こんにちは、ヴァンダーです。

前回の記事に引き続き、保有継続するカードや解約するカードとあわせて、新規に取得するカードを自分なりの「言い訳」を「メリット」「残念なところ」「総評」の観点で整理しました。支払う年会費の削減を目的に今年は組み替えることになりました。前年はユナイテッド航空とANAのマイルを「Kiigo」技で貯めていましたが、ある程度貯まったのとその技が使えなくなったので、今年は地道にJALマイルを貯めることにしました。



1)セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費:年1回以上の利用で次年度無料) ※取得済み

saison_gold_amex



●メリット
 ・セゾンクラッセ特典で申し込んだため、年1回以上のショッピング利用で次年度年会費(10,800円)が無料になる
 ・セゾンマイルクラブ(年会費4,200円)に参加すると1,000円=10JALマイルと2,000円につき1永久不滅ポイントをダブルで獲得
 ・セゾンマイルクラブのサービスで、セゾンの他のVisa/Mastercard/JCBブランドカードでもJALマイルを獲得できる
 ・海外旅行傷害保険は航空便遅延保険が手厚い
 ・セゾンクラッセの★6クラスになると、永久不滅ポイントが2倍になるため、JALマイルに加えて、永久不滅ポイントが0.5%還元でさらにもらえる

●残念なところ
 ・カードの券面のセゾンマークが主張しすぎ
 ※2019年7月あたりからの発行カードでは、以前の落ち着いたセゾンマークに戻ったそうです。

●総評
 ・2019年3月下旬にスタートした「セゾンクラッセ」の特典で申し込み。貴重な実質年会費無料のゴールドカードなので新規取得



2)JMBイオンカード(年会費無料) ※取得済み

JMB_AEON_card



●メリット
 ・年会費無料で200円=1JALマイルが貯まる
 ・Visaブランドの場合、タッチ決済(NFC決済)ができる
 ・海外事務手数料が1.6%と低料率 
 ・スマホも対象のショッピングセーフティ保険付帯

●残念なところ
 ・JALマイルの還元率は低め


●総評
 ・イオンカードの「20%キャッシュバックキャンペーン」をきっかけに取得。マイルやポイントに移行させるために、「10万円の利用が必要」などがないため気軽に利用できる。NFC決済機能搭載なので海外での少額利用に有効



3)ベトナムエアラインズカード(年会費:5,400円)  ※今後申し込み予定

Vietnam_Airlines_card



●メリット
 ・保有するだけでスカイチームエリート会員資格をもらえる

●残念なところ
 ・ベトナム航空のマイルを貯めても、特典航空券に必要なマイル数が多いため、ロータスマイルのマイルを貯めようとは思えない

●総評
 ・スカイチームの場合エリート会員でも優遇サービスを受けられる場面が多いため、デルタゴールドAMEXの代替カードとして申し込みを予定中。




■■■関連記事■■■


2019年版クレジットカードの見直し(保有継続)


2018年版クレジットカードの見直し(保有継続)

2018年版クレジットカードの見直し(新規取得)






↓年会費無料で200円=1JALマイルが貯まる。Visaブランドは海外で便利なNFC決済機能搭載


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村