こんにちは、ヴァンダーです。

マレーシア4日目、最終日。

出国審査とセキュリティチェックを受け、搭乗時刻までの間、サテライト側にあるPLAZA PREMIUM LOUNGEで休憩です。プライオリティ・パスを持っててよかった。

201908_PEN (249)



昼食代わりに軽く食事をいただきました。缶に入ったお茶は「AYATAKA(綾鷹)」ブランドで砂糖なしのスッキリした緑茶でした。

201908_PEN (252)


以前はなかったと思うのですが、半個室っぽいブースが置かれていて、テーブルとユニバーサルタイプの電源があったのでそこを陣取りました。そして旅行記録の整理。記憶が新しいうちに書いておかないと忘れてしまうのです。


201908_PEN (250)



搭乗時刻が近づいてきたのでC22番ゲートへ移動。KLIAではゲートごとにセキュリティチェックがあるので、ラウンジから飲み物を持ち出しても、機内に持って入ることはできません。

201908_PEN (254)



ここではバックパックに入れていた石鹸にセンサーが反応したらしく、バッグを開けるように言われました。そして念入りに係員が触って確認。危険物だと思われたのでしょうか。

NH886便の機体はボーイング787型機。座席配列は3-3-3。最後列中央の通路側を指定していました。一番後ろだと気兼ねなくリクライニングさせられます。

ところが中央部分の荷物入れの後ろから3つぐらいは、物が入れられないように固定されていました。バックパックを持ち込んでいた自分はスペースを探してあたふた。なぜ後方の荷物入れが開かないように固定されているのでしょう? 思い返してみれば、前にも同じ事象にあったような気がするので自分に進歩がないです。

【棚を開ける取っ手の代わりに「No Stowage」のサイン】
201908_PEN (255)



機内映画で「アベンジャーズ・エンドゲーム」をようやく観ることができました。アベンジャーズシリーズをすべて見ているわけではないので、物語のつながりがあまり分かっていなかったのですが、最後にマーベル・コミックのいろいろな登場人物が出てきたのにはビックリ。それぞれの単体の作品で伏線が貼られていたのですね。

フライト時間が長かったのでもう一本、ロシアのスパイを描いた「レッド・スパロー」という映画を見ました。こちらはスパイ物ということでスリリングかつ非情な場面もありながらも、なかなかいい映画でした。日本未公開の作品も観られるのが機内映画いいところ。普段の生活ではゆっくり映画を観ることがないので、旅行中が映画を楽しむ時間になっています。

ところで機内食ですが、パスタミールを選んだところ、パスタにパン、うどんと炭水化物の三連発。もう少し栄養バランスを考えてほしいなと思いました。

201908_PEN (258)



フライトは順調に飛んで、羽田空港には予定より30分ほど早く到着。しかし沖止めとなったため、降機に時間がかかり、ターミナルに入ったのは定刻到着と変わらない時刻になっていました。

預け入れ荷物はないのでそのまま税関に直行。税関では「お仕事ですか?」と聞かれ「いいえ」と答えると怪訝な顔をされて、出入国記録やパスポートの各国のスタンプをチェックされました。毎月、海外に仕事でなく行っているのは怪しいのでしょうか。まぁ、普通は怪しいですよね。

それでも荷物を開けられるのは避けられ、無事入国することができました。




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村