旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2020年06月

2020年2月マレーシア旅行(その12)・KLIAエクスプレスにTouch 'n Goカードで乗車。残高不足で改札から出られない場合は?








こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア旅行最終日、ホテルからKL Sentral駅にはGrabアプリで車を呼んで移動。KL Sentral駅からはKLIA Ekspressで移動することにしました。

Touch 'n Goカードの残高を残さないために、乗車券販売窓口で残高を確認して、あと何リンギットトップアップすれば乗車できるか聞いてみると、40リンギットと言われました。窓口では残高確認しかできず、トップアップはセブンイレブンに行くように言われました。

セブンイレブンで40リンギットのトップアップをお願いしたところ、10・20・50リンギット単位となるため、40リンギットのトップアップはできないと言われました。仕方なく50リンギットを出してトップアップ完了。レジの後ろに列ができていたので、焦っていたのですが冷静に考えれば、20リンギットを2回操作してもらえばよかったと後悔。また、Touch 'n Goカードの残高が中途半端に残ってしまいます。トップアップには手数料(0.5リンギット)がかかるので、店員さんは「2回分の手数料より1回分の手数料の方がいいだろう」と考えてくれたのかもしれません。

運良く出発間際のKLIA Ekspressに乗ることができ、車窓から濃い緑が生い茂る風景を眺めながらマレーシア滞在を惜しみつつ空港へ。


202002_KUL (154)



KLIAに着いて自分は自動改札を問題なく通過できましたが、友人はゲートが閉まって出ることができません。どうやらTouch 'n Goカードの残高が足りないようです。ゲート脇のスタッフに状況を話すと、友人は改札内に残し、自分を窓口へと連れていきます。友人のTouch 'n Goカードを出して状況を説明すると、端末にカードをかざして残高を確認している模様。10リンギットトップアップすればいいとのことなので、払おうとするとこの窓口ではトップアップできないとのこと。

またスタッフに連れられて近くのマシンへ。画面で10リンギットのボタンを押して20リンギット札を入れようとしたところ、スタッフが「20リンギット札を入れると20リンギットトップアップされる」と言うのです。じゃあ画面で10リンギットを選ぶのは何のためかと不思議に思いつつ、財布の中を探すも10リンギット札はなし。スタッフにお願いして10リンギット札2枚に交換してもらいました。10リンギット札を機械に入れて無事トップアップ完了。

そのTouch 'n Goカードを友人に渡して無事、自動改札を通過することができました。しかし、通れなかった友人ではなく、自分がなぜ窓口に行かなければならなかったのかが不思議です。普通は通れなかった人が手続きするのでは、と思うのですが。

つくづく日本の自動精算機の仕組みは便利だと痛感しました。






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行(その11)・The RuMa Hotel and Residenceの朝食








こんにちは、ヴァンダーです。

クアラルンプールで滞在したThe RuMa Hotel and Residenceの朝食はM階にあるレストランでいただきます。


202002_KUL (117)

202002_KUL (152)



ホットミールはメニューから選んでスタッフに注文。コールドミールはブッフェスタイルという形式でした。しかもホットミールはいくつ頼んでもいいとスタッフが言ってくれたので、ヌードルと卵料理を注文。


202002_KUL (116)

202002_KUL (120)



パンが美味しくて、朝から腹一杯食べてしまいました。

友人が言うには、すべてブッフェスタイルだと一通り食べたくなるので、このホットミールは注文する形式だと食べ過ぎないからいいとのこと。自分はパン好きなので、パンが数種類あるとそれぞれ試したくなり、ついつい食べ過ぎてしまいます。

滞在中、ホットミールのメニューは2日とも同じでしたが、チョイスする料理を変えたりすれば、飽きることはないと思います。

コーヒーがなくなるとスタッフが気づいてすぐに注ぎに来てくれるなど、サービスにも満足。このホテルはBooking.com経由で予約したのですが、ジーニアス特典で割引になり、2泊で約27,000円(キャンセル不可料金)。朝食、飲み放題のミニバー付きで1泊約13,500円、一人あたり約7,000円弱で済んだので、かなり満足度の高い滞在となりました。

マレーシアはホテル代が全体的に安く済むのでありがたいです。




↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行(その10)・The RuMa Hotel and Residenceのプールサイドでまったり








こんにちは、ヴァンダーです。

クアラルンプール2日目。ホテルへ戻り、火照った体を冷ますべくプールへと向かいました。このホテルのプールは6階にあり、プール部分が建物から突き出したような形になっています。


202002_KUL (88)

※建物から横に突き出ている部分がプールです。


プールサイドは天井がある屋内エリアと、屋外エリアに分かれています。

202002_KUL (129)

202002_KUL (131)




南国の陽射しは強烈なので屋内エリアで直射日光に当たらない方がゆっくりとくつろげます。部屋の飲み放題のミニバーから持ち出したドリンクを飲みながらプールサイドで一休み。

プールに入ると、建物の隙間からペトロナスツインタワーが見えました。水が太陽の熱で温められたのか、ぬるい感じだったので気分は露天風呂。高層ビル群を眺めながらゆらゆらと水に浮かんでいると癒やされます。

202002_KUL (128)

202002_KUL (141)



