こんにちは、ヴァンダーです。

ANA(NH)が一部の運賃での通路側や窓側、足元が広い席の座席指定に対して、有料化するようです。実施は2019年8月19日以降のご搭乗分から。予約では2019年5月29日から適用されるようです。
※ANAのプレスリリースはこちら

ボーイング787-8型機(240席仕様)の場合】 黄色や赤色の部分が有料化される座席です
201904_ANA_seat_charge1



航空会社はあの手この手で手数料収入を増やそうと躍起ですね。自分がよく利用する東アジアや東南アジアで、通路側を指定すると、1500円・2000円が徴収されます。

日本発着1区間あたりの料金
201904_ANA_seat_charge2



手数料を払うのが嫌ならば後方エリアを選ぶか、通路側と窓側に挟まれた通路側を選択しないといけません。米国の航空会社が導入している安い航空運賃のベーシックエコノミーのような感じですね。

新幹線の場合は窓側・通路側の座席よりも中央席は若干広くなっているそうです。そういう「優遇」があれば航空機の座席でも中央席を選ぶ人もいるのではないでしょうか。

幸い、国際線特典航空券の場合は事前座席指定は無料のようです。といっても、通路側や窓側、非常口席が開放されているかどうかは分かりませんが。

ところで、中央席を座席指定していて、窓側や通路側が空いていた場合、離陸後に移動すると機内で座席料金を徴収されるんでしょうか? 「事前」ではないから見逃してもらえるのしょうか。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村