13515928

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

予定していた旅行ができず、4月以降予約済みの特典航空券をキャンセルする事態が続いています。そしてキャンセルに伴い想定外にマイル口座の残高は増加。

旅行できる見通しは立たず、いまクレジットカードの利用でマイルを貯める時期なのかどうか自分のなかで気持ちが揺れ動いていました。


【マイルを貯めるべき】
・将来、旅行するのだから貯めればいい
・JAL/ANA系なら、最悪マイルを他のポイントに移行もできる
・外国系航空会社は有効期限がないか、変動があれば有効期限が延び、失効しない


【マイルを貯めるべきではない】
・特典航空券のキャンセルで充分マイルが貯まっている
・JAL/ANA系でマイルをポイントに替えるためには、一定のマイル数が必要
・外国系航空会社はマイル販売を活発化させていて、マイルインフレ状態。将来プログラムを改悪される可能性がる
・そもそも航空会社自体が危ういのではないか
・頻繁にあるキャンペーンでマイルは購入できる


こうやって文字にすると自分の中で整理することもでき、ブログにアップしておくと「その時の気持ち」を残しておくことができますね。

そして行きついたのが「今はマイルを貯めるべきではない」という答え。

まずは、利用金額により次年度年会費が無料(旧シティバンク提携ダイナースクラブカード)になったり、年会費分のポイントがもらえる(エポスプラチナカード)の条件達成を目指す。そして、次は流動性が高いポイントを貯める、ということ。

旅行をするためにはマイルのほかに資金が必要。その資金作りのために流動性の高いポイントを貯めて、ポイント利用で実質的な出費を抑えたり、ポイントで投資信託を購入して将来に備えるという考えに行きつきました。

実は、昨年まではダイナースクラブの次年度年会費無料の条件達成は簡単でしたが、今年は「旅行」という大型支出がないために条件達成に苦しんでいます(それだけ旅行に対して支出していたということに改めて驚き)。そもそもこの目標が達成できていない状況で他のクレジットカードでマイルを貯めている場合ではありません。

いま保有しているクレジットカードの組み合わせを変えることは想定していませんが、利用の仕方を見直していこうと思います。



■■■関連記事■■■

2020年ゴールデンウィークの台湾・高雄行きキャンセル顛末

BAマイルで予約したJAL国内線がキャンセルに。帰省を諦める(2020年6月)

2020年7月の週末4連休はタイへ行く予定でした

2020年版クレジットカードの見直し(保有継続)

2020年版クレジットカードの見直し(新規取得)

2020年版クレジットカードの見直し(解約)




↓年会費無料&ショッピング利用で1%自動キャッシュバック。海外旅行傷害保険も自動付帯!




↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村