こんにちは、ヴァンダーです。

スーパーマーケットのイオンではほとんど買い物をしませんが、旧ダイエーの株主だった恩恵で、イオンゴールドカードを持っています。

card-064


ゴールドカードながら年会費無料で付帯補償も充実しているので、持っていて損がないカードです。そのイオンゴールドカードの特典が2019年4月1日からパワーアップするそうです。

aeon_gold_201904_1



(1)国内空港ラウンジサービスの拡大
 ⇒1空港6ラウンジ⇒6空港12ラウンジ

(2)海外旅行傷害保険の変更(適用条件・支払限度額)
 ⇒海外旅行傷害保険の最高支払限度額を
  最高3,000万円⇒最高5,000万円に引き上げ
 ⇒保険適用条件が「カードに自動付帯」
  →「海外旅行代金等のクレジット払いのご利用」に変更



空港ラウンジが羽田空港(国内線)のみから、成田空港・新千歳空港・伊丹空港(大阪国際空港)・福岡空港・那覇空港に拡大します。せっかくなら、羽田空港国際線ターミナルの「TIAT LOUNGE」を加えてほしかった。


海外旅行傷害保険の保険金額も増額されています。年会費無料カードで治療費用保険金300万円は高額な部類です。あのAMEXカード(グリーン)でさえ、治療費用上限は100万円。
aeon_gold_201904_2



しかし、今までの「自動付帯」からイオンゴールドカードで旅行代金を払った場合にのみ適用される「利用付帯」になります。これはある意味「改悪」。

保険適用には、日本出国前に海外旅行に伴う「公共交通乗用具」または「募集型企画旅行」の料金を
イオンゴールドカードのクレジット払いにてご利用いただくことが必要となります。


aeon_gold_201904_3

※詳しい保険適用の条件についての説明はこちら


aeon_gold_201904_4



空港へ向かう乗車券代をイオンゴールドカードで払えば適用されるので、ハードルは高くはありませんが、SuicaやPASMOで支払ってしまうので、イオンゴールドカードで支払うのを忘れてしまいそうです。

そして、海外のホテルを予約するだけでは「利用付帯」とはならないようです。これは要注意。

aeon_gold_201904_5



海外での治療費は場所によってはかなりの高額になります。海外旅行障害保険が付帯しているクレジットカードをうまく活用して、安心して旅をしたいものです。



↓JALマイルをJRキューポに移行可能。購入日から180日間のショッピングセーフティ保険付き


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村