旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2019年02月

2018年11月キプロス旅行(その1)・久しぶりのヨーロッパ、キプロス共和国へ

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

ここ10年ほどアジアばかり旅している自分が行ってみたくなったのが、ヨーロッパの島国「キプロス共和国」。キプロスと言っても、周囲にわかってくれる人は少なく、一応に「それはどこ?」という反応。

cyprus_map



興味を持った理由は、島が南北に分断されていて、島の南側2/3は各国が承認している「キプロス共和国」が統治していて、北側1/3の地域はトルコのみが国家として承認している「北キプロス・トルコ共和国」が実行支配中。日本も「北キプロス・トルコ共和国」は国家として承認しておらず、外務省の「安全対策基礎データ」のページにも以下の記載があります。

日本政府は「北キプロス」を承認しておらず,ニコシアの在キプロス日本国大使館は,同地域で活動することは困難な状況ですので,「北キプロス」への入域及び滞在に関しては十分ご注意下さい。

※安全対策基礎データ「キプロス」はこちら


国家として承認していなくても、そこに住んでいる人はいて、独自の国家機構を持っているならある意味「国」。認めるかどうかは大人の事情といったところでしょう。

キプロスの場合、内戦によって南北が分断されていて、首都ニコシアも南北に分断され、国連キプロス平和維持部隊(UNFICYP)がグリーンベルトを設けて、今も南北の衝突をさけるべく駐在しているとのこと。

ただ、旅行者は南側の「キプロス共和国」から北側へ行ったりすることができる(北側から入国すると南側に行くのは面倒らしい)との情報があったので、俄然行ってみたくなりました。というのも、ドイツがまだ東西に分かれていた頃、東ドイツの中にぽつんと浮かぶベルリンに行き、東西に分断されていた東ベルリンに行った経験があるので「分断国家」というものを、また見てみたくなりました。

首都ニコシアにあった空港はキプロス紛争の中で放棄され、ラルナカという都市にある空港がキプロス共和国の玄関口となっているらしく、東京からのフライトを調べてみると
 ・カタール航空(QR)でドーハ経由
 ・エミレーツ航空(EK)でドバイ経由
が出てきました。他にもフランクフルト経由やウィーン経由も出てきましたが、現地での滞在時間が有効に活用できそうなのは上記2社のフライト。

しばらく使っていなかったアメリカン航空のマイルがあったので、ワンワールド加盟のカタール航空のラルナカ行きのフライトを特典航空券で予約できました。帰りがドーハでの乗り継ぎ時間が5時間と長く、香港経由やほかの航空会社をアメリカン航空の予約課の人に調べてもらいましたが、あいにく空席がありません。アメリカン航空の特典航空券は数日ホールドできるので、その間に希望のフライトの空席がでないかと期待しましたが残念ながら発券期限まで空席が出てこず、帰りはドーハ国際航空でゆっくりすると諦め、発券してもらいました。






↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

3月1日からd払いでdポイント40倍還元!キャンペーン

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

ドコモのバーコード決済「d払い」で決済するとdポイントが40倍になるキャンペーンが実施されます。

20190301_dpay_campaign




キャンペーン期間:2019年3月1日(金)10:00〜2019年3月31日(日)23:59

キャンペーン条件:・キャンペーン期間中にキャンペーンページからエントリーされた方
            ・キャンペーン期間中に対象店舗の街のお店のお買物をd払いアプリでお支払いされた方
            ・dポイントクラブ会員である方

対象店舗:d払いアプリがご利用可能な街のお店の全て(高島屋を除く)

プレゼント詳細およびお届け時期:
<プレゼント内容>
通常ポイントとは別に、ご利用金額200円(税込)につき、さらに39ポイントのdポイント(期間・用途限定)を、キャンペーンポイントとして後日進呈

<キャンペーンポイント進呈上限>5,000ポイント

<キャンペーンポイント進呈時期>2019年5月末までに進呈予定




「d払い」では200円に1ポイントもらえます。この通常ポイントとは別に39倍分のポイントがもらえるというもの。0.5%還元が20%還元になるので、PayPayのキャンペーンに対抗しているというところでしょうか。

ただし、付与されるボーナスポイントは「期間・用途限定」ポイントなのでJALマイルなどへの移行はできません。

上限ポイントが5,000ポイントなので、26,000円分使うと5,070ポイントがボーナスポイントになり(26,000÷200×39倍=5,070P)上限ポイントを超えてしまうので、大きな買い物には不向き。

コンビニやドラッグストアなどでの利用向きというところでしょうか。

「d払い」は電話料金合算払いの他、クレジットカード払いも利用できます。高還元率クレジットカードで支払えば、おトクさが増します(残念ながらkyashは登録不可)。

3月は「d払い」をうまく使って5,000Pのおまけをもらうべく、26,000円利用まで集中させたいと思います。

キャンペーンについて詳しくはこちら




↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2020年夏の羽田空港国際線の発着枠の拡張

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス




こんにちは、ヴァンダーです。

2020年夏の羽田空港国際線の発着枠の拡張に向けて、米国線の配分について、アメリカ側の航空会社が米国運輸省(DOT)に対して、路線の就航計画を提出したようです。

それによると、羽田−米国線では1日当たり24便が増える予定で、うち12便が米国側に配分されることになり、これに対してアメリカン航空(AA)、デルタ航空(DL)、ハワイアン航空(HA)、ユナイテッド航空(UA)の4社が以下のような申請をしたとのこと。

