その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス




こんにちは、ヴァンダーです。

三井住友トラストクラブ社が発行するダイナースクラブカード。日本ではJCBと提携しているおかげで、「使えない」ということはあまりありませんが、海外ではAMEXより利用できる加盟店がさらに少ない印象です。

dinersclub_img_016



そのダイナースクラブが「TRUST CLUB」名称で発行しているMastercardを「コンパニオンカード」として付帯させ、会員の利便性をアップさせるようです。
※ダイナースクラブのお知らせはこちら

DINERSCLUB_companion



「コンパニオンカード」と聞くと、自分はかつてAMEX社がリボ払い専用カードとして発行していた「AMEXコンパニオンカード」を思い出してしまいます。当時はAMEXのグリーンカードを持っていたため、無料でコンパニオンカードを発行してもらえるということで、カードデザインに惹かれて、利用予定はないものの発行してもらいました。

AMEX_companion




「ダイナースクラブ プレミアムカード」会員には、なんと年会費13万円(+税)の「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を無料発行。一般の「ダイナースクラブカード」会員には、年会費3千円(+税)の「TRUST CLUB プラチナマスターカード」を付帯させます。これはダイナースクラブカードとTRUST CLUBカードの発行元が同じ三井住友トラストクラブ社だからなせる業。

これで国内外のMastercard加盟店でも使えるようになり、付与されるポイントもダイナースクラブカードのポイントとして付与されるため、無駄なくポイントを貯められるようにしています。

自分も「TRUST CLUB プラチナマスターカード」をもらえるのかと期待したのですが、「航空会社や各社との提携カード、銀座ダイナースクラブカード、ビジネスカード、SMBC信託銀行との提携で発行されたカード、ビジネス・アカウントカードには付帯できません。」との注釈がありました。

自分の場合、「SMBC信託銀行との提携で発行されたカード」に該当するため、このコンパニオンカードの恩恵には預かれないこと決定。

まぁ、残念ですが「プラチナ」と名前は付いていても、「TRUST CLUB プラチナマスターカード」はダイナースクラブ以下のサービスレベルなので「必須」ではないですが、発行してもらえれば「Kyash」や各種QRコード決済のサービスにも紐づけられるので、会員にとっては便利になるはず。

「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を発行したり、ダイナースクラブ会員に2枚持ちさせたり、三井住友トラストクラブがサービス拡充や会員獲得に積極的になってきたようです。

ぜひ、ダイナースクラブカードのサービス拡充に期待したいです。


■■■関連記事■■■

なんと年会費3,000円のMatercardブランドのプラチナカードが登場!

三井住友トラストクラブ社がMastercard World Eleteレベルの「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を発行






↓ネットショッピングも旅行予約もハピタス経由がおトク。まだハピタス会員でない方は、下のバナーから登録していただけるとうれしいです
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村