こんにちは、ヴァンダーです。

空港までの高速道路で事故渋滞に巻き込まれ、なんとか搭乗できたJAL便。座席に着くとどっと疲れが出てきました。ひとまず「帰国日が延びます」と会社に連絡することにならなくてよかったです。

この機内で珍しい乗客が近くにいて、ずっと気になりました。こんなことをブログで書いていいのかどうか悩みましたが、珍しかったのでブログネタに。

斜め前の窓側席に座っている二人連れ(男+女)のうち、女性のほうが何か変なのです。機内食前のドリンクサービスからビールを飲み、機内映画(ボヘミアン・ラプソディ)を見ながらノリノリ。曲に合わせて腕を上げたり座席で踊ってました。

食後も女性はクルーに「ワインとパン」と(ぶっきらぼうに)注文し、クルーから「あいにくパンはございませんのでおつまみをお持ちします」と言われてご機嫌斜め。そして映画に合わせて歌ったり「フー」と奇声を上げたり、酔っているのかもともと変わっているのか分かりませんが、とにかく自分は気になって仕方がありません。食事時に配られたハーゲンダッツのアイスをまた注文したり、次々とアルコールをオーダー。かなり危ない雰囲気。

さすがにヤバイと思ったのか、隣の男性がこっそりクルーに「もう彼女が頼んでもアルコールは出さないで」のようなことをお願いしていました。

子供の高い声や泣き声で気になってリラックスできないことはしばしばありますが(こればかりは仕方がない)、大人の奇行でリラックスできないのは珍しいです。

さすがに酔いがかなり回ったのか、途中から眠りにはいったようなので、静かになりました。

ところで機内食ですが「白身魚のフライののり弁」のような食事でした。機内食でのり弁とは驚き。

201904 BKK (26)



乗客の中にはいろいろな人がいますが、「人の振り見て我が振り直せ」。自分はスマートな乗客でありたいです。






↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村