12143355

※画像:PIXTA


こんにちは、ヴァンダーです。

自宅でWindowsパソコンを立ち上げて、仕事用のソフトウエアを起動させたら「Windowアップデートが適用されていないから、使用できないよ」旨の警告が表示されました。

そういや、アップデートが面倒なので先延ばしにしていました。「設定」メニューから入って「更新とセキュリティ」行き、「更新の再開」ボタンをクリックしてみると、いくつかのプログラムが適用待ちになっていました。

更新をかけてみると、累積プログラムは難なくインストールできたのですが、Windowsの大型アップデートの「20H2」のダウンロードとインストールで1時間以上かかりました。


windows_update



その後「再起動」の指示が出たので、そのまま再起動に突入したのが運の尽き。「更新プログラムをを構成しています」の表示で延々終わりません。


windows_update_3



「●%」の表示が全く進まないので、しびれを切らして電源オフ。これ、やっちゃいけないんですよね。その後、起動させると「元の設定に戻しています」の表示のまま、何やら復旧処理に入ってしまいました。

運良く普通のログイン画面になったので、ログインして「更新とセキュリティ」を確認すると、「20H2」は未適用状態。ダウンロードから再開しないといけないようです。

このときは仕事をしなければいけなかったので、ひとまず資料作成等を終えて、夜に再度更新にチャレンジすることにしました。

大型アップデートの「20H2」を再度ダウンロードから始めて、インストール→再起動となり、青い画面で「更新プログラムを構成しています」の表示。諦めてそのまま寝ることにしました。

夜中に目が覚めたときにPCを見たところ、ログイン画面に戻っていたので、ログインしてみると、更新は完了していました。おそらく5〜6時間はかかったのではないでしょうか。時間がかかったのは、自分のPCが非力だからかもしれません。


windows_update_2



先延ばしにしていた自分が悪いのですが、Windowsの大型アップデートは余裕があるときに「夜中に電源をONにしたまま寝る」ぐらいのつもりでやったほうがよさそうです。

この大型アップデートを適用した後、PCの起動や終了に時間がかかるようになってしまいました。肥大化するプログラムにPCのスペックが対応していないのでしょうか。もしくは自分がインストールしているソフトウエアのせいかもしれません。困った。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村