14969226

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

2020年はコロナウイルスの話題だけで一年が終わるような気がします。

2020年の年末は毎年恒例となっているタイ・バンコクで過ごす予定でした。JALのマイルを使って、1年前から予約済み。しかし、タイ国内での新型コロナ感染症は抑えられているようですが、外国からの入国は厳しく制限。自分が予約していたフライトは8月にスケジュール変更の連絡がきていましたが、その時点ではまだ運休になっていませんでした。

しかし10月になり、JALさんが1月の発券済み航空券の払戻しを無料で受け付けてくれるようになったので、キャンセルすることにしました。JALのサイトで予約内容を確認すると、フライトイレギュラーになっているものの、なぜか往路の予約状況が「予約のみ」になっています。


202012BKK_cancel



こういうときは予約センターに電話で確認です。JALのフライトを片道ずつ予約していて、往路は運休になっていたようですが、復路は時刻を変更しつつも運行予定。往路が代替のフライトを予約できていない状況なので、予約状況が「予約のみ」になっていたとのこと。しかし、実際はマイルを使っての航空券の発券を行っていたので、手数料無料で2枚の航空券を払い戻ししてもらえました。

マイルはすぐに口座に戻り、諸税は3週間ほどでクレジットカードの口座に返金されました。

また一つ、旅行キャンセルの記録が増えました。



■■■関連記事■■■

2020年ゴールデンウィークの台湾・高雄行きキャンセル顛末

BAマイルで予約したJAL国内線がキャンセルに。帰省を諦める(2020年6月)

2020年7月の週末4連休はタイへ行く予定でした

2020年9月のバリ島行きはキャンセル。デルタ航空の予約画面は信用できず

2020年11月は台湾へ行く予定でした







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村