こんにちは、ヴァンダーです。



こんにちは、ヴァンダーです。

前回「ADSLサービス」の乗り換え先を探していることを記事にしました。普通なら「SoftBank Air」あたりに乗り換えるのかもしれませんが、「特別プラン」として提示されたのは「通常5,180円を4,180円で5年間提供」というものでした。そのときのADSLサービスの月々の支払いが1,500円未満だったので大幅アップです。

一日中、家でネットサービスを使うわけでもないし、そんなに高速なサービスも不要なのでネットで検索してみると、「SIMカードのレンタル」というものがありました。どうやらSoftBankのデータSIMをレンタルという形で借りるサービスです。Wi-Fiルーターは別途自分で入手する必要がありますが、「○年縛り」や「解約違約金」などもないようなので、気軽に使えそうです。その中で自分がよさそうと思ったのが「FUJI Wi-Fi」と「iVideo」というところのレンタルサービス


【FUJI Wi-Fi】
FUJI_WIFI_0



【iVideo】
iVideo_0



いずれもルーター付きプランレンタルプランとSIMカードのみレンタルプランを提供。この記事を書いている2019年9月時点では「iVideo」の「1ヶ月300GB SIMカードレンタル」プランがなくなったようですが、当時は1ヶ月2,700円で借りられるプランがありました。

iVideo_300GB



WI-FiルーターはSIMフリーのものをYahoo!オークションで探し、据え置き型のものを見つけました。ポータブルタイプでもよかったのですが、電源刺しっぱなしにしておくとバッテリーによくないので、バッテリーを使わないタイプがほしかったのです。端末はHuaweiのLTE cube (E5180)というまるでSoftBank Airの端末のようなものです。

Huawei WiFi



iVideoの「1ヶ月300GB SIMカードレンタル」ですが、36ヶ月分を前払いすると、税込みで1ヶ月2,607円となりました。中途解約した場合は所定の計算方法で返金があるようなので、思い切って36ヶ月のレンタルを申し込みました。「Softbank Air」の契約をするより月々1,573円安く済み、モバイルWI-Fiルーターを入手すれば持ち運びも可能です。モバイルWI-Fiルーターでなくても、スマホに刺してデータ通信用として使ったり、Android端末であればテザリングもできます。そういう意味では、「Softbank Air」よりも幅広く使えます。


実際のレンタルSIMカードの使用感ですが、SoftBank本体のデータSIMカードで格安SIMのような帯域制限もなく、また一時的に大量のデータのダウンロードしても今のところ速度制限のようなものはかからず快適にりようできています。


【ADSLのときの速度】
20190701_yahoobb



【iVideoのレンタルSIMカードのときの速度】
20190701_softbank



このように速度も速くなって快適。自分の場合はレンタルSIMカードのサービスに乗り換えて正解でした。

実際にはYahoo!BBのADSLサービスの契約は2年縛りで解約月はまだ来ていなかったのですが、速度制限があるか、実際のスピードはどうなのかを試したくて、ADSLサービス解約前にSIMカードレンタルサービスを試して、実際に乗り換えられるかを試して移行に備えました。




■■■関連記事■■■

NTTの固定電話網が2025年までにIP電話化

自宅のADSL乗り換え作戦【前編】








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村