こんにちは、ヴァンダーです。

スターアライアンスの発表によると、タイ・スマイル(WE)が2020年を目途にスターアライアンスの「コネクティング・パートナー」になるようです。
※スターアライアンスからの発表はこちら

thai_smile_1



「コネクティング・パートナー」は2016年6月から開始された制度で、スターアライアンスの正式加盟航空会社ではないものの、乗り継ぎ時のスルーバゲッジやアライアンスならではのサービスが提供されるものです。現在は中国の上海吉祥航空(HO)のみが認められています。

タイ・スマイルはタイ国際航空の子会社で主にタイの国内線を運航しています。LCCによる価格競争が激しい路線をタイ国際航空から移管されて低コストで運航する航空会社という位置づけです。

以前、タイの地方都市「コーンケン」へ友達に会うため訪れた際、利用したのが「タイ・スマイル」でしたが、その際はエーゲ航空のスターアライアンス・ゴールド資格を持っていたので、チェックインの際に会員証を呈示したところ、「タイ・スマイルはスターアライアンスに加盟していません」とサービスの利用を断られた記憶があります。

また、タイの主要国内線がタイ・スマイルに移管されているため、ユナイテッド航空の特典航空券でタイの地方都市までのフライトを予約したいと思っても、タイ・スマイル運航路線は出てこないのが現状です。


【UAのマイレージプラスのコネクティングパートナー航空会社の案内】
UA_HO_partner

※ユナイテッド航空のアライアンスと提携航空会社の案内はこちら


「コネクティング・パートナー」になることによって上海吉祥航空のように、おそらくタイ・スマイルの運航路線も予約可能となり、タイの地方都市へも特典航空券で行けるようになるのではないかと期待しています。




↓航空運賃比較やフライトスケジュール検索にも役立つ!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村