こんにちは、ヴァンダーです。

普段、野球に関心が全くない自分ですが、3月21日のマリナーズ・イチロー選手の引退記者会見は見入ってしまいました。

記者からの質問に、時折考え込みながらも言葉を選んで、誠実に答えるイチロー選手。おそらく「変な質問するなよ」「もうちょっとマシなこと聞けよ」とか内心思っていたのではないかと察しますが、どんな質問にもしっかり答えていて素晴らしかった。

自分に特に響いたイチロー選手の言葉を挙げてみました。

人よりも頑張ったということはとても言えないですけど、そんなことは全くないですけど、自分なりに頑張ってきたということは、はっきり言えるので。これを重ねてきて、重ねることでしか後悔を生まないということはできないのではないかなと思います。


自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので。そういうものを早く見つけてほしいなと思います。それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける。向かうことができると思うんですね。それが見つけられないと壁が出てくると諦めてしまうということがあると思うので。色んなことにトライして、自分に向くか向かないかというより自分が好きなものを見つけてほしいなと思います。


生きざまというのは僕にはよくわからないですけど、生き方というふうに考えるならば……先ほどもお話しましたけども、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、はかりは自分の中にある。それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと越えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの日からかこんな自分になっているんだ、という状態になって。だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を越えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。進むだけではないですね。後退もしながら、ある時は後退しかしない時期もあると思うので。


現在それ(孤独感)全くないです。今日の段階で、それは全くないです。それとは少し違うかもしれないですけど、アメリカに来て、メジャーリーグに来て……外国人になったこと。アメリカでは僕は外国人ですから。このことは……外国人になったことで、人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。この体験というのは、本を読んだり、情報を取ることはできたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。孤独を感じて苦しんだことは多々ありました。ありましたけど、その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと、今は思います。だから、辛いこと、しんどいことから逃げたいと思うのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気なときにそれに立ち向かっていく、そのことはすごく人として重要なことなのではないかなと感じています。



信念を貫いてきた人の言葉は重いです。すぐに流されてしまう自分。ラクな方に逃げようとする自分。そんな自分が恥ずかしくなるような時間でした。

これらの言葉を忘れずに、自分も少しずつでも前に進んでいきたいと思います。

イチロー選手、お疲れ様でした。そしてこれからも、どこかで活躍されることを願っています。



↓クリックしてもらえるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村