こんにちは、ヴァンダーです。

2017年11月に旅客管理システムをAmadeusに移行させたJALですが、相変わらず不安定なようです。

自分の場合、システム移行前に作成した旅程なのでうまく新システムに対応できていないのかもしれませんが、画面の指示通りに操作しても、意味不明なエラーが出現して困りました。


予約済みの航空券確認画面を見てみると「フライトイレギュラー」の表示がありました。

err0



「フライトイレギュラー」をクリックすると、次画面で確認を促すダイアログボックスが出現。

err1



次画面を見たところ、スケジュールの変更内容は分からず、エラー画面が表示され、結局電話しないとどうなっているのか分かりません。

err2



土曜日の朝8時にかけたのですが、担当者が出るまで1時間待ち。フライトスケジュールの変更内容は、出発が15分早まったとういうものでしたが、それを知るまで1時間の電話がかかるとは信じられません。

スケジュール変更があるなら、メールで知らせてくれてもいいようなものなのに、「メールでお知らせするのはJAL便のみです」とのこと。

システム移行から2カ月以上経っているのですが、まだ不具合が多く、予約センターの電話は混みあっているとのこと。

JALの植木社長は2017年10月31日に開催した2017年4~9月期決算会見で、2017年11月16日の旅客系の基幹業務システム刷新を前に「不安よりもワクワク感の方が大きい」と語っていたようですが、今も「ワクワク」していらっしゃるのでしょうか? ユーザーは「イライラ」しています。

自分はJALの平会員なので通常の有料ダイヤルしかつかえません。また、携帯電話のかけ放題などの契約をしていないので、海外のIP電話サービス(Cheap Voip)を使って電話をしました。音質は携帯電話より落ちますが、料金が激安なので1時間待っても精神的に救われます。

せめて、新システムが安定するまでの間、もう少し電話がつながるようにしてもらいたいものです。


■■■関連記事■■■

JALのシステム移行日が迫ってきました

JALのシステム移行が終わって

通話アプリの使い分け




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村