The RuMa Hotel and Residenceはブキッ・ビンタンとKLCCの中間にあり、設備・サービスとも充実。そしてクアラルンプールで唯一「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(The Leading Hotels of the World)」に加盟しているホテルです。にもかかわらず、お手頃価格で満足のいく滞在となりました。





↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行(その9)・ワンウタマショッピングセンターへ。帰りにチャイナタウンのカフェに立ち寄り








こんにちは、ヴァンダーです。

クアラルンプール2日目。この日は観光客向けではないショッピングセンターに行ってみようということになり、以前、自分が行った「ワンウタマ(1UTAMA Shopping Center)」という巨大ショッピングセンターへ行くことにしました。ブキッ・ビンタンから電車で乗り換えなしに行けるので便利です。

館内は広く、人も多く賑わっていました。館内には森があるという東京ではありえないような贅沢な空間の使い方。そして「あの店に戻りたい」と思っても、方向感覚がつかめないので、行ったり来たりする羽目に。館内を見て回るだけでもかなりの運動量です。


202002_KUL (122)



このショッピングセンターにはスーパーマーケットのイオンが入居しています。ばらまき土産を買うべくイオンに向かいました。食品売り場を見て、日本食の惣菜の多さに友人は「これならクアラルンプールで暮らせるかも」と言っていました。


202002_KUL (121)



イオンにあったマレーシアのイオンプラチナカード広告、カードのデザインがかなりGoodです。


202002_KUL (125)



いつもマレーシアに来ると買う袋詰めのチョコレートやコーヒーなどを買って、疲れたのでカフェで一休み。大きなカップに並々と注がれたブラックコーヒーを飲みながら「平和だよね」と話していました。子供連れの地元客が多いからか、緊張感は全くなし。


202002_KUL (123)



館内を全て見て回るのは到底無理なので、戦利品を入手して撤収。ブキッ・ビンタンに戻り手前のPasar Seni駅で下車してチャイナタウンをチラ見。そして向かったのは「Mingle Cafe」です。最初はお気に入りホテル「Tian Jing Hotel」のカフェに行こうと思ったのですが、あいにく満席。それで「Mingle Cafe」にしました。このあたりにはおしゃれカフェがいくつもあるので便利です。


202002_KUL (126)



このカフェは古い建物を改装しているので店内はアンティークな雰囲気。ここも満席のようでしたが、運良く出て行くグループがいてテーブルが空きました。

ハーブティーとケーキを注文。ケーキが意外にこってりしていてお腹いっぱいに。


202002_KUL (127)



ひとしきり雑談をしてホテルへ戻ることにしました。






↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


2020年2月マレーシア旅行(その8)・クアラルンプール初日はブキッ・ビンタン周辺を散策








こんにちは、ヴァンダーです。

マラッカからクアラルンプールに移動した日、長時間バスに乗っていて疲れたのでマッサージを受けに出かけることにしました。向かった先は屋台街で有名なアロー通りの近くです。

マッサージ屋さんが軒を連ねていて、呼び込みも激しいです。自分はバンコクで慣れているからか、そんなに臆することはありませんでしたが、同行の友人は圧倒されていたようです。マッサージ屋さんの善し悪しは店構えというより、最終的にはマッサージ師さんとの相性。小綺麗でカード払いできるところならいいかなということで自分が決めました。


202002_KUL (108)



全身マッサージをお願いすると、ベッドのある2階へ案内されました。若い兄ちゃんが担当で「オイル?」と聞かれましたが、自分はオイルマッサージが好きではないため「ノー、オイル」と答えると分かってもらえたようで、オイルなしの整体マッサージになりました。

外が暑かったので、空調の効いた店内は快適。心地よい推し加減で45分間のマッサージがあっという間に終わりました。マッサージ代はレジでカード払い。55リンギット(約1,510円)と激安。しかもマレーシアはチップ不要の明朗会計です。

その後、ちょっと早めの夕食ということで以前マレーシア人の友人に連れて行ってもらったバクテーのレストランへ行くことにしました。ブキッ・ビンタンの裏手の方にあるのですが、Googleマップのアプリを使って移動するも、なぜか分かりにくいのです。前回、マレーシア人の友人に連れてきてもらった際も友人が迷っていましたが、今回は自分が迷う羽目に。道が入り組んでいるから分かりにくいのかも知れません。

なんとかたどり着いて、せっかくなので外テーブルで空調の脇のテーブルに座らせてもらいました。メニューには写真が付いているので注文も安心。こういう鍋料理は一人旅ではなかなか食べることができません。


202002_KUL (109)



バンコクで食べたバクテーは胡椒たっぷりでしたが、このレストランのバクテーのスープの味はあっさり。二人でたっぷり食べて130.45リンギット(約3,600円)。満足です。


202002_KUL (110)



初クアラルンプールなら見なきゃいけないでしょと、帰りは友人と散歩がてらにKLCCまで歩いて、ペトロナスツインタワーを公園から見学。


202002_KUL (115)



このタワー、高すぎてフレームに納めるのが難しいです。ホテルはKLCCのすぐ脇。ブキッ・ビンタンやKLCC周辺の散策には便利な立地です。





↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
直接契約よりライセンス購入がおトク
■Evernoteプレミアム版はソースネクストからの購入がおトク



■国内海外の無料Wi-Fi 環境を安全に

登録をお願いします
follow us in feedly