旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2019年10月

2019年7月香港旅行(その4)・深水埗の街をぶらぶら








こんにちは、ヴァンダーです。

香港1日目。

深水埗の街は観光客よりも地元の人が多い印象です。ローカルな食べ物屋さんも多いので便利そうです。暑くてへばっていたので、マンゴーシャーベットが食べられる店に入ってみました。広東語が分からないのでメニューを指差し注文。

201907_HKG (58)



出てきたマンゴーシャーベットは火照った体を冷ましてくれておいしくいただきました。

201907_HKG (57)



深水埗の名物は秋葉原のような電気街。

201907_HKG (56)



知り合いからiPhoneのDual SIMタイプが欲しいようなことを言われていたので近くの店に入って、値段のプレートを画像に撮って知人に送信。深水埗といえどもiPhoneの価格は正規店と変わらなさそう。

201907_HKG (59)



ただし、香港と中国で売られているiPhone XRは物理SIMカードを2枚入れられるタイプ。日本のiPhone XR
は物理SIMカードは1枚、eSIMが1枚となっているので、仕様が若干異なります。この時点ではまだ香港ドルが1香港ドル=14円ぐらいだったので、日本円に換算すると日本のApple Storeで購入するSIMロックフリータイプより若干安いかという程度で、香港だから激安ということにはなりませんでした。知り合いからは、もう少し安いかと思っていたとのことで、購入は諦めた様子。

香港はSIMロックフリーのスマホ天国ですが、価格の点では激安とまではいきません。日本で売られていないモデルが手に入るなどのメリットはありますが、なにせよ物価の高い香港。同じ端末だと免税制度のある台湾で購入したほうが安い場合もあります。ただ、この記事を書いている2019年10月になり、円高香港ドル安になっているので、為替レート次第ではおトクになる可能性もあります。

そんな電気街を冷やかし、Type-Cのジャックに繋げられるイヤフォンを買ったり、なかなか楽しいです。

201907_HKG (61)



職場への土産を買っておきたかったので、MTRで美孚駅へと向かいました。A出口斜め前のアパートの1階にあるベーカリーのヌガーが美味しいとネットで見たので今回のお土産に。

201907_HKG (65)



店内の手前はパン屋さんとパッケージに入ったヌガーがありましたが、奥の方にヌガーのバラ売りコーナーがあり、そちらで指定のヌガーの20個入りを購入。

201907_HKG (67)



ついでに大好きなパンも買って深水埗へと戻りました。夕食の時間帯で、人気店は行列ができていて入れそうになかったので、ちらほら人が入っていて入れそうな店に入ってみました。

ここでも店の前の料理の写真を指差しで注文。焼きそばと粽を注文しましたが、焼きそばは想像していたのと違って、バサバサしていて飲み物がないと飲み込めないような感じ。粽は名物らしく、美味しかったが、かなり量が多かったので、二品で満腹。考えてみれば炭水化物のみになってしまいました。

201907_HKG (70)



ホテルに帰る途中、漢方茶のお店あったので、風邪気味な自分に感冒茶を注文。ペットボトルに入れてもらいホテルに戻って飲んでみると、苦くて「漢方」という感じで効きそうでした。

201907_HKG (71)

201907_HKG (72)



この日は早朝のフライトだったこともあり、早めに寝ることにしました。


■■■今回のお店■■■

ヌガーを購入したお店はこちら
店名:多多餅店(Door Door Bakery)
住所:美孚美孚新邨百老匯街65號地舖(G/F, 65 Broadway Street, Mei Foo Sun Chuen, Mei Foo)



↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年7月香港旅行(その3)・A20バスで深水埗のホテルへ








こんにちは、ヴァンダーです。

香港1日目。

空港に着いて、まず向かったのがターミナル2の下にあるPLAZA PREMIUM LOUNGE。到着時でも使えるか聞いたところ、問題ないと言われたのでプライオリティパスと乗ってきたANA便の搭乗券を提示。

201907_HKG (17)



ランチ代わりにサラダと豆乳をいただいて満足。しばらく休んで、ホテルへ向かうバス乗り場へ向かいました。

201907_HKG (26)



