こんにちは、ヴァンダーです。

以前、「中国南方航空(CZ)がワンワールドへ移籍の噂が?」で書いたことがとうとう決まってしまったようです。

スカイチームのプレスリリースによると、中国南方航空は2019年1月1日にスカイチームを離脱するとのこと。
※スカイチームのプレスリリースはこちら

20181115skyteam_release



中国南方航空にはワンワールドのアメリカン航空が出資していることから、将来、ワンワールドに加入することを計画しているのではないかと言われていますが、中国南方航空の本拠地の広州国際空港とワンワールド創設メンバーのキャセイパシフィック航空の香港国際空港とはわずか84マイルしか離れていないので、ワンワールド入りにはキャセイパシフィック航空が拒否するのではとも言われています。

デルタ航空のマイルで特典航空券が使える中国南方航空は、羽田発のフライト時刻もよく、広州国際空港経由のアジア路線が豊富で、乗り継ぎも北京や上海よりラクでした。そんなことから、自分としてはスカイチームから離脱されるのは残念でなりません。

スカイチーム離脱後にどのアライアンスに加入するのか、当面は個別提携でやっていくのかが気になります。

もし、ワンワールドに加入したとなると、スカイチームの中国東方航空と包括提携したJALはどうするのでしょう? ワンワールド加盟のカタール航空が、アライアンス離脱を匂わせるような発言もしており、各アライアンスをめぐる陣取り合戦に目が離せません。



■■■関連記事■■■

中国南方航空(CZ)がワンワールドへ移籍の噂が?

中国の航空会社を中心としたジョイントベンチャーの話が次々と






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村