その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス




こんにちは、ヴァンダーです。

2020年夏の羽田空港国際線の発着枠の拡張に向けて、米国線の配分について、アメリカ側の航空会社が米国運輸省(DOT)に対して、路線の就航計画を提出したようです。

それによると、羽田−米国線では1日当たり24便が増える予定で、うち12便が米国側に配分されることになり、これに対してアメリカン航空(AA)、デルタ航空(DL)、ハワイアン航空(HA)、ユナイテッド航空(UA)の4社が以下のような申請をしたとのこと。

各社が申請した路線は次の通り。

DLは6便。優先度の高い順にシアトル、デトロイト、アトランタ、ポートランド、そしてホノルル2路線。

UAは6便。最も優先度の高い路線としてニューアークとシカゴとワシントン、2番目の優先度としてロサンゼルス、3番目としてヒューストンとグアム。

AAは4便。ダラス・フォートワースとロサンゼルス、さらに2路線目のダラス・フォートワース、そしてラスベガス。

HAは3便分すべてをホノルル線。


現在の羽田-米国路線
current_HND_US_route



今回申請の羽田-米国路線
requesting_HND_US_route

※いずれもThe Point Guyサイトより。そのサイトはこちら


12便の枠に対して、合計19便が申請されているわけでこれから米国側の調整が入ることと思いますが、UAはANA(NH)、AAはJAL(JL)というアライアンスパートナーが存在するため、何便配分されるにせよ有利です。HAもJLと提携しているので、パートナーがいることになります。

それに対して、日本側のパートナーがいないDLは不利。成田発着路線をできれば羽田に移したいと考えているようですが、UAが「DLは軸足を韓国に移しているじゃないか」と横やりを入れているとか。

羽田国際線発着路線でDLが思ったような路線獲得をできなければ、日本路線を一気に縮小し、同じスカイチームのコリアンエア(KE)や中国東方航空(MU)との提携を進めていくのではないかと思っています。

それにしても、スカイチーム加盟各社の羽田国際線でのプレゼンスは他のアライアンスに比べて極端に低くなっています。できればDLに頑張ってもらいたいものです。




↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村