その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス




こんにちは、ヴァンダーです。


仕事を終えて成田空港へ向かいました。カタール航空は羽田空港発のフライトもあったのですが、乗り継ぎの余裕を考えて成田便にしました。QR807便は22:20発。20時まで成田空港に着けばいいのでなんとか間に合います。

201811 NIC (2)



荷物はいつものようにLuxury Cardの特典を使ってJAL-abcのカウンターへ送っておきました。荷物を受け取り、チェックインカウンターへ行くと、手続き開始前から列ができていました。出国エリアのリフレッシュルームでシャワーを浴びたかったので自分も列に並びました。おそらく10番目ぐらいかな、と思い、これなら20分ぐらい待てば自分の番になるだろうと考えていました。

201811 NIC (3)



チェックインが始まると列の先頭と2番目のグループがカウンターへ。大きな荷物が多いためか、その人たちの手続きがなかなか終わらず、列が一向に進みません。よくよくカウンターのスタッフを見ると「研修中」バッジが胸にありました。

列を整理しているJALのスタッフに「研修生に任せてこのペースだと、かなり時間がかかるんじゃないですか?」と聞いてみたところ「来月からチェックインの受託会社がJALからATSという会社に変わるので、その引継ぎ研修中なんです」と教えてくれました。

そういえば、カタール航空のトップがアライアンスに加盟しているメリットがないと発言しているニュースが流れていたりしたので、アライアンス離れの一環なのでしょうか? 20分経っても、4組も終わっていません。しかも一番目のグループはまだカウンターにいます。さすがにこの調子ではヤバイと思ったのか、数人のJALスタッフが反対側の使用していないカウンターに移動して、オープンさせる準備をしています。そして、チェックイン待ちの乗客を順々に誘導し始めました。

自分の運よくJALスタッフ側に案内してもらえて、2枚の搭乗券をもらって手続き完了。預け入れ荷物がないので時間がかからないのは当然なのですが、自分にかかった時間は5分未満。まだ、反対側のカウンターでは先頭にいたグループの手続きが終わっていませんでした。いったい何でもめているのやら。想定外にチェックインに時間がかかり、急いで出国エリアへ向かいました。

成田空港第2ターミナルの本館にリフレッシュルームがあった記憶があるのですが、その場所に行っても見当たらず。案内所に行くと人はいなくて、電話をするようになっていました。電話で聞いてみると「サテライト側にあります」とのこと。「何番ゲートの近くですか」と尋ねると「吉野家を越えて左に入ってください」と言われ、「それは何番ゲートですか?」と聞いても「吉野家を目印に」と言われるだけ。

サテライト側に入ったところで見渡しても吉野家が見当たらず、再び案内所で聞くと、「あちらに吉野家がありますので」とのこと。よーく見てみると「YOSHINOYA」と書いてあったので、気が付きませんでした。

201811 NIC (1)



吉野家の奥の通路を入っていくと突き当りににリフレッシュルームがありました。

201811 NIC (4)



運よくすぐにシャワールームに案内してもらえました。利用料は30分1,080円。中に入ってみるとまるで病院のトイレ兼シャワールームのよう。ラウンジのシャワールームとは大違いです。

201811 NIC (5)



それでもさっぱりして着替えることができたので、よかったです。


今回の旅程
1日目 QR807 NRT-DOH 2220-0515+1
2日目 QR265 DOH-LCA 0655-1030 <ニコシア滞在>
3日目 <ニコシア滞在>
4日目 <ニコシア滞在> QR270 LCA-DOH 1910-0200 +1
5日目 QR812 DOH-HND 0700-2230




↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村