旅とスマホと徒然と

旅が好きな普通の勤め人です。 海外旅行を中心に、スマートフォン、現地SIMカード、マイル、ポイント、ラウンジ情報、クレジットカードなどについて気が向けば書いていきたいと思います。

2020年12月

2020年11月は台湾へ行く予定でした








14969226

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

自分の旅行の記録としてこのブログに記事を書いていましたが、今年に限ってはキャンセルした記録ばかり。2020年11月は文化の日の祝日を使って、台湾へ行く予定でした。ANAのマイルを使ってエバー航空(BR)のフライトを予約していました。


202010TPE_cancel



8月にANAから運休の連絡が来ていましたが、8月の時点は「秋になれば状況が変わるかも」と思いながら、予約をそのままにしていました。しかしながら9月になっても状況は変わらず、諦めて予約センターに電話をしてキャンセルしました。

2万マイルはすぐにマイル口座に返却され、諸税約1万円は3週間ほどでクレジットカードに返金されました。

想定外に増えるマイル残高。このマイルを活用できる日が来るのか、心配になります。




■■■関連記事■■■

2020年ゴールデンウィークの台湾・高雄行きキャンセル顛末

BAマイルで予約したJAL国内線がキャンセルに。帰省を諦める(2020年6月)

2020年7月の週末4連休はタイへ行く予定でした

2020年9月のバリ島行きはキャンセル。デルタ航空の予約画面は信用できず









↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


「PayPay」のアカウントに青いバッジを付けるためには?







13515928

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。


paypay



QRコード決済アプリの「PayPay」。クレジットカードを紐付けして利用しても、PayPayのポイントが付与されるわけでもなく、積極的に使いたい決済手段ではありません。

とはいえ、個人商店などでは現金かPayPayしか利用できないという店もあり、たまに活用しています。

「Kyash Card」が本人認証サービスに対応したこともあり、過去24時間および過去30日間で2万円まで利用できるようになっているのですが、これを引き上げるにはどうすればいいのか疑問でした。

試しにジャパンネット銀行の口座を登録して、本人確認を口座情報で行ってみました。その直後は何の変化もありませんでしたが、翌日になると、表示名の横に青いバッジが付いていました。そしてクレジットカードの利用金額も25万円までに増額されていました。



【アカウント画面の表示名横の青いバッジ】 ※赤線の囲み部分
PayPay_blue_badge_1



【青いバッジが付く前の利用限度額】 ※赤線の囲み部分。2万円まで
PayPay_blue_badge_2



【青いバッジが付いた後の利用限度額】  ※赤線の囲み部分。25万円まで(画面では利用分が減算されています)
PayPay_blue_badge_3



【PayPayの青いバッジについての説明】
PayPay_blue_badge_FAQ

※この「表示名の隣に青いバッジが表示される」説明ページはこちら



ジャパンネット銀行を選んだのは、PayPayと同じ「Zホールディングス」傘下の銀行で相性がいいと思ったからです。偶然、口座をもっていたので登録に利用しました。2021年4月に「PayPay銀行」に名称変更するらしく、その名前を好きになれないので最近は利用を止めて残高を0円にしていました。

PayPay_Bank

※PayPayで利用可能な金融機関はこちら


PayPayへの口座登録だけなら、残高は関係ないようで0円の残高でも登録や本人確認はできました。

このことから、青いバッジを付けるには、本人認証サービスを使ったクレジットカードの登録だけでは不十分で、銀行口座の登録と本人確認を経る必要があるのだと思いました。


■■■関連記事■■■

PayPayアプリのクレジットカード登録枚数上限は?









↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


実はできる子だった「Kyash Card」







13515928

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

VisaやMastercardブランドのクレジットカードと組み合わせて使うとおトクな「Kyash Card」。ネットショッピングで安全に使う「本人認証サービス」に対応していなかったので、PayPayなどのQRコード決済アプリでは、登録できなかったり、上限金額が下げられたりしていました。


Kyash_card_Navy



それが2020年11月17日から突然、本人認証サービスに対応したとメールでお知らせが届きました。


20201117_kyashcard

※Kyashの本人認証サービス対応のお知らせはこちら


それまでPayPayに登録しても、本人認証サービスに対応していなから30日間の利用金額が5,000円までに制限されていましたが、本人認証サービスで登録すると通常のクレジットカードと同様の金額まで引き上がりました。

先月(2020年10月)には、それまで利用できないとされていた「宿泊費」「航空券購入」の支払にも対応。


20201002_kyashcard

※Kyashのホテル等での支払いに関するお知らせはこちら


仕組み上「プリペイドカードだから仕方がない」と諦めていたことが次々実現して、「やればできるんじゃん」と思わせられました。

とはいえ、QRコード決済アプリに登録して「Kyash Card」を使われるのが、本来想定していたことではないとすると、ポイント還元対象外になる可能性もあります。また、ポイント還元対象外に「交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)」という文言があるため、航空券決済をした場合にポイントが付くのかどうかは不明です。航空券購入にKyash Cardを利用してポイントが還元されるか、気になります。



■■■関連記事■■■

TカードPrimeとKyash Cardを組み合わせて、キャッシュバックとポイント投資

Kyashチャージでも獲得。TカードPrimeの新規入会特典

いまマイルを貯めるべきか、ポイントを貯めるべきか

今まで活用していなかったTポイントが自分の中で復活







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村


記事検索
プロフィール

wanderlust

タグクラウド
自分も活用おすすめクレジットカード
■利用付帯の海外旅行傷害保険は、自動付帯のカードと組み合わせると長期旅行も安心



自分も活用おすすめ旅行予約
■10泊すると1泊ボーナス。
Hotels.com

自分も活用おすすめサービス
■Pontaポイントでリラクゼーションサロンも予約可能
ホットペッパービューティー



■航空運賃比較やスケジュール検索にも役立つ
スカイスキャナー



■楽天ポイントが貯まる!使える!
楽天モバイル



■au回線で快適な格安SIM
※海外版Xiaomi Mi Mix 2Sなら「マルチSIM(VoLTEプラン用)」を選択でデータ通信可能
UQ mobile


■自分も活用中の超格安なIP電話。国内固定へ約0.9円/分、携帯へ約3.2円/分。1つのIDで複数端末から利用可能!
CheapViop


■あの「マニフレックス」のマットレスががアウトレット価格で買える!
【マニフレックスのアウトレット】



■SIMロックフリースマホの新古品・中古品が安い!
イオシス



■ポイントが貯まる。ポイントで支払えるおトクな新電力!
【楽天エナジー】



■祝電・弔電の電報サービス!
VERY CARD
登録をお願いします
follow us in feedly