こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア4日目、最終日。

最近、旅をすると恒例になっている旅先からの絵葉書出し。実家の母親と高校時代の恩師に送っています。Google マップの営業時間を参考にペナン島でホテル近くのコムターにある郵便局に土曜日に行ったのですが、翌日が祝日だったためか臨時休業で切手を買えませんでした。

あとから思えば初日(金曜日)に切手だけ買っておけばよかったと後悔しましたが、クアラルンプール国際空港のサイトには郵便局があるような案内があったので、乗り継ぎの際に絵葉書を出せるだろうと思っていました。

【ネットでKLIAの郵便局を検索した結果】
KLIA_Post_office



国内線でペナン島からKLIAに到着し、出発ロビーの案内所で郵便局の場所を聞くと「ない」とのこと。困った顔をしていると「Bカウンターの奥に絵葉書を売っている店があるから、切手を売っているかもしれない」とアドバイスをくれました。

言われたとおりにBカウンターの奥には土産物などを売っている店があり、確かに絵葉書が売られていました。店員に切手を売っているか聞いてみると「ない」と悲しい言葉が。この店員、今回の旅で一番愛想が悪かったです。店内にいた子供連れのグループを見張っているのに忙しかったのかもしれませんが。

同じ出発フロアにある本屋にも行ってみましたが、そこにも切手は売っていないと言われてしまいました。

スマホ全盛のこの時代、土産物用の絵葉書を探すのも大変ですが、切手を入手するのも大変。日本では郵便局の他にコンビニでも切手を24時間購入することができますが、他の国では郵便局に行かないと入手できないことが多いです。昔はホテルのフロントや土産物屋さんでも切手を売っていましたが、最近はそういうことはなくなりました。

ロビーにKLIAのフロアアップの冊子があったのでそれも見てみましたが、郵便局の記載はありませんでした。KLIAのサイトがメンテされていないという南国ならではのゆるさに翻弄されてしまいました。

結局、絵葉書は日本に持って帰り、東京から発送しました。昼に投函したら、翌日には配達されるという日本ならではの正確さにも改めて驚かされました。



↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村