その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

MIcard_GOLD


2019GW10


ゴールデンウィーク中に「海外店頭利用10%ポイントバック」など、海外利用促進をしていたMICARDですが、海外事務手数料(エムアイカード社では海外取引関係事務処理経費と規約で呼称)を1.63%から2.0%に引き上げていました。

この告知は、他のカード会社のように「海外利用に関する手数料引き上げ」として案内されておらず、「会員規約一部改訂のお知らせ 」の中で告知されていました。

MICARD_terms_change



その中の「改訂内容について詳しくはこちら」の中に以下の表がありました。

MICARD_foreign_tranaction_fee_terms



規約の変更は2019年4月29日から。自分はこの規約変更の案内を読んでいなかったので、海外事務手数料が引き上げられているのに気づきませんでした。

ところで、この記事を書いている5月11日時点では、海外利用に関するQ&Aページの手数料は「1.63%」で記載されているので、今回の手数料引き上げは突然決まった事項なのでしょうか?

MICARD_foreign_tranaction_fee_FAQ_20190509



MICARDゴールドの海外利用時のポイントは2018年12月20日から1.0%から1.5%に引き上げられたので、エムアイカード社としては「還元ポイントを引き上げたので、手数料を引き上げてもいいでしょう」ということなのかもしれませんが、他社と比べてこっそり引き上げた感があります。

特典チャートを非公開にしたり、突然必要マイル数を引き上げたりする「デルタ航空」と似た香りがします。エムアイカード社は注意深くウォッチしてないといけなさそうです。



■■■関連記事■■■

セディナカードの海外事務手数料が値上げ

三井住友カード系のクレジットカードの海外事務手数料が引き上げへ





↓ネットショッピングも旅行予約もハピタス経由がおトク。まだハピタス会員でない方は、下のバナーから登録していただけるとうれしいです
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村