








こんにちは、ヴァンダーです。

2018年9月にラオス・ルアンパバーンとタイ・バンコクを訪問した際の旅行記のまとめ記事です。ルアンパバーンは静かな町で、カフェも多く、のんびりするにはいいところでした。機会があればまた行ってみたいです。


201809_LPQ_BKK (321)

201809_LPQ_BKK (199)

201809_LPQ_BKK (230)



2018年9月ラオス&タイ旅行(その1)・未体験の国「ラオス」に行ってみたくなった

2018年9月ラオス&タイ旅行(その2)・JL33(HND-BKK)で出発

2018年9月ラオス&タイ旅行(その3)・バンコクでPG便への乗り継ぎ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その4)・PG941(BKK-LPQ)でルアンパバーンへ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その5)・ラオス入国してまずは両替

2018年9月ラオス&タイ旅行(その6)・Villa Phathanaへ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その7)・ルアンパバーン街歩き

2018年9月ラオス&タイ旅行(その8)・「プーシーの丘」から山の向こうに沈む夕日を見る

2018年9月ラオス&タイ旅行(その9)・ルアンパバーン名物「托鉢」

2018年9月ラオス&タイ旅行(その10)・テラスでいただくVilla Phathanaの朝食

2018年9月ラオス&タイ旅行(その11)・スクーターで「クアンシーの滝」へ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その12)・「クアンシーの滝」見物

2018年9月ラオス&タイ旅行(その13)・「クアンシーの滝」からルアンパバーンに戻る

2018年9月ラオス&タイ旅行(その14)・メコン川沿いのカフェ「Saffron Coffee」で一休み

2018年9月ラオス&タイ旅行(その15)・ルアンパバーンのスーパーマーケット「D&T」

2018年9月ラオス&タイ旅行(その16)・ルアンパバーンのナイトマーケット再び

2018年9月ラオス&タイ旅行(その17)・朝のルアンパバーンをスクーターで散策

2018年9月ラオス&タイ旅行(その18)・タクシーでルアンパバーン国際空港へ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その19)・PG942(LPQ-BKK)でバンコクへ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その20)・ラオスからバンコクへ到着

2018年9月ラオス&タイ旅行(その21)・エアポートレイルリンク&MRTでホテルへ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その22)・Studio Asokeでチェックイン

2018年9月ラオス&タイ旅行(その23)・MBKで買い物。「プロポリススプレー」をゲット

2018年9月ラオス&タイ旅行(その24)・リノベーションスペース「Lhong 1919」へ

2018年9月ラオス&タイ旅行(その25)・エムクオーティエで「ビーポーレン」購入

2018年9月ラオス&タイ旅行(その26)・タイマッサージでリラックス。そしてエッグベネディクトで満足

2018年9月ラオス&タイ旅行(その27)・Grabでスワンナプーム国際空港へ。JL708(BKK-NRT)で帰国

2018年9月ラオス&タイ旅行(その28)・ラオスのクレカ事情

2018年9月ラオス&タイ旅行・Villa Phathana宿泊記

2018年9月ラオス&タイ旅行・Studio Asoke宿泊記




世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly