こんにちは、ヴァンダーです。

1時間半遅れでようやく搭乗開始となりました。ゲートには係員が一人しかおらず、「スカイ・プライオリティ」のレーンもありません。ビジネスクラスの乗客もエコノミークラスの乗客も同じ列で、やはり「カオス」です。

DSC_0157

出発は遅れても、特にお詫びの機内アナウンスもなく、何事もなかったかのように出発します。んー、中国東方航空では普通の出来事なのでしょうか。

この機体もパーソナルモニターはありませんでした。天井からぶら下がっている小さい液晶モニターではなにか中国映画を流していましたが、関心なしです。

今回は4時間25分のフライトです。1時間半遅れの出発でしたが、途中でがんばって遅れを取り戻したのか、バンコクには1時間遅れで到着しました。

バンコク到着前、空港周辺が豪雨らしく、しばらく天候回復まで上空で待つとのアナウンスがありました。

内心、友人との待ち合わせ時間に間に合うかハラハラしながら、タクシーでホテルまで行って、荷物を置いてから待ち合わせ場所に行くか、エアポートリンクとBTSを乗り継いで直接待ち合わせ場所に行くか、ルートを考えていました。バンコクは何度も行っているので、だいたい土地勘があります。これが初めての場所なら全く予想できなかったと思います。

結局、夕方の渋滞の時間帯とも重なるので、タクシーは諦めて電車で直接待ち合わせに行くことに決めました。

到着前、台湾のチャイナエアラインだとエリート・プラスの会員に、優先して入国審査を受けられる「プレミアムレーン」用のパスをくれますが、中国東方航空ではくれませんでした。残念。

航空会社によって、エリート・プラス会員に対する対応は異なるようです。というよりも、チャイナエアラインは自社上級会員並みに扱ってくれる特別な航空会社なのかもしれません。




↓「ベネッセクラブオフ」のサービス付きのお得なカード

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村