その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

タイ5日目。

この日は台湾への移動日。まっすぐ日本に帰るのではなく、台湾で乗り継ぐついでに1泊することにしました。24時間以内の滞在なのでストップオーバーではなく乗り継ぎ扱いです。

朝8:30発のフライトなので5時過ぎにチェックアウトすることに。しかしフロントには誰もいません。見渡してみると、壁にベルを鳴らすように書いてあったので、王様の肖像画の下のベルを押すと、奥の部屋からおじさん登場。チェックアウトしたい旨を伝えると、一旦引っ込んで、女性スタッフが出てきてくれました。眠そうにしながらチェックアウトの手続きをしてくれました。自分はこの日のチェックアウトは早朝だと、チェックインの時に伝えたつもりだったのですが、ちゃんと伝わっていなかったようです。

部屋をチェックし、デポジットを返してもらって完了。新年のプレゼントということでチューインガムをくれました。ちょっとした気遣いがうれしいです。

大通りに出たとことにタクシーが止まっていて、スワンナプーム空港までと伝えると「500パーツ」と言われました。高いので「400バーツでは?」と聞くと「OK」とのこと。言ってみるものです。

6時に空港に着きSアイランドのチャイナエアラインのカウンターでチェックイン。事前指定した座席より前方の席に変更してくれました。これもエリートプラス会員の威力でしょうか。

201812BKKTPE (169)

201812BKKTPE (170)




気を良くして出国審査へ向かうとそこは長蛇の列でした。いつもながら出国カードに記入していない、もしくは持ってない人がいたりして、ブースにたどり着いても追い返される人もいます。ようやく自分の番になったところで、なぜかシステムが不調に。係官に閉まっているブースに誘導されて、そこで手続き。なんとかそのブースのシステムはちゃんと作動したようです。

出国審査を終え、チャイナエアラインのラウンジへ向かいました。エコノミークラス利用ですがこのラウンジを使えるのはデルタゴールドAMEXでエリートプラス会員資格をもらえているおかげ。今年の後半でデルタゴールドAMEXを解約するつもりなので、この恩恵を使えるのはあとわずかです。

201812BKKTPE (171)

201812BKKTPE (172)



ラウンジはさほど混んでおらず、快適。

201812BKKTPE (173)



ラウンジではお粥が提供されていました。やさしい味でほっこり。ようやく一息つけました。

201812BKKTPE (175)

201812BKKTPE (177)



CI838便は予定通り出発。

201812BKKTPE (181)



席に座ってシートベルトを締めると40分ぐらい熟睡していました。やはり機内サービスが始まると目を覚ましました。食事はチキンライスかビーフライスかの二択。ビーフライスを選択するとカレーライスでした。カレーならカレーと言ってほしかったな。幸い、苦手な辛いタイカレーではなかったので助かりました。

201812BKKTPE (183)



BKK-TPEのフライトは3時間40分。機内食を食べて少し機内映画を楽しむとアッという間に台北です。台北はアジア旅行には便利な位置にあってうらやましいです。

予定時刻に桃園国際空港第1ターミナルに到着しました。



旅程
1日目 FM836 HND-PVG 0230-0450 MU541 PVG-BKK 0825-1220 <バンコク滞在>
2日目 <バンコク滞在>
3日目 <バンコク滞在>
4日目 <バンコク滞在>
5日目 CI838 BKK-TPE 0830-1310 <台北滞在>
6日目 CI220 TSA-HND 0900-1240 帰国



↓ホテル予約もハピタス経由がおトク。貯めたポイントはPollet Visaプリペイドカードにチャージして0.5%増量!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村