こんにちは、ヴァンダーです。

昨年、マイレージプログラム「アエロプラン」を提供するAimia社との提携を終了し、2020年に自社で独自のロイヤリティプログラムをスタートさせると発表したカナダの航空会社エア・カナダ。
※その際のエア・カナダ社のリリースはこちら


ところが、2018年7月25日、「エア・カナダ、トロント・ドミニオン銀行(TD).カナダ帝国商業銀行(CIBC)、Visaカナダ」の4社共同でAimia社に「アエロプラン」の買収を提案しました。
※今回の買収提案のエア・カナダ社のリリースはこちら

20180725AC



マイレージプログラム「アエロプラン」は2002年にエア・カナダからスピンオフし、それ以降、Aimia社によって運営されてきました。そして、昨年エア・カナダは2020年から独自プログラムをスタートさせると発表したことにより、「アエロプラン」は会員引引き止めのため、2020年以降はもっとフレキシブルな旅行特典を提供すると会員にアナウンスをしていました。

201807Aeroplan



その矢先のエア・カナダによる買収提案に正直驚きました。買収提案の理由は、「アエロプランの会員を新しいエア・カナダのプログラムに移行させること」ということが挙げられていますが、そもそも、「アエロプラン」とは別に会員組織を作ると言ったのはエア・カナダ。

これは自分の推測ですが、「アエロプラン」の提携カードを発行している「トロント・ドミニオン銀行」と「カナダ帝国商業銀行」が既存のカード会員を維持したいために、エア・カナダに話を持ちかけたのではないかと思っています。

201807TDaeroplan


201807CIBCaeroplan



Aimia社は今回の買収提案を受け入れるのか、独自に「アエロプラン」を運営していくのか、どうなるのか目が離せません。


■■■関連記事■■■

アエロプランが2020年6月でエア・カナダとの提携終了?


↓豊富な現地ツアーで滞在時間を有効活用


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村