こんにちは、ヴァンダーです。

ベトナム最終日となりました。

今日の問題はマカオへのフライトの出発時刻が夜の21;20なので、ホテルをチェックアウトした後、「どう過ごすか」と「荷物をどうするか」です。

当初、初ベトナムの友人と来る予定だったので、この日はホイアンのホテルに荷物を預けて、ホイアンの街をもう少し散策してから、夜、タクシーで空港に向かおうという話をしていました。というのもその友人は初ベトナムだったので、観光したいスポットも多いかもと思い、そういうプランを立てていました。

しかし、その友人はパスポートの残存期間が2日足りず、成田空港で登場拒否されてしまい、来ることができませんでした。

自分はホイアンは2回目なので、もう観光は充分な気持ちです。

そこでダナンに行って、新しくできたショッピングセンターでも行ってみようかと思いました。

問題は荷物です。さすがにスーツケースを引きずって、ショッピングセンター内を闊歩するのは目立ちそうだし、邪魔です。

ダナン空港に荷物の一時預かりをしてくれる場所がないか、調べることにしました。

まず、AMEXカードのアシスタンスサービスの「オーバーシーズ・アシスト」に電話してみました。シンガポールセンターでの受付です。

スタッフはどうやらインターネットでダナン空港のサイトを見て「荷物預かりサービスはありません」と応えました。直接ダナン空港に電話して聞いてみる、などはしてくれませんでした。

次にDinersClubカードのトラベルデスクに電話してみました。こちらは委託先のH.I.Sのデスクがダナンにあるので、地元情報に強そうです。

電話してみたところ、日本人男性スタッフが「ダナン空港は田舎の空港なので、コインロッカーとかはないんです。この支店は5時まで営業しているので、その時間までなら預かることはできますよ」と提案してくれ、住所と行きかたまで教えてくれました。非常に親切で、ありがたい申し出でしたが、5時まで、というところが自分の希望とは合わないので「一時預かりしてもらう場合は支店に行きますので、その際はよろしくお願いします」といって電話を切りました。

その後、スマホでいろいろ調べていたら、ダナン空港の到着フロアのレストランで、荷物預かりサービスをしているという情報が見つかりました。

一か八か、そのレストランに行ってみて、ダメならH.I.Sのトラベルデスクにお願いしようと、ホテルをチェックアウトして、ダナン空港に向かうことにしました。

到着フロアーの向かって右端のレストランに「Luggage Keeping Service」の表示がありました。レストランの前には料金表もありました。

DSC_0440

料金表です。

DSC_0439


レストランに入って、スタッフに荷物を2つを7時まで預かって欲しい旨を伝えると、200,000ドン(約910円)とのことです。

「ラッキー」と思い、パスポートを提示して、200,000ドンを払って、預かってもらいました。

ちゃんとした荷物預かり所という感じではなく、レストランのカウンターの奥に、荷物を置いておくというような感じでしたが、ダナン空港には、荷物を預かってくれるサービスがあったのです。

AMEXのアシスタンスサービスやDinersClubのトラベルデスクも持ち合わせていない情報です。

インターネットで調べた情報の方が、アシスタンスサービスの情報より確実でした。

【更新情報2017/9/30】
2017年5月に国際線ターミナル(T2)がオープンしました。それにより、この情報は2017年現在では、国内線ターミナルの情報となります。
2017年9月ダナン訪問時に、新国際線ターミナルの荷物預り所があるのか調べてみましたので、国際線ターミナルの荷物預かり所については、こちらの記事を参照ください。



↓世界中のホテルで優待が受けられて年会費無料! 海外旅行傷害保険も自動付帯!



にほんブログ村