こんにちは、ヴァンダーです。

2018年7月の香港旅行ではお隣の中国・深センへと足を延ばしました。その際、地下鉄を利用したのですが、自動券売機も英語表示にできたり、困ることはあまりありませんでした。

ただし、10元紙幣のサインもあるにもかかわらず、コインか5元紙幣しか受け付けなかったので、そのあたりは困惑しました。

【券売機】タッチスクリーンで、行き先を選択すると料金が表示されます。おつりは下の口から手を入れて、上蓋を押さないと落ちてきません。

201807 HKG (64)

201807 HKG (87)



【セキュリティチェック】空港のようにX線探知機に荷物を通す必要があります。

201807 HKG (88)



【改札機】
券売機で買ったトークンは乗車の際はかざして、降車の際はスロットに入れます。QRコードで乗れるようなので、中国の方々はWechat PayやAlipayで乗れるのだと思います。

201807 HKG (65)



【ホーム】次の電車が何分後に来るのかなどがディスプレイに表示されます。

201807 HKG (78)



【車内】天井に管理カメラがあります。顔認証システムで監視されているのでしょうか。また、車内には警備員が巡回。ドアにもたれかかっていたら注意されてしまいました。

201807 HKG (256)




香港や台湾とはちょっと違った地下鉄。車内は空いていたためか特に危険を感じることはありませんでした。というか、香港の地下鉄の車内の方が話し声で騒がしく感じました。




世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村