旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2019年12月

2019年9月カンボジア・プノンペン旅行(その11)・イオンモール センソックシティで買い物








こんにちは、ヴァンダーです。

プノンペン2日目。

Grabでイオンモール2号店「イオンモール センソック シティ」に来ました。最初の印象は「デカい」。館内をすべて見て回るだけで半日以上かかりそうです。

201909_PHN (179)



中にはNewEraやSuperdry(ビールではなくアパレルブランドです)、A|X、デカトロンなどが入居。少し高級なショッピングモールといった感じです。中でも行きたかったのがデカトロン。7月に香港のデカトロンに行って、テンションが上がった記憶があります。スポーツ用品店でグッズを買うということはそれだけ余暇を楽しむ余裕があるということ。これには驚き。というかカンボジアを見くびっていました。ゴメンナサイ。

201909_PHN (185)

201909_PHN (187)

201909_PHN (189)



デカトロンで安くて有名なリュックサックは3ドル。香港より安いです。

201909_PHN (191)



自分はマイクロファイバーのタオルをセール価格でお買い上げ。香港で入手したのですが、水気を素早く吸って乾きも早いのでバスタオル代わりに便利。スペアが欲しかったので買っちゃいました。Lサイズがわずか4ドルでした。

201909_PHN (190)



デカトロンの入り口で警備員に持っていたリュックサックをロッカーに預けるように言われたのですが、暗証番号で閉じる電子ロックの扉がうまく作動せず、警備員の後ろのテーブルに置かせてもらいました。むき出しで置いてあるのでちょっと不安でしたが、警備員が「大丈夫」と頷いていたので信用してお願いしました。

買い物が済んで、デカトロンを出る際に警備員に目配せしてテーブルの上のバッグを受け取りましたが、問題ありませんでした。いい加減と言えばいい加減ですが。

店内を歩いて疲れたので、「Tous Les Jours」というベーカリーでランチ。

201909_PHN (180)

201909_PHN (181)



美味しそうなパンが並んでいたので3つも取ってしまいました。炭水化物の摂りすぎですね。店内に「Visaカードで支払うと25%off」のPOPがあったので、そのPOPを指差しながらVisaカードを提示するとレジ係は他のスタッフに確認して割引してくれました。ということは、何も言わなかったら割引してもらえなかったかもしれません。

201909_PHN (184)



このベーカリーですが、おそらくカンボジアの一般的な物価からするとやや高めの価格設定だと思います。そのためか、店内は外国人と思われる人や身なりがきちんとした人が多かったです。おいしいパンをいただいて、コーヒーを飲みながらゆっくりFire端末で読書。持ち帰り客が多く、店内が混んでいないので長居をしていても大丈夫そうでした。

201909_PHN (183)



腹が満たされた後は、イオンのスーパーマーケットで土産物の物色。スーパーマーケットエリアの前に土産物コーナーがあり、個別包装クッキーがあったので職場用にお買い上げ。実家用にはお茶をチョイス。

201909_PHN (186)

201909_PHN (194)



しかし、そのあとに向かったスーパーマーケットにも「カンボジア産コーナー」があり、そこにピーナッツとゴマの雷おこしのようなお菓子があり、そちらの方がかさばらなさそうなので、元の売り場に戻ってクッキーをキャンセル。クレジットカードで購入したので、一旦、カードの売上をキャンセルして、再度、お茶の分だけカード決済。店員さん、手間を取らせてゴメンナサイ。

201909_PHN (234)



再びスーパーマーケット内に戻って、雷おこしもどきとカンボジア産のコーヒーを購入。日本のスーパーマーケットのようにいろいろなものが陳列されていて、見ていると楽しいです。しっかりイオンのプライベートブランドのトップバリューもありました。

館内のA|Xを覗いてみると、50%offセール中のTシャツがあったので、いくつか見てみたのですが、セール価格でも30ドル。あいにく自分のサイズがなかったので購入は諦めました。

荷物も増えたので帰ろうと外を見ると大雨。やはり雨季だからでしょうか。

201909_PHN (192)



