こんにちは、ヴァンダーです。

JTBにマカオ航空のチケットの件で問い合わせをした経過の話です。

夜中に問い合わせメールを送ったので、翌日午後、JTBから電話が来ました。どうやらこちらから問い合わせるまで、フライトキャンセルの情報はJTBには入っていなかったらしいです。旅行会社の方が情報をつかんでいないことってあるんですね。

JTBからはマカオ航空側で「ダナン23:35 → マカオ 02:20」に振り替えになっていると伝えられました。

マカオ航空のダナン→マカオは(今回キャンセルになった便のほかに)2便ありますが、いずれも夜のフライトです
 ダナン21:20 → マカオ 00:05
 ダナン23:35 → マカオ 02:20

マカオからはその朝の09:30のフライトで成田に帰ります。マカオ空港で何時間もターミナルで待つほど若くはないし体力もありません。トランジットエリアのラウンジが使えるならいいですが、ラウンジは24時間営業ではなさそうです。そうなると、空港近くのホテルで少しでも横になりたいです。

友人とも相談したいので、折り返し電話をすることにしました。JTBの担当者にホームページに出ているナビダイヤルでない電話番号を教えてほしいとお願いしましたが、頑なに断られました。

JTB

ナビダイヤルはIP電話からはつながらないし、携帯電話会社のカケホーダイの対象にもなりません。余計な料金がかかるので、通常電話を教えてほしいと何度もお願いしましたが、ダメでした。ナビダイヤルだと、先方に手数料が入るのでしょうか?

結局友人と相談し、早い「ダナン21:20 → マカオ 00:05」に振り替えてもらうことにしました。

予約した際、朝便と夜便で料金が違った(朝便の方が高かった)気がしたので、料金の差額を調整してほしいと申し出ましたが、「今、同旅程で検索すると8万円弱になります。料金は予約状況によって変わるので、当時の料金は分かりかねます。なので差額調整はできません。もしくは、今回はフライトキャンセルが発生しているので、無料での予約キャンセルは受けます」という悲しいお言葉。

「大手のJTBならちゃんとケアしてくれるだろう」と思ってJTBを選んだんですが、海外航空券は薄利多売の商売ですから、顧客対応はこんなものなのでしょうか。

フライトキャンセルになった旅程を一緒に予約した友人には申し訳ない限りです。



↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村