その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは、ヴァンダーです。

2019年12月4日からJALは混み具合によって国際線特典航空券の必要マイルが変わる制度「JAL国際線特典航空券PLUS」を導入しました。

自分が台湾・高雄に行きたいと思ったのは2018年の秋頃。成田(NRT)-高雄(KHH)の特典航空券は空席なしでしたが、とりあえず空席待ちを入れておきました。この時点では旧制度のため、キャンセル待ちが可能だったのです。

それからしばらくして、空席待ちが取れたとのメールが来ました。そのメールには購入期限が12月9日となっていました。ちょうど制度変更の日付をまたぎます。一旦、制度変更後まで予約をホールドしておくことにしました。

JAL_waiting



というのは、旧制度では高雄往復エコノミークラスの必要マイル数は2万マイル。一方、新制度での基本マイルは17,000マイルと3,000マイル低くなります。17,000マイルで発券できればラッキーと思いつつ、12月4日を待ちました。

そして、12月5日に発券したところ17,000マイル+12,060円で発券することができました。旧制度で仕込んだキャンセル待ちが有効で、しかも新制度の基本マイルで発券できたのは端境期だったからだと思います。

NRT_KHH_price



直前になって高雄便の必要マイル数をチェックしたところとんでもないことになっていました。これならLCCを使ったほうがいいのではないかと思える必要マイル数でした。

高雄便の往路は日本夕方発、復路は高雄早朝発というスケジュール。現地での有効時間を最大限活用したいという日本人には不向きな時間帯。一方、訪日客からすると日本での滞在時間を最大限活用できるフライトです。こういうこともあって、基本マイルが20,000マイから17,000マイルに引き下がったものと思われます。

今回の高雄行きの目的は特になし。この旅行の前日に人生初の「人間ドック」を受診するので、そのご褒美旅行といった感じです。旅行のための自分へのいいわけですが。

3月に台湾、それも高雄に行くのは初めて。年度末で仕事が忙しかったこともあり、現地ではゆっくり気分転換をすることにしました。




旅程
1日目 JL811 NRT-KHH<高雄滞在>
2日目 <高雄滞在>
3日目 <高雄滞在>
4日目 JL812 KHH-NRT <帰国>







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村