こんにちは、ヴァンダーです。

2019年10月の消費税増税以降、政府は「キャッシュレス決済」を推進していますが、自分はマイルやポイントを貯めるために、それ以前からキャッシュレス決済主義。

でも、あまりにキャッシュレス決済、それも「電子マネー・スマホ決済」に頼るのは危険かな、とも思っています。

直近では台風による大規模停電が起こりました。停電が起こると「電子マネー・スマホ決済」は使えなくなります。クレジットカードの場合、その店の対応次第ですが、「手書き伝票対応」や「インプリンタ(死語?)対応」があり得るかもしれません。しかし電源がないと「電子マネー・スマホ決済」はきっと無理。

現金を引き出すにしても、ATMが止まっていれば引き出せないし、自分はネット専業銀行を使っているので、銀行の窓口で引き出すこともできません。そもそも洪水でATMすら泥をかぶって使えないかもしれません。

そうなると頼みの綱は「手元の現金」。多額の現金を自宅に保管するのは防犯上の不安がありますが、当面の生活のための現金は持っておいた方がいいのではないかと考えています。

そして、ほとんど使っていなかった郵便貯金の口座にいくらかお金を入れておくのも手段の一つかと。ゆうちょ銀行ならあちこちに窓口があり、いざというときに安心できそうだからです。

「キャッシュレス」の流れに逆らうようですが、自己防衛のために完全に「キャッシュレス」にするのはリスクがあるかもと思っています。



■■■関連記事■■■

分かりにくい「キャッシュレス・ポイント還元事業」。素直に「キャッシュバック」と言わない理由は?

【備忘録】キャッシュレス・ポイント還元事業/クレジットカード編

【備忘録】キャッシュレス・ポイント還元事業/スマホ決済編

【備忘録】キャッシュレス・ポイント還元事業/電子マネー編

【備忘録】キャッシュレス・ポイント還元事業/プリペイドカード編

【備忘録】キャッシュレス・ポイント還元事業/まとめ




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村