今回のホテルは深水?にあるMinimal Culture Hotel。以前、このあたりを散策した際、下町のようで面白かったので今回はこのエリアのホテルを探し、レビューの良かったホテルを選択しました。

バスに1時間ぐらい乗って黄竹街のバス停で下車。Google Mapで確認するも、ホテルの場所がなかなか分からず、ぐるぐる回ってようやくホテルに着きました。ホテルは細長いペンシルビルのような外観です。

201907_HKG (29)



ホテルに入ってすぐ、普通は警備員がいそうなカウンターがホテルのフロント。パスポートを提示し、プリントされた宿泊カードにサインをして、カードキーを受け取り、手続き完了。デボジットは求められませんでした。今回はHotels.comで予約していたので宿泊代はネットで支払い済みです。

アサインされた部屋は15階。1フロアに部屋が2部屋しかありません。室内はミニマルの名前の通りシンプルを貫いている感じです。

201907_HKG (32)



窓のスクリーンカーテンが壊れていて巻き上がらないので、見てみるとレールにチェーンがはまっておらず、それが原因で空回りしている模様。自分ではめてみたものの、うまくできず半分しかカーテンが上がらない状態に。暑いから全開にすることはないのでいいかと自分で納得してそのままの状態にしました。

201907_HKG (33)



さて、室内の電源は出窓部分とベッドサイドの2つ。歯ブラシ、スリッパ、電気ポットなどは備えてありますが、コーヒーなどの用意はありません。自分は旅行の際に個別舗装のドリップコーヒーを持ってきているので、電気ポットとカップがあれば、それで十分。

201907_HKG (37)



バスルームはシャワーのみですが、仕切りとしてカーテンがあるので、シャワーを浴びるとバスルーム全体が水浸しになるということはないのがありがたいです。石鹸はなくシャワー脇の液体ソープのみの備え付けです。

201907_HKG (40)



自分はツインルームの一人利用なので余裕でしたが、二人で泊まったとすると、二人分のスーツケースを広げるスペースはなさそうです。ベッドの上でスーツケースを広げることになりそうです。

201907_HKG (45)



室内にはデスクやソファはない代わりに、2階にはコミュニティスペースのようなものがあり、デスクを使って何かしたいのであれば、2階を利用するのがよさそうです。

とりあえず水を買っておきたかったので、ホテルに来る途中に見かけたセブン-イレブンに行って2リットルの水を購入。Visa PayWaveで支払えました。少額決済の場合「かざすだけ」で決済完了するのは便利ですね。

部屋にミネラルウォーターを持って帰ったものの、冷蔵庫はないので常温で置いておくしかないです。暑い香港、できれば小さな冷蔵庫は設置してほしかったです。




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年7月香港旅行(その2)・NH859(HND-HKG)で香港へ








こんにちは、ヴァンダーです。

この日のフライトは羽田8:50am発のANA便。余裕をもって空港に向かうために早起きをするつもりが案の定、寝坊しました。5時に自宅を出るつもりが5時に目を覚ますという始末。急いで支度をして自宅を後にしました。

例年なら汗だくになって駅まで行っていたような記憶があります今年は涼しい朝でした。羽田空港国際線ターミナルに着くと、いつものようにまずはJAL-abcカウンターでスーツケースを受け取りました。自分が列に並んだときは4組ぐらいが自分の前に並んでいました、自分が荷物を受け取ってからは列を見てみると受け取り待ちが10組ぐらいに増えていました。自分の場合は待ち時間が少なくてラッキーでした。

201907_HKG (1)



今回はANAのセルフチェックイン機で手続き。荷物用のタグも出てきたので、スーツケースの取っ手に巻きつけ、バゲージドロップの列に並びました。

201907_HKG (2)



てっきりセルフチェックインすれば、荷物を渡すだけで済むのかと思っていたら、カウンターではパスポートに搭乗券、荷物の半券などを出すように言われて、スタッフが確認。これなら普通のチェックインと変わらない気がします。乗客自身に端末操作をさせて、ANA側の作業を減らしているわけだから、もっとスピーディーになるとかメリットがないものかと思ってしまいます。