各社が申請した路線は次の通り。

DLは6便。優先度の高い順にシアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランド、そしてホノルル2路線。

UAは6便。最も優先度の高い路線としてニューアークとシカゴとワシントン、2番目の優先度としてロサンゼルス、3番目としてヒューストンとグアム。

AAは4便。ダラス・フォートワースとロサンゼルス、さらに2路線目のダラス・フォートワース、そしてラスベガス。

HAは3便分すべてをホノルル線。


現在の羽田-米国路線
current_HND_US_route



今回申請の羽田-米国路線
requesting_HND_US_route

※いずれもThe Point Guyサイトより。そのサイトはこちら


12便の枠に対して、合計19便が申請されているわけでこれから米国側の調整が入ることと思いますが、UAはANA(NH)、AAはJAL(JL)というアライアンスパートナーが存在するため、何便配分されるにせよ有利です。HAもJLと提携しているので、パートナーがいることになります。

それに対して、日本側のパートナーがいないDLは不利。成田発着路線をできれば羽田に移したいと考えているようですが、UAが「DLは軸足を韓国に移しているじゃないか」と横やりを入れているとか。

羽田国際線発着路線でDLが思ったような路線獲得をできなければ、日本路線を一気に縮小し、同じスカイチームのコリアンエア(KE)や中国東方航空(MU)との提携を進めていくのではないかと思っています。

それにしても、スカイチーム加盟各社の羽田国際線でのプレゼンスは他のアライアンスに比べて極端に低くなっています。できればDLに頑張ってもらいたいものです。




↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年2月13日、JALとアエロメヒコがコードシェアを開始

UQ mobile







こんにちは、ヴァンダーです。

海外の航空会社との陣取り合戦に忙しいJAL(JL)。2019年2月13日からメキシコのアエロメヒコ(MX)とコードシェアを開始しました。

20190212JL_MX

※アエロメヒコのリリースはこちら


アエロメヒコ(AM)はスカイチームの創設メンバー。JALはかつてワンワールドメンバーだったメキシカーナ航空(MX)と提携していましたが、同航空会社は2010年8月に運航停止、その後2014年4月に破産となり、メキシコの航空会社との関係がなくなっていました。

今回はガルーダ・インドネシア航空(GA)に続いて、またスカイチーム加盟の航空会社とのコードシェア。ANAとの対抗上、スターアライアンス加盟の航空会社とは組めないのでしょうが、アライアンスを越えた提携に積極的です。

JALのサイトにコードシェア先の一覧がありました。

201902JL_codeshare

※JALのコードシェアについてのサイトはこちら


スカイチームは中国南方航空が抜けて、現在19社。上の表にはまだアエロメヒコが追加されていないので、アエロメヒコを加えるとスカイチーム19社中6社と提携していることになります。まだまだ増えるのでしょうか。



■■■関連記事■■■

JALがガルーダ・インドネシア航空と包括提携。ANAはどうなる?




↓au回線でデータ通信が快適。海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能!
UQモバイル
UQ mobile




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

ドコモの「d払い」アプリの初期設定には「SPモード」回線接続が必須?









こんにちは、ヴァンダーです。

ドコモのバーコード決済「d払い」アプリの支払いクレジットカードに「AMEXカード」を設定できるようになり、「画期的だな」と思っていたら、アプリの説明画面に気になる一文がありました。

2019年1月22日よりドコモ回線をお持ちのお客様はドコモネットワーク(SPモード)接続から初期設定を行っていただく必要があります


Screenshot_2019-02-06-d_barai_3



これは「d払い」アプリの初期設定をする場合、SPモードで接続していないとダメってことですよね? 自分のドコモの回線契約はFOMA回線契約。スマホのネット接続はUQモバイル回線。そうなると、今は「d払い」アプリを使えているのでいいですが、アプリをログアウトでもしようものなら、再度、初期設定できなくなってしまうということでしょうか。

ちょっと怖くて設定を変更できなくなりました。

ドコモメールを他の端末から送受信できるようにする「マルチデバイス設定」のパスワード確認もドコモ回線から接続することが必須。こうやって、徐々に回線契約必須、しかもXi契約化させていく策略でしょうか。


■■■関連記事■■■

ドコモのバーコード決済「d払い」にAMEXカードを設定できる!



↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
直接契約よりライセンス購入がおトク
■Evernoteプレミアム版はソースネクストからの購入がおトク



■国内海外の無料Wi-Fi 環境を安全に

登録をお願いします
follow us in feedly