こんな状態でGrabの車が捕まるかどうか不安でしたが、運よくGrabで車を呼ぶとすぐに来てくれました。一旦、荷物を置くためにホテルへ戻りました。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年9月カンボジア・プノンペン旅行(その10)・国立博物館とトゥールスレン虐殺博物館見学








こんにちは、ヴァンダーです。

プノンペン2日目。

カフェをあとにして、近くの国立博物館へ向かいました。途中、トゥクトゥクが寄ってきて「王宮も博物館も昼休みで今は入れない。トゥクトゥクでどこにでも案内する」のようなことを言ってきました。確かに王宮は昼休みがあるとガイドブックに書いてありましたが、博物館の昼休みのことはガイドブックにもGoogleマップでも出てこなかったので、客を引っ掛けるでまかせでしょう。断って、そのまま博物館へ向かいました。

途中、カンボジアで作られた石鹸やフレグランス、アロマオイルなどを売っているおしゃれなお店が並んでいる通りがあり、どうやらアートストリートと呼ばれている通りらしいです。センスのよいスカーフなどもあり母親への土産にと考えましたが、どこも値段が観光客向けというか、それなりのお値段。店内を見るだけで出ちゃいました。

国立博物館に到着すると、ちゃんとオープンしていました。

201909_PHN (160)



トゥクトゥクのドライバーが言っていたことは、やはり客寄せのためのでまかせでした。中に入ると庭が落ち着いた感じで良さげです。

201909_PHN (161)



建物は中庭を囲んだ構造になっていて、効率よく一周できる造りになっています。

201909_PHN (162)



クメール文化の彫像が多く展示されていました。アンコールワットを見た時も感じたのですが、昔はこのような緻密な彫像を作る文化があったのにクメール・ルージュの時代に破壊されたのは残念でなりません。カンボジアに限らず、人類の文明は発達したのか、あるいは様々な道具を手に入れることによって退化したのか、考えさせられます。

201909_PHN (164)

201909_PHN (165)

201909_PHN (166)




歩き疲れたので中庭が見られるベンチに座って一休み。静かに時が流れ、彫刻に囲まれて平和です。

館内で仏像に拝んでいたら、係員から花を差し出されたので、花を合わせた手のひらに挟んで再度お祈り。そして仏像の前にお供えして、少しばかりのお賽銭を置きました。旅の無事と家族の健康を祈願。

カンボジアに来る前、クメール・ルージュについての文献は読みましたが、クメール文化について勉強しておかなかったので、この博物館の本質のようなものは理解できませんでしたが、ゆっくりとした時間が流れているいい博物館でした。

次に向かったのは文化を感じる博物館とはうって変わって虐殺博物館。Grabで車を呼んでトゥールスレン虐殺博物館へと向かいました。郊外にあるのかと思いきや、意外にも市内中心部にありビックリ。

201909_PHN (170)

201909_PHN (172)


トゥールスレン虐殺博物館は、元は高校だった建物をクメール・ルージュの時代に拷問で自白を引き出す場所とされたらしいです。当時、住民はプノンペン市内から強制的に地方に移住させられていたので、この場所でそのような虐殺が行われていたと知る人は少なく、また生きてこの場所を出られた人もほとんどいなかったそうです。

ユネスコの記憶遺産に指定されていることもあり、多くの観光客が訪れていました。

日本語のオーディオガイドを聞きながら館内を回りましたが、いかにクメール・ルージュが残忍なことをしたのかと繰り返し聞かされ、なんだか嫌な気持ちになってきました。

「嫌な気持ち」というのは、「虐殺」はクメール・ルージュがやったことで今のカンボジアは関係がない、特に現政権はこのクメール・ルージュからカンボジアを再建したのだというプロパガンダに聞こえてきたからです。

確かにここで多くの無実の人が死に至らしめられたのは事実、それは許されることではないですが、何か別の意図があるように思えてきたのです。ベトナムのホーチミンシティの戦争証跡博物館しかり、歴史はその時の施政者によってどうにでも作り変えられます。

一通り見て、なんだか気分が沈んだので、気分転換には買い物だとイオンモール2号店「イオンモール センソックシティ」に行くことにしました。

車は中心部から離れ、郊外へ向かいました。そこから見える景色は建設中の高層コンドミニアム立ち並んでいました。10年前のバンコクと現在のバンコクがまるで混在しているかのような風景です。









↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年9月カンボジア・プノンペン旅行(その9)・王宮とシルバーパゴダ見学








こんにちは、ヴァンダーです。

プノンペン2日目。

プノンペンに来た観光客ならまず行くだろうというスポットに行くことに。ホテルから徒歩で行ける王宮とシルバーパゴダ見学に行くことにしました。特に王宮は昼休みがあるので、朝から見ておいたほうがよさそうです。

ホテルから王宮の入り口まで裏道を歩いていると、やたらと汗をかきます。気温が高く、かつ湿度も高いので、まだ身体がここの気候に慣れていないようです。

201909_PHN (131)



シルバーパゴダと王宮の間に観光客用の入り口がありました。中に入ってチケット購入。ハーフパンツでの入場はダメとのネット情報がありましたが、自分の場合、Tシャツにハーフパンツ、スニーカーという服装でしたが問題なく入場できました。

201909_PHN (153)

201909_PHN (135)



王宮は観光客には一部しか解放されていないので、チラ見するだけ。

201909_PHN (136)



お隣のシルバーパゴダはエメラルドブッダが見どころのようです。いずれも内部の撮影は禁止で外から建物を撮ることしかできません。それにしても暑いです。木陰に入るといくぶん気温が下がるのでしばし休憩。

201909_PHN (144)

201909_PHN (147)

201909_PHN (150)


やはり観光客が多くて、日本人の団体さんも見かけました。それよりも中国人観光客も多く、あちこちでポーズを取ってスマホで撮影大会。大胆です。

さて、王宮とシルバーパゴダですが、タイの王宮や寺院と比べると、歴史が浅いからか、様式が似ているからか残念ながらあまり感動しませんでした。暑さでボーッとしていたからかもしれませんが。

出口近くの土産物屋前には猫がくつろいでいました。人を怖がるわけでもなくなれている様子。癒やされました。

201909_PHN (151)



出口から出る際に係員がミネラルウォーターを1本くれました。暑いのでありがたいです。

201909_PHN (152)



王宮を出て、リバーサイドに行くと、川面を横切る風が心地よかったです。

201909_PHN (154)



しばらく川の流れをボーッと見ていたのですが、暑くて耐えられなくなってきたので、近くに見つけたCafe Amazonに入りました。タイでよく見かけるカフェですが、カンボジアにも進出しているようです。

201909_PHN (157)



店内はそんなに混んでおらず、ソファ席やテーブル席など選び放題。2階の窓際席に行ってみると、外からの陽射しがきつくて暑かったので、1階のソファ席に陣取りました。ゆっくり旅行記の記録などもつけて休むことに。店内の様子はバンコクと変わらず、そして人々の話し声も大きくなくて静か。リラックスできます。

201909_PHN (158)


一休みして、汗もひいて元気が戻ってきたので、次の目的地に行くことにしました。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

019年9月カンボジア・プノンペン旅行(その8)・G Eleven Hotelの朝食








こんにちは、ヴァンダーです。

プノンペン2日目。

外で犬が吠えて騒がしいので目が覚めました。時計を見ると6時半。まだ眠気は残っていましたが、シャワーを浴びることに。シャワーヘッドを固定する金具が壊れていて、片手で持つか、引っかけるか、床に置くかしないといけないので、使い勝手が悪いな、と思いつつもシャワーを浴びるとサッパリ。

朝食は8時からなので、それまでの間、部屋で旅行の記録をノートに書いて過ごしていました。やはり旅行初日はいろいろイベントがあって、書くことがたくさんあります。8時になったので、1階の食堂に向かいました。メニューから料理を選ぶように言われ、オムレツ&トーストのセットをお願いしました。コーヒーとジュースはセルフサービス。

201909_PHN (117)

201909_PHN (128)



テーブルに座って、コーヒーを飲みながらFire端末でガイドブックを見ながら今日の予定を立てていると、後ろから呼ぶ声が。オムレツとトーストができたようです。取り立てて特徴のあるメニューではありませんが、普通においしくいただきました。オレンジジュースがフレッシュジュースでないのは残念でした。