北側のセキュリティチェックから入って出国審査。自動化ゲートを使おうとしたとこころ、ゲートで全台、前の人たちがエラーしているようで列が進みません。諦めて端末のところから離れた人に「事前に登録されていますか?」と聞いてみるとしていないとのこと。顔認証と違って自動化ゲートは事前登録が必要なことを知らなかったようです。

事前登録している自分は自動化ゲートであっという間に手続き完了。そしていつものTIAT LOUNGE ANNEXへと向かいました。今回はあまり滞在する時間はありませんが、寝坊のせいで朝食を取っておらず、何か食べたかったのです。

同じフロアのJALラウンジは改装中で、ワンフロア下のカード会社ラウンジのSKY LOUNGEがJALの代替えラウンジになっています。

201907_HKG (4)



玉突き的に中央部分のTIAT LOUNGEが閉鎖となり、TIAT LOUNGE ANNEXは混んでいるかと思っていましたが、中は普段通りのそんなに混んでいませんでした。

201907_HKG (10)



30分ぐらいラウンジに滞在して朝食をたべ、急いでゲートへと向かいました。すでに搭乗が始まっていて、エコノミークラスは前方後方のエリアで分けずに搭乗となっていました。

機体はボーイング777-300型機。エコノミークラスは後方の一区画のみ。だから前方後方に分けて搭乗案内をする必要がなかったようです。この路線はビジネス客が多いのか、ビジネスクラス席、プレミアムエコノミー席が大きく占めていました。

機内映画は「AQUAMAN」を見ていました。最近、公開される映画はファンタジー系の映画が多いですね。機内食はビーフオムライス。ハーゲンダッツのアイスも配られました。

201907_HKG (14)



エコノミークラスの座席が少ないメリットとして、エコノミークラスの乗客が少ないため、トイレが混むことがなくトイレもスムーズに使えました。

香港に近づき、降下を始めると風邪がまだ残っているのか、耳抜きがうまくできず、耳に痛みが。ヤバイ感じです。

香港国際空港のターミナルの端の方に到着し、シャトルを使って入国審査場へ移動。自分はe-channelを使って簡単に通過。荷物もさほど待つことなく出てきました。香港の空港は効率的にできているので快適です。





↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2019年7月香港旅行(その1)・デモが始まった頃の香港へ








こんにちは、ヴァンダーです。

HK_flag



本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案への抗議に端を発した香港のデモ。週末になると大勢の人が行政府のあるエリアでデモをしている様子がニュースで報じられていた2019年7月。

親からは「デモが行われて危ないから香港に行くのはやめたほうがいい」と言われたものの、自分の経験やネットで調べた情報では、デモは行政府のある香港島で行われていること、ニュースではショッキングに報道されていると自分は判断して、予定通り7月の海の日の祝日を使って香港に行くことにしました。

過去、ニューヨークテロが起きたときにニューヨーク・マンハッタンにいたこと、バンコクで政府側と反政府側の対立から戒厳令が発せられた際にもバンコクに滞在していたなどの経験から、情報を入手してうまく避ければ大丈夫だろうと思ったからです。

「無謀だ」と感じる方もいるかもしれませんが、自分は自己責任だと考えているし、親にもそのように伝えています。

念のため、今回も外務省の「たびレジ」に予め渡航日程と連絡先を登録しておきました。何か不測の事態があった場合、在香港日本総領事館から連絡が来るからです。
※「たびレジ」のサイトはこちら

「たびレジ」に登録後、どこでデモが予定されているかなどの情報がメールで送られてきました。その情報をもとに予定されているデモを避ければ、大多数の人は普通の生活を送っていて、香港全体が内戦になっているわけではないので、大丈夫だろうと考えました。

今回問題になっている「逃亡犯条例」ですが、可決されてしまえば、旅行者といえども香港から大陸側に(無実であっても何らかの罪を着せられ)引き渡される可能性がある法律です。

当事者でない自分が他国の政治に対して発言するのは問題があるかもしれませんが、個人的な意見としては、この法律により香港がますます香港でなくなってしまう気がして、デモ参加者側に同情したくなります。

