こんにちは、ヴァンダーです。


Luxury Card(TITANIUM Mastercard)を取得し、そのコンシェルジュサービスの力量を知りたかったのでVPCCとLuxury Card Conciergeに同じ依頼をしてみました。

VPCC_LuxurycardConcierge



それぞれのコンシェルジュに強み・弱み、また担当した方の向き不向きがあると思います。今回の結果が全サービスを反映しているとは思いませんが、それぞれのサービスの長所・短所を知った上で利用できればと思い記事にしました。

第1回目のお題は香港でHuawei社製のスマートフォン「Honor 10」を購入できる店があるかどうかの調査依頼です。

「Honor」ブランドはHuawei社製のスマホですが、日本では通販用モデルとして販売されており、リアル店舗では売られていません。またHuaweiのPシリーズなどとは違って、独自のブランドとして展開されています。

香港に行った際に「Honor 10」の実機を確認して、気に入れば購入したいと考えていたので、販売店舗があるのかどうか調べてもらうことにしました。

VPCCへはオンラインフォームから、Luxury Card Conciergeへはメールで依頼しました。


●VPCCの対応


1) 依頼から3日後に「香港では販売されていない。中国に行く必要がある」と回答
2) メールに返信する形で「中国の深センで販売店があるか調べて欲しい」と再依頼
3) 6日後にメールで深センの店舗の回答あり(ただし、在庫状況は確認していない旨の注釈あり)
4) メールに記載の深センの店舗がHonorではなくHuaweiの店舗だったので、Honor端末の取扱いがあるかどうかの調査を再依頼
5) 深センのHuawei店舗ではHonor端末の取扱いがある旨の回答(ただし、在庫は未確認とのこと)


●Luxury Card Conciergeの対応


1) 依頼直後に「依頼受領」の自動返信メールあり
2) 依頼当日に3日後までに回答するとメールあり
3) 期日になってもメールが来ないので、電話で問い合わせたところ、依頼から2日後に回答メールを送信しているとのこと。何らかの不具合でメールを受信できていないので再送信依頼
4) 再送してもらったメールには「HuaweiオフィシャルサイトにHonor端末がないので、調査対象の端末を再度指定して欲しい」とLuxury Card Conciergeからの返答が記載されていた(つまりHuaweiのサイトでHonor端末を調べていた模様)
5) 自分が最初のメールに記載したURLにあるように、「Honor」と「HuaweiのPシリーズ」などは別ブランドとして展開されていると説明を書いて、再度調査依頼メールを送信
  →メール送信後、電話をして再依頼した理由を説明。この際「商品検索は通常1週間程度の時間をみてもらっている」と言われる
6) 期日の前日にメールあり。深センにHuaweiショップは3店舗あるが、英語が通じないためHonor端末の取扱いの確認はできなかったとのこと。
  代替案で、Honor端末を販売しているネットショップ(URL付き)の提案あり
  ※通常は正規代理店しか紹介していないため、購入は自己責任でとの注意書きあり


●総評

今回は「商品検索」ということで、Luxury Card Conciergeが得意な分野かと思いきや、最初のメールに記載した「Honor」シリーズのURLを無視してHuaweiのサイトで「Honor」が見当たらない、と残念な回答。
また現地に電話したようだが英語が通じないということで諦めた模様。

一方、VPCCは「もう一歩踏み込んだ」調査を自主的にはしてくれないが、再度依頼すると現地に電話をしてHuaweiショップで取り扱いがあると確かめてくれたという結果となった。

勝敗:VPCCの勝ち


今回の調査依頼ではVPCCの方が自分の要望に合った調査をしてくれました。特に、深センに実際に電話をかけて確認をしてくれています。一方、Luxury Card Conciergeは、中国語ができるスタッフがいない、もしくは海外拠点を活用できないのか、お手上げでした。Luxury Card Conciergeのネットでの事前評判がよかっただけに、今回は残念でした。

Luxury Card Conciergeは海外渡航時の医療・緊急アシスタンスのサービスを提供している「インターナショナルSOS」社の関連会社が運営しています。海外に強いのだろうと期待していたのですが、Luxury Card Conciergeは基本的に日本語・英語での対応となるそうです。これは残念というかちょっと失望。

TITANIUM Mastercard取得後にエポスプラチナカードをゴールドカードにランクダウンさせようかと思っていたのですが、海外でのコンシェルジュサービスはVPCCの方が一枚上手かもしれません。

また別の案件でコンシェルジュの比較をして、自分のライフスタイルに合ったカード保有の継続・解約を考えたいと思います。


■■■関連記事■■■

VPCC(Visaプラチナコンシェルジュ・センター)を初利用

Luxury Cardのコンシェルジュに初電話



↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村