こんにちは、ヴァンダーです。

airsim



2019年12月の初旬、香港のAIRSIMの会社からメールが届きました。そのメールは新バージョンのSIMカードに交換を促すものでした。新バージョンのSIMカードでは、通信速度が速くなりパフォーマンスが増すとのこと。そして、交換すれば20香港ドル分のチャージもしてもらえるとありました。

20191206replace_1



自分は2枚のAIRSIMを持っているのですが、その案内が届いたのは一方のアカウントの分だけ。もう1枚は交換しなくていいのか、WhatsappアプリからメッセージでAIRSIMのカスタマーサポートに問い合わせました。SIMカードに記載のアカウント番号を聞かれたので、アカウント番号を送るとそのSIMカードも旧バージョンであることが判明。

2枚とも同じように専用のリンクから申し込めば交換してくれることになりました。専用サイトからリプレイスの申込みをしました。

20191206replace_2




そして、10日ぐらいしてからでしょうか、1枚目の新AIRSIMが届き、さらに2日後に2枚目のAIRSIMが届きました。

AIRSIN_replacrment_201912




同封の案内には、旧SIMカードから新SIMカードにチャージ済みの残高移行のURLも掲載されており、そのサイトから新旧のアカウント番号と新SIMカードのアクティベーションコードを入力すると、残高移行ができました。

20191222transfer

20191222transfer_2



そして、AIRSIMアプリで一旦ログアウト、新SIMカードでログインすると20香港ドル分がチャージされていました。

現地でSIMカードのカウンターに並ぶ必要がなく、1日500MBまで使えるAIRSIM。同様のeSIMが他社からも発売されていますが、1日あたりのデータ上限が300MBのものが多いので、気持ち的にAIRSIMが安心です。それにカスタマーサポートセンターへの問い合わせがWhatsappアプリからできるのも便利です。

ユーザーサポートをしっかりしてくれるAIRSIM。ますます好感が持てるようになりました。



■■■関連記事■■■

「AIRSIM」が香港のセブンイレブン、日本のAmazonでも購入可能に






↓ショッピング利用で1%キャッシュバック。しかも世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村