また、「一国二制度」の根幹がゆらぎ、これが台湾問題へと飛び火しそうで個人的には非常に関心の高い問題です。

そんな状況の香港、今はどのようになっているのかも感じたくて予定通り訪れることにしました。自分の場合、香港に知り合いがいるので、いざとなったら助けてもらえるだろうという気持ちもありました、

4日間の旅を終えた結果から言うと、自分はデモに遭遇することもなく、普通に旅行を楽しめました。しかし、買い物に立ち寄ったショッピングセンター(New Town Plaza) で自分が訪れた翌日にデモ隊と警官隊の衝突があったと、あとからニュースで知りました。

一日違いで運良く自分は影響がなかったわけですが、この記事を書いている2019年10月には「マスク禁止規則」が制定され、ますます状況は混迷化しています。香港へ行かれる方は外務省の「注意喚起情報」なども確認し、充分に安全に配慮されるよう、お気をつけください。
※外務省の香港の「危険・スポット・広域情報」のサイトはこちら





↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


羽田空港のデルタ航空のラウンジどこに? TIAT LOUNGEはどうなる?








こんにちは、ヴァンダーです。


デルタ航空は「824平方メートルの空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」を2020年夏までに羽田空港国際線ターミナルに開設する予定」とアナウンスしていましたが、どうやら場所を決めたようです。

【成田空港第1ターミナルのデルタスカイクラブ】
NRT_skyclub

NRT_skyclub_2



Aviation Wireがデルタ航空の日本支社長の談話として、次のように報じています。

デルタ航空(DAL/DL)の大隅ヴィクター日本支社長は10月15日、羽田空港国際線ターミナルに新設するラウンジ「デルタ スカイクラブ」について、4階にあるTIATラウンジを改修して使用する方向性を示した。今後、羽田の国際線ターミナルを運営する東京国際空港ターミナル(TIAT)と協議し、2020年夏のオープンを目指す。

TIATラウンジはターミナルビル拡張工事に伴い、7月1日から一時的に閉鎖している。デルタ航空は現在、羽田に自社の専用ラウンジを保有しておらず、台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)やガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)など航空各社と共用するTIATラウンジを使用している。同ラウンジの閉鎖後は、5階にあるTIATラウンジアネックスを使用している。

※ソースはこちら


上記の話からすると、国際線ターミナル中央部分の「TIAT LOUNGE」を「スカイクラブ」に改修すると思われます。もしかすると面積確保のために隣の「SKY LOUNGE」とくっ付けて「スカイクラブ」にするのではないかと思っています。


【羽田空港国際線ターミナル・中央部分4階のラウンジ地図】
HND_4F

※現在は左側のTIAT LOUNGEを閉鎖中


カード会員用の「SKY LOUNGE」と航空会社共用ラウンジの「TIAT LOUNGE」はいずれも別館のANNEXの方だけが存続するのではないでしょうか。


【別館のTIAT LOUNE ANNEXとSKY LOUNGE ANNEXの地図】
HND_5F

※4階の「SKY LOUNGE」は2019年10月時点ではJALラウンジとして転用中


現在の「TIAT LOUNGE」「TIAT LOUNGE ANNEX」はスカイチーム系の航空会社の指定ラウンジになっていますが、デルタ航空の「スカイクラブ」がオープンすればスカイチーム系各社の指定ラウンジは「スカイクラブ」になるはず。そうなると航空会社共用ラウンジの利用者は減るので、別館部分だけで賄えるとラウンジ運営元の「東京国際空港ターミナル株式会社」は考えているかもしれません。「東京国際空港ターミナル株式会社」から将来の空港ラウンジの配置などは公表されていないため、これらはあくまで自分の推測です。

航空会社共用ラウンジを利用するために「エムアイカードゴールド」を保有している自分としては、なんとか「TIAT LOUNGE」、もしくは「TIAT LOUNGE ANNEX」をラウンジを存続させてもらいたいです。



■■■関連記事■■■

デルタ航空が成田-シンガポール線を撤退。成田離れが加速か

羽田空港国際線ターミナルのラウンジをクレジットカード提示で利用する際はご注意を!

羽田空港国際線ターミナルのラウンジあれこれ





↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly