こんにちは、ヴァンダーです。バンコク4日目、最終日。

ようやくアシアナ航空の搭乗手続きが始まったのでカウンターへ。アシアナ航空のチェックインはK列でした。

201712BKK_TPE (109)



帰りの旅程は奮発してビジネスクラス。特典航空券の帰国便でいい時間帯のものがビジネスクラスしかなかったんです。帰りはソウル経由で台北に向かい、台北で一泊して東京に戻る旅程です。

BKK-ICNとICN-TPEのボーディングパスを発券してもらい、出国審査が優先的に受けられる「プレミアム・レーン」のクーポンと「ミラクルラウンジ」のラウンジクーポンをもらいました。

アシアナ航空はスターアライアンス加盟なので、ラウンジはタイ国際航空のラウンジかと思っていたら、プライオリティパスでも利用できる「ミラクルラウンジ」でした。

201712BKK_TPE (119)



プレミアム・レーンもさすがに繁忙期で混雑していました。タイでは出国審査の入国の際に記入した書類の半分(Departure card)が必要なんですが、それをなくしたか記入していないという人が多く、それで余計な時間がかかるということもあります。「人の振り見て我が振り直せ」で自分はしっかり準備するようにしています。

出国審査を終えて、VATの払い戻しカウンターへと向かいました。ここでも行列。列の進みの遅さにみなさん若干イライラしながら並んでいると「時間がないから先頭に並ばしてくれ」と叫んでやってきた人がいました。

でも、カウンターのスタッフから「みんな並んでいるんから、後ろに並ぶように」と言われ、文句を言いつつ立ち去っていきました。20分ぐらい待ってようやく税金の払い戻しを受け、向かった先はエバー航空のラウンジ。

アシアナ航空からもらったラウンジクーポンは「ミラクルラウンジ」のものでしたが、スターアライアンスのエバー航空のラウンジが使えるはずなので、そちらに行くことにしました。以前利用したことがあり、いいラウンジだったんですよね。

201712BKK_TPE (124)



受付でアシアナ航空のボーディングパスを見せると問題なく入室させてもらいました。受付の際、シャワールームを使いたい旨を告げると、ボーディングパスを受付で預けて、代わりに番号札を渡されました。7人待ちだそうです。スタッフからは「順番が来たら、声をかけるのでラウンジで寛いで」と言われ、とりあえず腹ごしらえ。

さすが台湾の航空会社のラウンジだけあって、点心があるのが特徴です。

201712BKK_TPE (114)



おいしい料理をいただきながらゆっくり。

201712BKK_TPE (118)
201712BKK_TPE (117)



ラウンジ内のインテリアはモダンな感じ。Fire端末で読書をしながらシャワーの順番が回ってくるのを待っていましたが、いつまでたっても呼び出しがかかりません。搭乗券を受付に預けてあったので搭乗時刻も分からず、受付に状況を確認しに行きました。

201712BKK_TPE (116)



順番はあと2人だそうで、搭乗開始まで45分なので何とかなりそうです。席に戻って読書をしていたらスタッフが近づいてきて、シャワールームの鍵を渡してくれました。

シャワールームはきれいに清掃されていて、清潔そのもの。搭乗開始まで30分しかなかったので、急いでシャワーを浴びて昼間の汗を流し、着替えて身づくろい。日中はめていたコンタクトレンズもはずしてメガネに替えて、ナイトフライトに備えました。

201712BKK_TPE (121)
201712BKK_TPE (122)
201712BKK_TPE (123)



受付で鍵と交換に搭乗券を受け取って、ラウンジをあとにゲートへと向かいました。慌しかったものの、スッキリすることができました。





↓世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村