こんにちは、ヴァンダーです。

2019年8月のペナン島旅行では、ANA(NH)の特典航空券でHND-KUL間を発券。ペナン島へは別切り航空券でマリンドエア(OD)の国内線(KUL-PEN)のチケットを購入しました。

一つの航空会社で予約してチケットを買った場合、乗り継ぎなどの考慮をしてくれますが、別切り発券した場合は、完全に自己責任。ExpertFlyerのサイトで最低乗り継ぎ時間(MCT)などを調べつつ予約しました。

当初、往路は2時間20分、復路は3時間の乗り継ぎ時間だったので、余裕だと思っていたのですが、マリンドエアのフライトスケジュールが変更となり、往路の乗り継ぎ時間が2時間になってしまいました。

マリンドエアがフルサービスキャリアではないため、LCCと同じく通常のチェックインカウンターでの搭乗手続きが必要だと思っていました。

しかし、実際はKLIAのメインターミナルの入国審査場へ行く手前にある国内線乗り継ぎカウンターでチェックインができ、入国審査も乗り継ぎ客用の入国審査を利用することができました。


【KLIAのメインターミナルの国内線乗り継ぎカウンター】
201908_PEN (19)

201908_PEN (20)



【KLIAの国内線乗り継ぎ客用の入国審査場への案内】
201908_PEN (21)



【KLIAの国内線乗り継ぎ客用の入国審査場】
201908_PEN (22)



自分の場合は預け入れ荷物がなかったため、荷物をKLIAでピックアップする必要がなく、この方法で乗り継ぎができました。




↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村