こんにちは、ヴァンダーです。

delta_logo



海外サイトの情報によると、デルタ航空(DL)が2019年9月22日で東京・成田−シンガポール線を運休する模様。
※ニュースソースはこちら


デルタ航空は羽田空港の発着枠を現在2枠持っていますが、2020年に予定されている羽田発着枠の増加分でデルタ航空はアメリカ系航空会社で最大の5枠をアメリカ運輸省から割り当てられる予定です。これにより、羽田発着枠はアメリカ系航空会社最大の7枠。これは日本に提携先がいないということから、米運輸省の割り当てが多くなったものと思われます。

では、現在成田からアジアへの接続便として運航しているシンガポール線やマニラ線はどうするのかというと、ジョイントベンチャーを組んでいるコリアンエア(KE)でソウルからシンガポール・マニラに接続できるようにするようです。

デルタ航空は昨年、アメリカからの香港直行便も運休させました。東南アジアへの路線は自社ではなく、コリアンエア(KE)や中国東方航空(MU)に任せていく方針なのでしょう。

デルタ航空の成田発着便は
 アメリカ方面・・・デトロイト線、ポートランド線、シアトル線、アトランタ線、ホノルル線
 アジア方面・・・シンガポール、マニラ
が運航されています。

2020年の羽田発着枠増加後は、羽田空港から以下の路線が予定されています。
 アメリカ方面・・・デトロイト線、ポートランド線、シアトル線、アトランタ線、ホノルル線、ロサンゼルス線(※)、ミネアポリス線(※)
 ※現在、羽田発着で運行中


成田発着のアメリカ方面はすべて羽田発着に移ることになり、アジア方面への路線は運休し、ソウル経由か上海経由に持っていく算段でしょう。

成田空港からデルタ航空が撤退すると、第一ターミナルの北ウィングは閑散としてしまいそうです。それに、自社ラウンジとして運営している「SKY CLUB」も廃止することになるでしょう(第1サテライトと第2サテライトの2つあった自社ラウンジのうち第1サテライトのラウンジは2017年5月に閉鎖済み)。

日本におけるデルタ航空はアメリカー日本の単純往復に専念し、しかも、おそらく日本発着の他のスカイチーム会社との乗り継ぎは考慮しないと思われます。そうなると、日本におけるスカイチームの存在感はますます低下するのではないかと危惧しています。

そうなると、デルタ航空の提携クレジットカードの会員も減少していくのではないでしょうか。














↓年会費無料で200円=1JALマイルが貯まる。Visaブランドは海外で便利なNFC決済機能搭載


↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村