こんにちは、ヴァンダーです。


ANA JCB prepaid



2019年にはJCB社の「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」でお世話になった「ANA JCBプリペイドカード」。2017年に取得して以来、国内はもとより、海外事務手数料が1.6%とクレジットカード同等に低い料率なので、海外でのショッピングやGrabアプリの決済カードに登録して利用していました。

また、JCBブランドのクレジットカードから手数料無料でチャージでき、セゾンカードや楽天カードのようなJCB本体以外が発行しているJCBカードからチャージすればポイントも付与されます。

今まで「マイルコース」でANAマイルを貯めていたのですが、貯まっていたソラチカカードのTo Meポイントをマイルに移行させたり、予定していた旅行の特典航空券をキャンセルしたりしたところ、マイル口座には十分なマイル残高がある状態になりました。加えて、当面海外旅行には行けそうにない中、今後キャンセルすることになりそうな予約もホールドした状態。ANAのマイルは有効期限があるので、貯めすぎるのも考えものです。

このブログでも記事にしましたが、Marriott Bonvoyのポイントやエーゲ航空など海外の航空会社のマイルは、セールを活用して購入することもできます。個人的な推測ですが、海外の航空会社は手持ち資金確保のため、マイルのセールを今後頻繁に打ってくるのではないかとも思っています。

一方、「アフターコロナ」の世界で将来の収入への不安や、運用していた投資信託の基準価格下落などがあり、
 ・マイルに交換できる汎用性のあるポイントを貯めて、マイルにもポイント利用にもできるようにする
 ・キャッシュバックを活用して節約に活かす
という気持ちに傾きました。

そこで「ANA JCBプリペイドカード」を「マイルコース」から「キャッシュバックコース」に切り替えることにしました。プリペイドカードながら「月間利用金額合計に対して200円=1円のキャッシュバック」が受けられます。もちろんクレジットカードからチャージすれば、そちらのポイントもゲット!

キャッシュバックに近いプリペイドカードの「Kyash Card」がありますが、こちらはネットショッピングの本人認証サービスに対応しておらず、不正利用の際の補償もありません。1%還元のポイント付与はメリット大ですが、ポイントが付与されるのは月間12万円の利用までという制限があります。またポイント付与対象外となる取引も意外に多いです。

「ANA JCBプリペイドカード」で残念なところはカードにICチップが搭載されていないということ。東京メトロのように「ICチップ搭載必須」のような場所が増えると使いにくくなります。とはいえ、Google Pay(QUICPay)に対応しているため、国内の非接触決済では活用できます。


このようなことから、「Kyash Card」をメイン、「ANA JCBプリペイドカード(キャッシュバックコース)」をサブとして活用しようと考えました。


【コース切替まで】

(1)チャージ残高を0円にする・・・Amazonギフト券の購入を活用

ana_jcb_Cancellation_2



(2)サイトから「退会」手続き

 ・残高が0円でも売上確定していない明細があると「退会」させてもらえません

ana_jcb_Cancellation_1



 ・明細が確定すると「退会」できるようになりました。

ana_jcb_Cancellation_3




(3)退会手続き完了・・・再申込みは中1日空ける必要あり

ana_jcb_Cancellation_4




ネットから申し込んで5日後に佐川急便の「受取人確認サポート」で届き、運転免許証を提示・確認の上、受け取ることができました。三井住友カード社発行している「ANA Visaプリペイドカード」と違って、複数保有ができないため、このように一旦解約する必要がありました。「残高を使い切って、売上明細確定まで待って退会手続き」が面倒でした。




■■■関連記事■■■

2020年版クレジットカードの見直し(保有継続)

2020年版クレジットカードの見直し(新規取得)

2020年版クレジットカードの見直し(解約)

2020年5月下旬から東京メトロでの定期券購入にはICチップなしのクレジットカードは利用不可に













↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村