こんにちは、ヴァンダーです。


デルタ航空は「824平方メートルの空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」を2020年夏までに羽田空港国際線ターミナルに開設する予定」とアナウンスしていましたが、どうやら場所を決めたようです。

【成田空港第1ターミナルのデルタスカイクラブ】
NRT_skyclub

NRT_skyclub_2



Aviation Wireがデルタ航空の日本支社長の談話として、次のように報じています。

デルタ航空(DAL/DL)の大隅ヴィクター日本支社長は10月15日、羽田空港国際線ターミナルに新設するラウンジ「デルタ スカイクラブ」について、4階にあるTIATラウンジを改修して使用する方向性を示した。今後、羽田の国際線ターミナルを運営する東京国際空港ターミナル(TIAT)と協議し、2020年夏のオープンを目指す。

TIATラウンジはターミナルビル拡張工事に伴い、7月1日から一時的に閉鎖している。デルタ航空は現在、羽田に自社の専用ラウンジを保有しておらず、台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)やガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)など航空各社と共用するTIATラウンジを使用している。同ラウンジの閉鎖後は、5階にあるTIATラウンジアネックスを使用している。

※ソースはこちら


上記の話からすると、国際線ターミナル中央部分の「TIAT LOUNGE」を「スカイクラブ」に改修すると思われます。もしかすると面積確保のために隣の「SKY LOUNGE」とくっ付けて「スカイクラブ」にするのではないかと思っています。


【羽田空港国際線ターミナル・中央部分4階のラウンジ地図】
HND_4F

※現在は左側のTIAT LOUNGEを閉鎖中


カード会員用の「SKY LOUNGE」と航空会社共用ラウンジの「TIAT LOUNGE」はいずれも別館のANNEXの方だけが存続するのではないでしょうか。


【別館のTIAT LOUNE ANNEXとSKY LOUNGE ANNEXの地図】
HND_5F

※4階の「SKY LOUNGE」は2019年10月時点ではJALラウンジとして転用中


現在の「TIAT LOUNGE」「TIAT LOUNGE ANNEX」はスカイチーム系の航空会社の指定ラウンジになっていますが、デルタ航空の「スカイクラブ」がオープンすればスカイチーム系各社の指定ラウンジは「スカイクラブ」になるはず。そうなると航空会社共用ラウンジの利用者は減るので、別館部分だけで賄えるとラウンジ運営元の「東京国際空港ターミナル株式会社」は考えているかもしれません。「東京国際空港ターミナル株式会社」から将来の空港ラウンジの配置などは公表されていないため、これらはあくまで自分の推測です。

航空会社共用ラウンジを利用するために「エムアイカードゴールド」を保有している自分としては、なんとか「TIAT LOUNGE」、もしくは「TIAT LOUNGE ANNEX」をラウンジを存続させてもらいたいです。



■■■関連記事■■■

デルタ航空が成田-シンガポール線を撤退。成田離れが加速か

羽田空港国際線ターミナルのラウンジをクレジットカード提示で利用する際はご注意を!

羽田空港国際線ターミナルのラウンジあれこれ





↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村