16215291

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。


どこにも行けない昨今、動画配信で外国の映画やドラマを観ることが多くなったのですが、最近Amazonプライムで「ガーディアン」というドイツ映画を観ました。






きっかけは主演がティル・シュヴァイガー(Til Schweiger)だったこと。もう20年以上前のことですが同じく彼が主演している「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」という映画を映画館で観て、すごく引き込まれたことを思い出しました。

さて今回の「ガーディアン」ですが、ドイツ語の原題は「Schutzengel」。ドイツ語の読み方が正しければ「シュッツェンゲル」と発音して意味は「守護天使」。作品中にも会話で出てくる単語です。英語では「The Guardian」で邦題はこちらをそのままカタカナ読みして「ガーディアン」。なんだかしっくりきません。

肝心の映画の内容は、進行がじれったくて今ひとつでしたが、作品の中で「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」を連想させるような会話がありました。


 男:海に来ていると想像しろ
 女:できない。見たことがないから
 男:なら連れて行ってやる


主演のティル・シュヴァイガーが監督もしている映画なので、何か伏線を張っているのでしょうか?

YouTubeに映画のトレーラーがあり、こちらの方が興味深かったかも。

SCHUTZENGEL - Afghanistan Reisetagebuch Teil 1

SCHUTZENGEL (GUARDIANS) - offizieller Special Trailer #1 engl. UT HD

内容はともかく、ハリウッド映画とはひと味違う趣を楽しめました。2021年8月時点で「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」はなぜかAmazonプライムで動画配信されていませんが、こちらの映画は本当におすすめです。








↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村