その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

13万円(+税)の年会費の「ワールドエリートカード」、「ダイナースクラブにコンパニオンカード」と次と新サービスを打ち出してる三井住友トラストクラブ社ですが、今度は本人認証サービスの提供を開始するようです。本人認証サービスの利用には、事前に会員専用オンラインサービス「クラブ・オンライン」での利用登録が必要で、2019年7月1日から利用登録が可能と案内されています。
※ダイナースクラブのお知らせはこちら

dinersclub_3dsecure



ネットでの決済時に、カード裏面の3桁(AMEXは表面の4桁)の数字の他に、各社のNetサービスで登録しているパスワードを入力することにより、安全にネットショッピングができる(とされている)「本人認証サービス」。これもパスワードが流出してしまっていたりすると、全くもって安全ではありません。

ダイナースクラブでは、ワンタイムパスワードを利用することにより、セキュリティレベルの高いサービスを目指すようです。AMEX社の「American Express SafeKey」と同じような仕組みですね。

Visa/Mastercard/JCB/AMEXカードでは、カード発行会社により「本人認証サービスの導入・未導入」が分かれている状態ですが、ダイナースクラブカードの場合、カードの発行元は1社のみ。あとはネット決済の加盟店がどれだけ「本人認証サービス」を導入しているかで、安全性が変わってくることでしょう。

次々と地固めを進めているダイナースクラブ、というか三井住友トラストクラブ社ですが、今後のサービス向上に期待したいです。



■■■関連記事■■■

なんと年会費3,000円のMatercardブランドのプラチナカードが登場!

三井住友トラストクラブ社がMastercard World Eleteレベルの「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を発行

ダイナースクラブが積極攻勢か? 2枚目カードとしてMastercardを発行

MICARDがVisa本人認証サービスに対応




↓ネットショッピングも旅行予約もハピタス経由がおトク。まだハピタス会員でない方は、下のバナーから登録していただけるとうれしいです
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村