1107521

※画像:PIXTA



こんにちは、ヴァンダーです。

新型コロナのワクチン接種の2回目を8月に受けました。1回目接種後に発熱(平熱+1.5度ぐらい)していたので、2回目接種後の副反応も覚悟していたのですが、不意打ちを食らったように発熱しませんでした。注射を打った側の肩の痛みは1回目、2回目ともありましたが。

ワクチン接種については賛否両論あり、「新しい技術で開発されたワクチンだし、数年後に身体に異変が起きないか」という不安も自分の中でありました。

一方、海外では「ワクチンパスポート」なるものが導入され初めて人の往来が徐々に緩和されていたので、「以前のように海外旅行に行きたい」という気持ちがあるとワクチンを接種するしか選択肢はないかなとという思いもありました。

そんなときに偶然、ネットで「あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話」という記事を読んで、少し不安が和らぎました。商品購入やサービス利用でもレビューを事前に読んで納得すればそれでよし。自分の決断です。

ワクチンの1回目接種は2021年7月だったので、東京の新規陽性者数が5,000人を超えるなんて状況になる前でしたが、8月後半になって入院できない患者さんも多くなっているという報道を見ると、自分が感染しないことが社会貢献になるんじゃないかと思えてきました。

そもそもの自分のワクチン接種の動機は「自分か感染したくない」「海外旅行にまた行きたい」でしたが、今は「自分が感染しなければ他人に感染させることもない。そうすれば病院のベッドを自分が占有することなく、誰かが入院できる。これって社会貢献になるんじゃないか」という思いに変わってきました。

まぁ、これは商品購入後に自分の選択を納得させるプロセスと同じなのですが、自分を納得させることでモヤモヤがなくなり、ワクチン接種前と同様に感染予防を続ける動機にもなります。

できれば、ワクチンのブースター接種なんてことになる前に、治療薬が開発されて、この混乱が一日も早く収束することを願うばかりです。







↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村