こんにちは、ヴァンダーです。

JCB社が「Apple Pay」と「Google Pay」の利用で20%キャッシュバック(上限1万円)のキャンペーンを実施しています。

20190816_20191215_jcb_applepay_googlepay_campaign

20190816_20191215_jcb_applepay_googlepay_campaign_2

※キャンペーンについて詳しくはこちら

期間が2019年 8月 16 日(金)〜 2019年 12月 15 日(日)と長いキャンペーンなので、「今持っているJCBカードで5万円使ってしまった」や「自分の持っているJCBブランドのカードは楽天カードやイオンカードなのでキャンペーン対象外」という方もいるのではないでしょうか。

そのような場合に、「Apple Pay」も「Google Pay」も利用できる「リクルートカード(JCB)」がお勧めです。

campaign_card_jcb



JCB社の提携カード一覧からは検索しても表示されないのですが、このカードは
 ・年会費無料
 ・Suicaやnanacoチャージでもポイント付与(月間3万円上限)
 ・利用付帯ながら国内・海外旅行傷害保険付帯
 ・1.2%の高還元率
 ・貯まったリクルートポイントは等価でPontaポイント→dポイントへ移行可能
  ※入会時の特典ポイントはPontaポイントへの交換することはできません
という機能満載。しかもシンプルな券面で利用シーンを選びません。
※カードの紹介ページはこちら

以前は、「Apple Pay」や「Google Pay」に対応していなかったのですが、JCB社のスマホ決済キャンペーンの開始と合わせて、両決済方法に対応開始しました。

年会費無料でポイントが無駄になりにくいカードなので、このキャンペーンに乗っかるかどうかにかかわらず、一枚持っていて損はないかと思います。特にリクルート系の「Hotpepper」や「じゃらん」などを利用されるなら、ポイントを貯める・使うタイミングがあると思います。

また、海外旅行傷害保険は「搭乗する公共交通乗用具」の料金を事前に支払えば日本出国後でもその時点から保険適用になるのが特徴。つまり「自動付帯の海外旅行傷害保険」と組み合わせることで最長6ヶ月までの海外旅行傷害保険をカードでカバーすることができます。
※補償内容や保険適用条件については改めてご自分で確認されることをお勧めします。

もしも興味のあるかたは下のバナーから申し込んでいただけるとありがたいです。




ただし、このカードで「ANA JCBプリペイドカード」にチャージしても、同じJCB社発行カードとなるため、チャージポイントは貯まらないのでご注意を。



■■■関連記事■■■

リクルートカード(JCB)が「Apple Pay」と「Google Pay」に対応

JCBが「Apple Pay」と「Google Pay」で20%キャッシュバックキャンペーンを実施

JCBのGoogle Payキャンペーンに参加するために「ANA JCBプリペイドカード」はいかが?

2019年版クレジットカードの見直し(保有継続)




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村