201909_PHN (129)



自分が食べている間に食堂に来た宿泊客はもう1組のみ。直前に予約状況を確認したところ、満室のようでしたが、宿泊客がたくさんいるような気配は感じません。

普通のオムレツとトーストをいただいて、Fire端末でガイドブックを見ながら今日の予定をおおよそ立てました。その間に来た宿泊客はもう一組のみでした。コーヒーのおかわりをいただいてゆっくりしていましたが、なんだか落ち着かないので部屋に戻ることにしました。

さて、初めてのプノンペン。ガイドブックで観光スポットを確認して、この日は普通に観光スポットを回ってみることにしました。ホテルが王宮の裏手にあるので歩いて行けます。少し離れたトゥールスレン虐殺博物館へはGrabで車を呼んでいけばよさそう。プノンペン市内には電車のような公共交通機関はないので、慣れていない自分は徒歩かGrabの車移動を使うしかなさそうです。





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村

2019年9月カンボジア・プノンペン旅行(その7)・G Eleven Hotelへチェックイン








こんにちは、ヴァンダーです。

プノンペン1日目。

プノンペン国際空港の到着出口外のベンチに座って、Grabアプリを立ち上げました。ここで車を呼べるか確かめてみると、どうやらできそうです。

ただ、Grabアプリにホテル名を入力しても候補に表示されなかったので、GoogleマップでホテルをタップしてGrabアプリへ連携。そうするとGrabアプリで行き先として宿泊ホテルが入力できました。そして「Grab Car」をタップして車を手配。

すると車は近くにいると表示されるのですが、どこに車があるのか分からず。ドライバーから電話が入ったのですが、電波の調子が悪いのか言葉が通じないのか、自分のいる場所をうまく伝えられず一旦、電話を切りました。また掛かってきたのでキョロキョロしていると、近くにドライバーさんがスマホを手に振りながら、笑顔で近づいてきてくれました。

そのドライバーさんについて車に乗り込みホテルへと向かいました。ガイドブックに掲載されている正規のタクシー料金の約半分ぐらいで済みました。東南アジアではGrabアプリが便利です。

201909_PHN (110)



暗い横道を入ってホテル前に到着。

201909_PHN (121)



ホテルのフロントには若い兄ちゃんが一人いました。今回のホテルはagodaで予約していました。名前を告げてパスポートを提示し、プリントアウトされた書類に名前とサインだけをして手続き完了。デポジットは求められませんでした。

部屋は2階の部屋。大きなベッドがあり、室内のインテリアは簡素です。

201909_PHN (111)

201909_PHN (112)



エアコンの羽根が壊れていてスィングできないとか、シャワーヘッドを引っ掛ける部分が壊れているとか、メンテナンスがちゃんとされていない感じです。

201909_PHN (114)



それでもベッドは清潔そうだし、トイレットペーパーも2つ置いてあるとか(ジョグジャカルタのホテルにはなかったのです)、ミネラルウォーターのボトルも2本、コーヒーなどのアメニティキットもあり、冷蔵庫付き。ジョグジャカルタのホテルに比べるとずっとマシです。

201909_PHN (113)



ただ電気ポットがないのにスティックコーヒーがあったのでフロントに「電気ポットがない」と伝えると食堂のウォーターサーバーのお湯を使うように言われました。

201909_PHN (116)



夜も遅いので何か食べ物の調達をしたく、Googleマップであたりをつけた店に行ってみましたが、ドリンクとスナック程度しかありませんでした。暑い土地柄、ホテルの無料のミネラルウォーターだけでは足りなさそうなので1.5リットルのミネラルウォーターだけを購入。ホテルへ戻る途中、いくつかローカルな食堂を見て、ステーキを焼いていた屋台のような店があったので、持ち帰りでステーキ注文。

201909_PHN (122)



野菜もついて5ドルでした。ホテルの部屋で食べると、肉がしっかり噛み応えがあって美味しかったです。

201909_PHN (123)



外の雨が小雨から本降りになってきたのでこの日の外出は諦めて、翌日行動することにして、この日は早めに寝ることにしました。





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly