こんにちは、ヴァンダーです。

 

出国審査は自動化ゲートでさっさと済ませて、チャイナエアラインのラウンジへと向かいました。

 
DSC_0709


中に入ってみると意外に混んでいます。祝日だということと、台北便と高雄便の出発が重なっているからでしょうか?  台湾本国のチャイナエアラインのラウンジにはかないませんが、ここもホットミールがあったり、食事はそこそこ楽しめます。

 

ランチを食べていなかったので、ここで昼食をいただきます。

 
DSC_0711


窓側の席が空いていたので、外を見ながらリラックス。

 

途中、中国東方航空のフライトの搭乗案内があり、その後、利用客がどっと減りました。このラウンジは中国東方航空の利用客も使うので、その方たちで混んでいたのかもしれません。

 

しかし、なぜチャイナエアラインと中国東方航空は第1ターミナルの北ウィングに移転しないのでしょうか? 他のスカイチーム系の航空会社は北ウィングに集結しているのに、第2ターミナルに残る理由は日本航空との提携関係があるからでしょうか?

 

自分としては、第1ターミナルの方が好きですが、移転によりチャイナエアラインのラウンジがなくなってデルタ航空のラウンジ指定になると、味気ないので、このままでもいいですが、第2ターミナルはサテライト側利用となると本館からかなり歩くので、そこが困り物です。

 

高雄で何するかスマホで情報収集したりしていたら、搭乗時間が迫ってきたのでラウンジを後にして、サテライト側の端のゲートへ向かうことにしました。

 

↓LINEモバイルならLINEの年齢認証も可能!
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村